おはようございます、渡辺しのぶでございます。

涼しい日が続いていますが
今日あたり梅雨明けでしょうか?

今日は、アドラーの学び2回目です。

IMG_20150721_132329997.jpg



アドラーは「尊敬」と「責任」が人を育てると言いました。

「尊敬」に関しては前回のブログで書きました。


では「責任」とは?

自分の行動は自分で決める。
そして、自分で決めたことには自分で責任をとる。

...ということです。

自己決定→自己責任→行動に自信を持てるようになる

当たり前のことのようです。
しかし、多くのお子さんは失敗をする前に行動の制限を受けています。
もし制限されず行動したとしても、失敗をした際には「叱られる」ことで終わっているのではないでしょうか。

家の中でいたずらをして叱られる→ 次回は叱られないようにうまく立ち回る。
家の外でいたずらをして叱られる(他人に迷惑)→ 親が謝る(責任をとる)。

上の2パターンの場合、子供は「無責任」を学びます。


数年前のことです。

マンションの1階でエレべーターを待っていたら
南棟と東棟の間の吹き抜けの上から、砂埃が大量に落ちてきました。
驚きましたよ、映画のビル解体シーンみたいにものすごい量の砂埃でしたから。
何事が起きたかと思いました。

結論から言うと小学生の男子2人組が
1階からバケツで砂を7階まで運んで、それを下に捨てていたんです。

下に人がいたらどうなるでしょうか?
そして、マンションの廊下やエントランス砂だらけです。
私は走って逃げる子供を捕まえて、その子のお母さんに事の次第を伝えました。

お母さんは「すみませんでした。」と私に謝りました。
そして、子供には「何やってんのよ、上に行ったらだめでしょう!」←(叱るポイントずれていますよね)

自分の行動に責任をとることを教えていないですよね。

下に人がいたらどんなことになるのか。
汚した廊下やエントランスをこのままにしておいていいのか。

親が「無責任」を教えているのですよね。
自分のしたことに責任を取らなきゃいけません。
AD
おはようございます、渡辺しのぶでございます。

アドラー心理学のセミナーに参加しました。

本を何冊か読んだものの、もうひとつ納得感が得られず・・・というところがありまして。
一度専門家に理論を教えていただこうと思い、1日のセミナーに参加しました。

アドラーはフロイトやユングと同じく、心理学の源流です。
それなのに、知名度が上がったのはここ数年という印象です。

IMG_20150721_140818408.jpg

アドラー心理学では、人の幸福の3条件を挙げています。


それは
「友情(人間関係)」と「愛情」と「仕事(他者貢献)」

●「友情(人間関係)」 フレンドシップタスク フラットな信頼関係の友情

●「愛情」 ラブタスク 無条件の愛を与える&受け取る

●「仕事(他者貢献)」 ワークタスク 仕事・家事・勉強・ボランティア 誰かの役に立つ

学生の仕事は勉強ですよね。
小中学生に義務教育を施すのは何故でしょう。
子供に「どうして勉強しなきゃいけないの?」と質問されたら「自分の将来のためだよ」ではなく
「将来人のお役に立てるようになるためだよ」と教えてほしいと昨日の先生がおっしゃいました^^


以上の3つがすべて揃うことが、人を幸福感で充たすそうです。
納得感がありますよね。

そして、自分が「今」何を手にしているのかを再確認してみる。
本人の認知も幸福度に関係ありますね。



そして、
大人は子供を
上司は部下を
自分より下の存在と見てはいけないと言っています。

相手の居場所を作る=相手を尊敬する。
尊敬されることで自分自身を好きになれて、もっと能力を伸ばしたいと思う。
そして自分のことも他人のことも大事にできる。

居場所がないって、辛いですもんね。

対等に扱い相手を尊敬するためには 「勇気づけ」という下から支えることが大事だそうです。
感謝の言葉がけがそれに相当すると思います。

「すごいね」「偉いね」は上から目線の言葉。
「ありがとう、助かった」は下から支える勇気づけの言葉。


人間関係構築の上で大事なことですね。
子育てにも、部下育成にも役立つと思います。



次回は 「尊敬と責任が人を育てる」について。

AD
おはようございます、渡辺しのぶでございます。

三連休最終日になりました^^
皆様は楽しい時間をお過ごしでしょうか。

私は充実していますよ。


7/16(土)は古い友人たちと久々に会って、飲みました。

先日、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に知人が紹介された話を書きました。
その件で連絡をとった、奈良在住のMから上京するから会おうよ!とお声がけいただき
当時一緒に仕事をしていた仲間4人で会うことにしたのです。

