羽田圭介さんの小説、初めて読みました。
テレビで何度か見たことある方で、筋トレに勤しんでいたり、やたら鳥の胸肉ばかり食べている印象を受け、ストイックな人なのだと思ってました。
この話は、祖父の介護と向き合う中で、自分の肉体を考えていく青年だったかな。
この作者っぽいなと思った一冊。
AD

『星やどりの声』 朝井リョウ

テーマ:
朝井リョウさんの小説で初めて読んだもの。
「ほしやどり」という小さな喫茶店を営む母、その子どもたち6人の目線で話が進む。
いまどきの言葉遣いだったから、若い作者の方かな、と思いました。
読んだ結果は気持ちよく、なんだか温かい気持ちになりました。
AD

『生まれる。』 鈴木おさむ

テーマ:
鈴木おさむさんのブログは、以前から拝見していました。
少し時間ができたので、小説を読みたいと思い、手に取りました。
赤ちゃんは母親を選んで生まれてくる…と考えると、我が子も私を選んでくれたのかなと心を馳せます。

AD

「光とともに」 戸部けいこ

テーマ:
光とともに… (1)/秋田書店
¥821
Amazon.co.jp


この漫画、どうしても1年に1回は全巻読みたくなってしまう。

だから、もういっそのこと、アマゾンで15巻すべて4500円で買っちゃいました~

えへへ。


自閉症の子どもをそだてていくというお話。

障害者を取り巻く現実の厳しさや理解のなさなど、まざまざと描いてあります。

でも、主人公の家族が、周りの人の理解を得ながら、前へと進んでいきます。

作者の戸部先生が亡くなったことで、漫画が完結しなかったことは残念だけど、きっと毎年毎年、私は読むだろうなと思います。

なにか子ども関係の本が読みたいなぁと思っていて、図書館で手に取った本です。


子どもへのまなざし/福音館書店
¥1,836
Amazon.co.jp


著者の佐々木先生は児童精神科医。

私は、大学のころに、(深くはないけど)教育心理を学んでいたので、佐々木先生の名前はどこかで聞いたことがありました。

エリクソンや、ヴィゴツキーといった発達心理学者の名前も出てきて、久しぶりに勉強になりました。


すごく納得したことは、子供の成長は五重塔にたとえられていることです。

私は、まだ出産していないけど(予定日まであと2週間!)、乳児期は五重塔でたとえると、基礎にあたる部分。

このときに、十分な愛情で満たしてあげる必要があります。

赤ちゃんは泣くことしかできないから、泣いた時にその欲求にすぐに答えてあげること。

すぐに答えたからと言って、わがままになったり、いつまでも乳離れできない子どもにはならないことなど、書かれていました。


その基礎の部分は、そのときには取り組めないから、乳児期は特に大事なんだそうです。

でも、逆に高校などの時期になってくると、五重塔でいうと外壁などになってくるから、たとえできなかったり、失敗したりしても後でやり直しがきくとか。なんかわかる気がします。


一般的な育児本は、何歳にはこれができるようになる、とか、何歳までにできるようになりましょう、とか、母親をあおって不安にさせるようなことしか書いていないけど、この「子どもへのまなざし」はそうではありません。


基本的な考えは、子どもの欲求に親が答えてあげること。

ものを与えるのではなくて、愛で心を満たしてあげることを大事にしています。

そうされたことどもは、自然と自立していくそうです。


でも、子育てって、きっといっぱいいっぱい悩むんだと思います。

そして、何か安心できる答えを探したくて、育児本を読んだり、友達や家族に相談したりするんじゃないかなぁ。


もう一つ、納得することがあって、子どもに接する私が「幸せ」だと感じていないと、子どもは幸せに感じないこと。

これは、他人の子どもを見ていてよくわかる話です。

たいてい、子どもが不安定だとその親も不安定だったということは、教育現場ではよくあること。

幸せの定義って、人によってちがうと思うけど、私は、自分の話を聞いてくれる人がそばにいたり、朝昼晩のご飯が食べられたり、こうして我が家に新しい家族を迎えられることが幸せだと思います。

だから、自分もだれかのために生きたいって思えるのかもしれません。

悩みはあっても、自分は満たされているなぁと思います。


わが子が、どうか元気に生まれてきますように。



「ちゅらさん」

テーマ:

いまさら!

って思うぐらい、古いNHK連続テレビ小説。

私の友達が、数年前にすご~くはまっていたことを思い出して、読みました。

私は起きなさには3年前に一度行ったことがあって、それ以来行っていません。

でも、あまり旅行にはまらない私にとっても、何度も行きたくなる場所の一つが沖縄です。

友達がいる、というのもあるし、沖縄の風土が、とっても大好きなのです。

食べ物もおいしかったな~


「ちゅらさん」

私はビデオではなくて、小説を読みました。

全部で3巻。

「ちゅら」というのは、沖縄の方言で「美しい」という意味です。


沖縄の小浜島というところで、生まれた古覇蔵恵美は、沖縄の太陽のように明るい子。

ある日、古覇蔵家が営む民宿「こはぐら荘」に、東京から母と小学生の息子二人が泊まりに来る。

実は、息子の兄の和也は重い病気を抱えており、この小浜島で死のうと決めていた。


恵美が小浜島を出て、東京での生活を、周りの人の温かな支えで乗り越えていく様子がおもしろくて、ますます沖縄が好きになりました。


だから、数年前に買った、沖縄のガイドブックをもう一度見返しては、行きたいなぁという思いを募らせています。




「はなちゃんのみそ汁」

テーマ:
はなちゃんのみそ汁/文藝春秋
¥1,404
Amazon.co.jp

図書館で何の本を読もうか探していた時に、出会った本。

聞いたことのある題名だったので、手に取って読んだら、涙なしでは読めませんでした。

がんで余命を宣告されながら、出産し、その子に食の大切さを伝えたお母さんのお話。

「食べることは生きること」

私も、これから子どもを持つ母として、心に留めておきたい言葉だと思いました。


がんと宣告された方は、どうしてここまで強いんだろうと思う。

私だったら、毎日泣いて泣いて過ごしてしまいそう。

残された時間で、何ができるか考えた考えたお母さんがすごいと思いました。