マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2006-03-08 00:00:00

彼女を信じないでください

テーマ:洋画 か

昨年末に、脚本のゼミのクラスメートに
2005年に観た映画で№1は?
と聞いたら、この作品を勧められました。
「うん!じゃあ、観てみるよ!(^^)v」と愛想よく言ったものの
韓流があまり好きではない私。
すっかり忘れてしまってて、はや三月。( ^ _ ^;
先日、またこの話題になり「絶対観て下さいよ!!」と言われ
さすがに観ないと、人間としても、ね。f(^^;)
昨日、韓流の悪口、書いたばかりなんですけどね。(爆)


詐欺罪で服役中のヨンジュは得意の嘘を生かし、仮釈放に成功。
姉の結婚式に向かう列車の中で、向かいに座った薬剤師の青年ヒチョルが
婚約者の為に用意した指輪をスリにすられる瞬間を目撃。
仮釈放中の身の彼女は誤解を恐れ、列車を降りてスリから指輪を取り戻すが、
ヒチョルに指輪を返す前に列車は発車。
姉へのプレゼントを入れたヨンジュのバッグを乗せたまま。。。
バッグを取り戻すため、指輪を返すため、ヒチョルの実家へ向かったヨンジュだが
その途中で何気なくついた嘘のために、事態が思わぬ方向へいってしまうのだった。


脚本とかとてもよく出来ていると思います。
でも芝居の質があまり好みでないですね。
ラブコメというせいか、リアクションとか大げさでコテコテ。
日本のTVドラマみたい。(爆)
英題は「Too beautiful to lie」なのに何故この邦題?(笑)

原題が知りたいです。
一番引っかかったのが、繰り返し出てくるヨンジュを褒める台詞。
「綺麗ですね」「本当に綺麗な人だ」
って、この人、綺麗かぁ?
「丸顔の“青木さやか”」って感じ。
妹、元婚約者、刑務所仲間の方がずっと綺麗だと思うのだけれど。。。
ヒチョルは美男の役どころではないのだけれど、ヒチョル役のカン・ドンウォンは
“恋人にしたい男優No.1”だそうで、これまたよくわからん。
「若き日の“水島裕”」って感じ。(わかる?わかる?)
「猟奇的な彼女」のヒロインといい、
韓国の美男美女の基準はよくわかりませんわ。
でも「猟奇的な彼女」よりは面白かったです。
デートムービーにいいと思います。
音楽はいいですね。
韓国映画は作品自体はともかく
音楽の当たりは多いです。


ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★★
総合評価  ★★☆


人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

laerl38さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。