もういつくらい前に会ったかもわからないくらいに久しぶりです。
20年ぶり?というメンバーも(^◇^)

新宿あたりがいいね...ということで、友人のザビさんのブログに頻繁に登場する「樽一」に決定!(鯨料理がいただける&美味しい日本酒が多数取り揃えられています)

一度行ってみたかったのです。


鮮魚と鯨刺しの盛り合わせ ↓ 鯨って美味しいですね~。



常連ザビさんの紹介ということで、美味しいお酒を出していただく。



樽一さんは選ばれる店アドバイザー・中山マコトさんの「ありがとうの育て方」でも『なぜ歌舞伎町の居酒屋”樽一”が震災被災地の「名もなき酒」を2000本も仕入れたのか』というエピソードで紹介されているお店です。
この日も、中山さん来店してました^^

本当に お料理もお酒も美味しいし、接客もとても良いのです。

この日、コース料理と2時間の飲み放題でお願いしたのですが店主しんちゃんが
「2時間でいいの?久しぶりに会ったメンバーですよね?時間足りないでしょ。2時間で切っちゃうの申し訳ないですよ。」

とおっしゃってくれて、安心して飲めるようにとあらかじめ予算を決めておいて、越えそうになったら声をかけます・・・とのこと。

なんて親切なお店でしょう(だから愛されるお店になるんですよね)。
美味しいお酒も沢山いただき、3時間半もお世話になりました。
それなのに、あんなにお安い金額で良いのでしょうか?というお値段でしたよ^^
ありがとうございました。

友人たちとの会話も弾みました。
長い間離れていても、まったく違和感ないものですね。

そして下は今回は欠席でしたが、当時の仲間が先日出版した「文字を作る仕事」


みんな、それぞれのフィールドでがんばっている。

私も 今やるべきことを粛々とやるぞ!

おはようございます、渡辺しのぶでございます。

溶けそうなほど暑い日が続いたと思えば、豪雨。。。
日本列島大丈夫でしょうか。


それでも我が家のベランダでは、綺麗に花が咲いております。










第10次職業能力開発計画」をご存知でしょうか。

厚生労働省が打ち出している「生産性の向上に向けた人材育成戦略」です。
この第10次は 平成28年~32年の5年間が対象の計画です。
(職業能力開発の基本法である「職業能力開発促進法」が2001年に改正され、その法改正の趣旨を踏まえつつH13~17年度を計画期間とする「第7次職業能力開発基本計画」が策定されました。その後5年ごとに改定されており、今年度から第10次なのです)


====

【現在の労働環境】

統計によればH28年1月の有効求人倍率は1.28倍。
この数値は24年ぶりの高水準。
そして、完全失業率は3.2%の低水準です。
そして、ニート(若年無業者)は約60万人から約56万人へと減少。
フリーターも約180万人から約167万人へと減少しています。


景気回復傾向にはあるんですね。(実感ないという方も多いですが...)
しかしながら、米国に比べて日本の労働生産性は相対的に低く
非製造業を中心にIT投資の水準が低いそうです。
(がんばれLine!)

更には、企業が社員の教育に投資する金額が低下している。。。
研修など人的投資が少なくなると、優れた人材が育ちにくくなります。

その一方で、国は企業に障害者求人数を増やすことを要請しており
障害者の職業訓練機会を増やすことも急務とされています。


少子高齢化はますます進みます。
安心して子供を育てられる社会にならないと、少子化は止められませんよね。
少子化は労働力の低下を意味します。

そして、このままニートやフリーターが減ってくれないとどうなるでしょう。
働かないでいる若者も、いつかは年を取り親御さんもいなくなります。
定収入が無い→生活困難→生活保護受給者→財政ますます圧迫

第10次職業能力開発基本計画では、ニートやフリーターが
正社員として仕事に就けるようにする戦略も策定されています。
もっと宣伝をして、利用者も積極的に利用してほしいです。


話は飛躍しているかもしれませんが、問題山積です。

政治家の皆さん、よろしくお願いします。
有権者の皆さんも、政治への無関心はやめて
責任を果たして権利主張しましょう。
(都民じゃないけど、都政も気になります。。。)


...と、職業能力開発計画を読んで熱くなったのでした。

今日から三連休の方も多いでしょうね。

良い一日を!