正義の味方?

テーマ:

おはようございます、渡辺しのぶでございます。

 

じつはロッチは正義の戦隊ロボだったのです!

 

いやいや・・・

 

10年以上前にmixiで知り合った、デザイナーさんが合成してくれた写真です^^

 

 

===

 

今日は、長いお付き合いをさせていただいているクライアント様で研修です。

 

職場でのご自身の「価値」をじっくりと考えて、その価値を更に高めていただきます。

 

そして、夜は社内の敷地で「納涼祭」?夜店的なお祭りがあるとのこと。

 

私も楽しませていただきます(^_-)-☆

 

楽しい週末を!

AD
こんばんは、渡辺しのぶでございます。

台風9号の余波が残っています。

皆様は無事に帰路に付けましたでしょうか?

私は本日、海の近くで仕事・・・移動はJRと「ゆりかもめ」でした。
大雨の中「ゆりかもめ」はかなーり刺激的でしたよ。

そして、オリンピックは閉幕。
小池都知事の和服姿があでやかでした^^華があっていいですねぇ。

明日から2日間は2020年の東京オリンピックに関係するお仕事です。
テンション上がります!

====

今日は、アドラー心理学の学び⑤人間関係を悪化させる4段階に対応する方法(後編)について書きます。

アドラー心理学の学び①人の幸福の3条件
アドラー心理学の学び②「尊敬」と「責任」が人を育てる
アドラー心理学の学び③人間関係を悪化させる4つの段階
アドラー心理学の学び④人間関係を悪化させる4段階に対応する方法(前編)


毎日仕事で忙しいお母さんと小学生の男の子の例で書いています。


第三段階は
「復讐をする(破壊的行動・不道徳な態度・暴力暴言・他者を傷つける等)」
自分のことを受け入れてくれないお母さんに、暴れたり暴言を吐くことで仕返しをし始めてしまった場合の対処方法。

ここまでくると、お母さんと子供だけでの問題解決は難しくなります。
まずは暴力暴言は避け(けっして反撃しない)、子供の気持ちを傷つけたことを謝ります。
そして、第三者に介入してもらいます。
ここでお父さんの出番ですね。


第四段階は
「無気力無能力を装う(何を言っても反応がない・やるべこことをしない等)」
居場所を作ることをあきらめて、非協力的でいることを決意=部屋に引きこもるような状態です。自分から自発的に行動しなくなり、常に受け身で心の交流も拒否します。

ここまでこじれてしまうと、本当に大変です。

仮に子供のすることが、ちょっと違うんじゃない?と思っても、自主的に何かをやろうと動き出したならば援助してください。小さな成功体験を積み上げることが必要です。
そして、一緒にいることを楽しみましょう。


それでは、また!
AD
お盆休みを終えて、今日からお仕事の方も多いのではないでしょうか。
こんにちは、渡辺しのぶでございます。

夜中までの大雨&大風の影響で今朝は富士山がきれいに見えました。

そして、また真夏の暑さが戻ってきました。

写真は日曜の夜、我が家のベランダから見えた花火です。

少し涼しさを感じますか?

IMG_20160815_195233420.jpg

====

総務局の統計情報を見ていて、いろいろなことを考えました。

皆さんは、以下のデータを見てどんなことを思いますか?
平成27年総務局 国勢調査結果より


【子どもの人口 過去最低の12.7% 全国の都道府県で高齢者が上回る】

65歳以上の高齢者人口は、5年前の前回調査より14%増で3,342万人だそうです。
これで高齢者の割合は全国民の26.7%。
過去最高であり、世界各国で最も高い数字です。
それに対して15歳未満の子ども人口の割合は12.7%と過去最低。
調査開始以来、全国都道府県で高齢者数が子供の数を上回ったのは初めてです。


【働く人の過半数は女性とシニア】

就業者全体に占める女性と65歳以上の高齢者の割合が初めて5割を超えています。
少子高齢化のあおりで労働力人口は6,075万人と前回調査に比べて295万人減少し6,000万人割れが目前に迫っています。
増加する介護・福祉分野などの人手不足を補うため、女性とシニア層が働き手として存在感を高めていると言われています。

===

・・・・現在ニート(15歳から34歳までのまでの非労働力人口のうち、通学しておらず、家事を行っていない「若年無業者」を指している)と言われる人は全国で約58万人います(60万人から2万人減)。政府はこの人たちが仕事に就けるように様々な政策を打ち出して居ます。
例えば、人とコミュニケーションがとれるようなトレーニングやカウンセリングなどもあります。
そのうえで職業訓練を受け、トライアル雇用で仕事に慣れることもできます。


ニートの定義は34歳までです。
それ以上の年になっていて仕事をしないで家にいる人も確実に存在するでしょう。

そして、現在15~34歳でもこのまま変わらなければ「中年無業者」になっていきます。

「働く」ことは、自分や家族のためでもあるけれど、社会のためでもあるのだよね。

支援してくれる団体はたくさんあります。
ご本人も、ご家族も、勇気を出して「ニート支援」で検索してみてください。

おはようございます、渡辺しのぶでございます。

氏神様は天照大神(アマテラス様ね)ですが、神社の敷地内に摂社が複数あります。

その一つが、浅間神社です^^ここは早朝の猫ちゃんベットになっています。



今日は、アドラー心理学④人間関係を悪化させる4段階に対応する方法(前編)について書きます。

アドラー心理学の学び①人の幸福の3条件
アドラー心理学の学び②「尊敬」と「責任」が人を育てる
アドラー心理学の学び③人間関係を悪化させる4つの段階

まず。。。。
第一段階は相手が
「注意関心を得るための行動(配慮無く連絡をする・誘う・騒ぐ・同情を引く等)に出る」
そんな場合の対処です。

今回は、いつも仕事で忙しいお母さんと小学生の子供を例としてみます。

今日は日曜日、お母さんは家にいて忙しく家事をしています。
子供はかまったほしくて、そばで騒いでおもちゃを散らかしたり。
お片づけをしなさいと言っても全く言うことを聞きません。
(注目をされることで、特別扱いをされたい。所属感を得たい。)
うるさいから静かにしなさい・・・と注意されるとしばらくはやめるがまたすぐに同じことをします。

この場合、子供の不適切な行動に注目せずに適切な行動に注目します。
すなわち、静かになった時に「静かにしてくれてありがとう。」「お母さんあなたのことが大好きよ、いつも仕事で忙しくてなかなか遊べなくてごめんね。今日は一緒に公園に行こうね。」
と、子供が適切行動をしているときに子供をいかに大事に思っているかを伝える。

第一段階であれば、不適切行動から適切行動への変容は容易にできるようです

それが叶わず、第二段階に入ってしまったら。。。



第二段階は
「権力闘争(従わない・嘘をつく・議論・反発行動等)を仕掛ける」
静かにしなさい!片付けなさい!と怒られ続けると、大声で泣く・暴れると言った行動に出るわけですね。

こうなった時には、お母さんも同じ土俵に上がりがち。
それはNGなわけですね。ではどうする?

土俵から降りることですね。そして、子供がどうしても片づけをしたくないなら無理にやらなくても良いと認める。ただし、やらないことには責任が伴うこと・理にかなった選択肢を伝えます。
「片付けないならそれでもいいよ。でも今片付ければ皆で公園に遊びに行けるよ。片付けないと一人でお留守番してもらうことになるよ、どっちにする?」

自分の行動には自分で責任を取らなければいけないことを教えるわけですよね。


長くなったので、今日はここまで。

良い1日を!