1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年07月31日(日)

BBSの活性度

テーマ:ラクロス

IW3

チーム内でのコミュニケーション(情報共有)手段って、各チームで色々と持っていらっしゃいますよね。僕の現役時代には電話(家庭用)での連絡網しか無かったのですけど、今ではPCメール・携帯メール・メンバー限定BBSなどなど、、、、。

中でも、メンバー限定BBSにはコーチ並びに幹部からの方針伝達、戦術班やAT・DF各リーダーからの指針や議論提起、練習メニュー、MGからの注意喚起、士気高揚の為の投稿、試合後の反省詳細等が書き込まれている事と思います。メールに比較して閲覧しやすいですし、ツリー型のBBSならテーマ毎に分類されて、更にデータベースとしての機能も利用出来るでしょう。


この手のBBSは、当然外部にはアクセス出来ませんから、僕を含めて一般人は、試合を実際に見るまでは各チームのHPの「公開BBS」を見て、そのチームの様子を知る以外に手段が無いのです。

それで、全国各地のチームのHPにアクセスして、公開BBSを読んで漠然と感じた事。


強いチームほど、BBSの活性度が高い!!


メール交信やメンバー限定BBSでは収まり切れないほどの、ラクロスに対する思い入れが公開BBSにも顕れるのか、また忙しい日常でも&就寝前の少しの時間でもラクロスの事を考える習慣を持っている結果なのか、単に部員数が多いがためにBBSへの投稿が多いのか、それぞれ事情は異なるとは思います。


でも本当に、完全に偶然とは思えない位、BBSの活性度とチームの強さは比例していると感じています。さてはて、皆さんのチームは如何ですか???(^^)。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年07月23日(土)

試合の広報

テーマ:ラクロス

姑息なやり方ですが、僕は個人的にラクロスの試合やイベントが開催される際には、取引先も含めてかなり広範に案内メールを流してます。ラクロスが日本上陸して来年で20年。でもいまだに全日本選手権の決勝でさえ、観客の殆どがラクロス関係者ですよね。

これって何とかならないのかな。河野明子さんや前田有紀さんのおかげでラクロスの認知度はかなり高まったとは言え、一般観客を試合会場に引き込むにはイマイチ広報が足りない気がします。

一度観てしまえば魅了されるスポーツのハズなんですけど,,。何か良い方法って無いですかね??


普及の大幅拡大は「二人はプリキュア」世代が育つのを待つしかないのか!!!???(^_^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年07月22日(金)

熱中症警報

テーマ:ラクロス

渇水になったり豪雨になったり色々とありましたが、先週末に梅雨明けになってからやっぱり今年は猛暑だわ(>_<)!!!と思いますね。東京は涼しかったらしいけど、今でもそうですか??


リーグ開幕の便りもちらほら聞えてきましたが、ほんと熱中症には十分気をつけて対策して下さいね。ブレイクの頻度を含めた水分補給体制整備にしても、練習時間帯にしても、自身の体調管理にしても、絶対に「マネージャーにおんぶにだっこ」じゃ駄目ですよ!!自己管理を徹底する事。でないとマネさん、倒れちゃいますから(*_*)。。。

女子の場合、帽子は熱がこもるから避けるのは常識になってるかな。格好は気にしないで、農家のオバサンに見習って、手ぬぐいかタオルをほっかむりするのが良いですよね。汗も吸収して通気も良いから熱もこもらず、紫外線も反射してくれるし。


男子みたいに、ブレイクごとに水道水でガーーー!!っと頭を冷やせれば良いんですけどね(^_^;)。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年07月21日(木)

魔法の水

テーマ:ラクロス

volvic


「すぐに試合で足がつってしまう」方が、特に夏場には多く見掛けられますよね。

最近ではサプリメントやドリンク類も多く出まわっていると思いますが、昔はミネラルウォーターを「魔法の水」と呼んで重宝してました。エビアンとかボルヴィックが出始めの時ですね。

体育大や栄養科の学生さんの方が詳しく御存知だと思いますけど、足が攣ったり「こむらがえったり」する生理現象は、疲れや冷えもありますが、スポーツ中は発汗により体内のミネラルが失われて電解質異常を引き起こしてしまう事が主要因となるケースが多いと理解しています。


で、試合前のボルヴィック。ウチの会社で輸入してる(だったかな?)ので、よろしくね(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月19日(火)

ワンサイド・ダブルディフェンスへの対処法

テーマ:ラクロス

A1


地力の差があるチームが戦う際に、良く優勢チームが使う手が「ワンサイド・ダブル」です。

中盤から、まずはボールキャリアにダブルDFを付ける。通常、ダブルDFにこられるとボールキャリアの視野も狭くなって、パスも前に進めようとすると、どうしても短く&荒くなりがちです。これを狙うのがワンサイドダブルディフェンス。ボールキャリア以外に、ボールキャリアに最も近い相手AT3人に対してダブルDFを配置するものです。当然フリーを数多く作りますが、それは無視してボールキャリアのパス能力を削る事で、何処にもボールを投げられない状況に追い込むのです。

この戦術を相手チームに取られた際には、ボールキャリアはまず下がる事。そして後ろにいるセーフティにパスを出し、セーフティはサイドチェンジのロングパスを試みる事です。


とにかく慌てない事。「何でこんなにディフェンスが多いの??」なんて錯覚するのは、単に貴方の周りに厚くDFを配置しているからだけです。滅多な事(退場など)でも無い限りでは、女子ラクロスでは同じ人数で戦っているのですから。相手チームの目くらまし戦術に惑わされない様にね(^^)。

あ、僕ならもう1歩だけ上回る目くらまし戦術を考えますけどね☆

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。