2007年12月29日(土)

プレス・ターンオーバー

テーマ:ラクロス


CLOSEMARK

年の瀬ですね。


2007年、いやはや個人的にも色々と有りました。激動の1年であったと言っても良いでしょう。

あと2日を残すのみですけれど、明日はゆっくりとこの1年を振り返ってみようと思っています。

ラクロスへの関わりも、東京へ戻ってきた事もあって、少し変化が有りました。関東リーグの現状も良く認識出来ました。大学生は、下位リーグのレベル底上げをしなきゃですね。指導が追い付いていない。

中高リーグには期待大です。大都市と地方の格差はこんなところでも出てきそうですが。


さて、「ターンオーバー」と言うのは、ラクロスのゲーム展開を面白くする要素の最たるものです。

自陣に攻め込まれている、若しくは中盤で相手にボールを支配されている場面で、突然獲得した好機。

相手のボールダウンや、パスのインターセプトによって獲得したポゼッションで、一気に形勢を逆転するものですが、このターンオーバーでの処理にムラが見られるチームが多いです。


ターンオーバーを、ランで完結させようとするチーム。あなたですよ。


ターンオーバーが起こり得るのは、敵味方の密集エリアであるケースが多いです。よって、近くの味方にパスするよりも、ランで突破しようと考えがちなのですよね。


非常に勿体無い事です。あなたはそんなに足が速いのですか?


味方ATは素早く戻っている筈なのに。


ロングパスに自信が無い?それなら、的を大きくすれば良いのです。

3H&2H(あくまで例え。ポジションには関わらず、2人)で、敵陣リストレイニングエリアの、どちらかのサイドで壁を作る。


壁を信じて、遠投してみて下さい。必ず取ってくれます。そして、サイドにプレスを効かせた壁の配置によって、逆サイドには必ずスペースが出来ている筈です。


足より速く展開するのが、出来るのが、ラクロスと言うスポーツの基本である事を再認識しましょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月16日(日)

全日本決勝

テーマ:ラクロス
200712161143000.jpg

今年もやって参りました、ラクロッサーの聖地、江戸川区陸上競技場。「江戸陸」での2年ぶりの全日決勝観戦でした。ドロー10分前に滑り込んだ為か、客席は略満席びっくりまあく時間的な制約もあって、今年は女子決勝のみの観戦。

MISTRAL VS 日本体育大学音譜。学生王者が決勝に残る好カードとあって、非常に楽しみにして居りました。


結果は、、、、、、、前半4-0/後半3-3、計7-3でMISTRALの勝利。連覇を果たしました。


詳しい解説は避けますが、前半の大切さをあらためて認識出来た試合であったと思います。双方に単純ミスも多く、得点好機を何度も逃していました。一方で自陣・中盤のDFの固さは互角。荒いプレイも散見されましたが、最上位レベルでの戦いとはこういうものなのでしょう。個人技による、僅かなスペースへの切り込み&シュートが双方の得点手段の大勢を占めました。それでもセーブ率は全体的に高く、「あんな決め方されたら仕方ないよなぁ」と思う得点ばかりでした。


社会人チームが、前半と同じパフォーマンスレベルを保つのは常識的に難しいです。

今日の試合もやはりそうでした。如実にスピードとパスキャの精度が落ちた。揺さ振りとプレスを継続する事で、相手の体力を削る事には成功したものの、前半のビハインドを逆転するまでには至らなかった。


4点は取られ過ぎでしたね。相手が相手だけにあせる




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。