マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2006-08-13 01:38:27

ゲド戦記

テーマ:邦画 け

ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。
とは言っても原作は未読。f(^^;)
しかしいきなり評判悪いですね、この作品。( ^ _ ^;
でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。


多島海世界「アースシー」。
人間界には現れなかった竜が現れた。
聖なる生き物であるはずの竜が共食いをしていた。
その頃、人間界では家畜は疫病に倒れ、農民は田畑を捨て、
街では人狩りによる人身売買が行われ、麻薬が蔓延し、
人々は忙しく動き回っているが生きる目的を失っているように見えた。
そして人々は、言葉から成り立つ魔法を信じることができなくなっていった。
ハイタカはその災いをもたらす原因を探る旅の途中にあった。
ハイタカは「大賢人・ゲド」と呼ばれる大魔法使いだった。
ゲドは、国を捨て、心に闇を抱えた少年・アレンに出会う。


うわぁ~~。これ、悪評なのわかるわ。
絵は確かにジブリなのだけれど、オープニングからジブリらしくない始まり。
でも意外にいいかも。ちょっと期待。
だが。
テンポ悪し。盛り上がりもなし。
膨大な説明台詞の割には肝心なことが全く説明されてません。
家に帰ってから、「ゲド戦記」について調べてみました。

“「真の名前」が重要な意味を持ち、太古の言葉が魔法の力を発揮する、多島世界・アースシー。
「ゲド戦記」は、アースシーを舞台に、一人の魔法使いゲドの
それぞれの人生のステージにおける生き様を描いた、
深遠かつ普遍的、そして哲学的なテーマを抱いた傑作ファンタジー。”

なるほどね。
映画の始めに流れる「詩」ではなくて、
こちらのことわりの方がよかったんじゃないの?
調べてみて、ようやく少し理解できたけれど
映画では登場人物がわけありなことをポロっというだけで
どういう人か全くわからないので、全く感情移入できない。
肝心のテーマも全て台詞で言わせていて
そういうわけで空回りぎみ。
海外に取材に行って、街などの絵は凝っているのだけれど、
その割にはこの映画に世界観というか「雰囲気」がありません。

いや、あるのだけれど、そこに引き込むまでの力がないというか。
こりゃ、大変だー。
たぶん家で観てたら寝てたかも。。。


最近のジブリの作品が好きな人はたぶん全く楽しめないと思います。
私は「千と千尋の神隠し」や「ハウルの動く城」の
あまりにも子供を意識したキャラクターやシーンが好きではないので
脚本は劣ると思うけれど、「ナウシカ」を思い出させる
シンプルな造りはとても良かったと思います。
そこはジブリには原点に戻ってほしいところです。
シンプルな造りのため、今までの宮崎駿作品が
「ゲド戦記」にとても影響を受けたということはとても分かりました。
原作は読んでみたいですね。


私は退屈してしまったのですが、

意外にも、観に来てた子供たちは集中して観てましたね。

先入観が強いのは大人の方かもしれません。



ストーリー  ★★
映像     ★★
音楽     ★★
総合評価  ★★★


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。