脳卒中片麻痺回復を諦めない「ラクール訪問リハビリマッサージ」のブログ

港区、品川区、中央区で医療保険を使った訪問マッサージを行っています。

麻痺の残る手足をもっと動かせるようにしたい。。。。そんな方 どうぞご相談下さい!


ラクール訪問リハビリマッサージは、

脳卒中(脳梗塞・脳出血他)の患者様の、


①脳と麻痺部位の「神経の結び付き」を強化します。


②筋疲労・筋緊張を和らげる事で、
痙縮(けいしゅく こわばり)を軽減します。


③関節の動く範囲を広げ、
また、骨のポジションを補正します。


④左右対称の運動を行う事で、
身体のアンバランスさを軽減します。


訪問のご相談はこちらまで、
03-3474-3310
090-6171-4562
lacool.saito@gmail.com


※訪問地区 港区、品川、中央区など




テーマ:
『接続の可塑性 と 伝達の可塑性②』


出典:カンデル神経科学
Principles of neural science 

この図は、バイリンガル(2カ国言語 習得者)の
脳の言語野を現したものです。

左Aは、早期バイリンガル
脳の柔らかい幼少期(7歳まで)に2カ国言語を習得したものであり、

右Bは、後期バイリンガル
11歳以降に習得。

Aは、言わば「接続の可塑性」で
2カ国言語の言語野が重なっており
(×がそれぞれの言語野の中心)

Bは、「伝達の可塑性」
2つの言語野が重ならず隣り合い連結してます。

つまり、脳の柔らかい時期
(発症後6ヶ月)以降でも、
反復使用・努力次第によって
脳は回復するのです。

院長:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なぜか画像がアップロード出来ないので、
こちらを参照下さい。↓↓↓
https://www.facebook.com/lacool.lihabili/posts/1183782155053363:0
 
前回の続き。。。

この様に脳卒中発症後、
脳内の「ミクログリア」が 死滅した「神経細胞」を貪食。
発症部位が「脳浮腫液」で満たされ脳が柔らかくなった所へ、
「アストログリア」が神経細胞の「発芽」を促進させるタンパク質を放出し、
新たな神経の接続が起こります。
『接続の可塑性』

その脳の柔らかい
「発症より約6ヶ月間」に急激な回復を、
また6ヶ月を境に回復の停滞を感じる方も多いと思いますが、

その後は、
脳内の別のグリア細胞
「オリゴデンドロサイト」の神経へ(絶縁体)の巻きつきにより
「跳躍伝導」が可能になります。

その伝達速度、無髄神経のざっと100倍。
これを『伝達の可塑性』と呼びます。

『接続の可塑性』は、近道の構築。
『伝達の可塑性』は、遠回りでも100倍の神経伝達を実現。

脳は、年単位で回復し続けます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の患者様からの、
「少しでも麻痺を良くしたいんだ!」とのご自宅への訪問依頼が増え、
 
私は、
そもそも「脳はどの様に回復するのだろう」と考える様になりました、
NHKの過去の番組(アーカイブス)から、
脳卒中治療の医学書・専門書を買い集め、
噛み砕いて一つにまとめたのが、
下記の内容です。
 
脳の可塑性には、
脳内の「グリア細胞」の働きが欠かせません。
 
どの様な状態でも
脳は決して回復を諦めていません。
 
院長:齋藤
 
港区 品川区 中央区 
ラクール訪問リハビリマッサージ

03−3474−3310
090−6171−4562
lacool.saito@gmail.com
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日頃よりご覧頂き、

また沢山の読者登録を頂き有難うございます。


本年が皆様にとって、

飛躍の年。

回復の1年になりますよう願っております。


『動きの質の向上』


力強く、遠くへ、もっと早く。。。

本当に皆さん頑張っていらっしゃいます。


是非  本年は、

例え出来る事(量)が一緒でも、

力まず、楽に、イメージ通りにお身体を動かせるよう

「質の向上」を目指してみてはいかがでしょうか?


・筋肉を柔軟にほぐし

・関節運動を円滑にし

・正しい動きを引き出せるよう的確に刺激を加え

サポートさせて頂きます。


あん摩マッサージ指圧師     施術者一同


医療保険による訪問マッサージのお問合せ・ご要望はこちらまで。


港区・品川区・中央区

ラクール訪問リハビリマッサージ


03–3474–3310

090–6171–4562

lacool.saito@gmail.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
脳卒中発症から12年
足底の感覚を失っていた患者様。

足底へ感覚入力(振動刺激)を行ったところ、
3回の施術で感覚が殆ど蘇りました。

適した方法で施術を行えば、
何年経った感覚麻痺や運動麻痺も軽減する事を強く実感しました。

脳は何年でも「きっかけ」を待っています。


「港区・品川区・中央区
脳卒中片麻痺回復を諦めない
ラクール訪問リハビリマッサージ」


ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ。
03-3474-3310
090-6171-4562
lacool.saito@gmail.com
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。