ありがとうございました。

テーマ:
このブログは母の闘病の記録として
親戚や母の友人へのご報告として
また
「癌性髄膜炎」
「髄膜癌腫症」
「髄膜播腫」の情報を求めている方に
少しでも情報共有になればとはじめました。

そしてブログをはじめた時点では
母はもう少し会話が出来るまで回復するのでは
車イスでお出掛け出来る様になるのでは
と期待もありました。。

家族皆が辛く苦しかった月日が流れ
母が旅立ってしまい、
丸一週間、初七日以外
私はほぼ寝て過ごしました。
熱と倦怠感と放心と。
そして9日より子供たちの登校、登園
11日より半年休んだ仕事に復帰致しました。
想像以上に当たり前の日常がはじまりました。

まだ今の時の流れに母がいないのを認められず
全く実感もなく、
会社でも沢山の方に話しかけられて
「大変やったみたいやな」とか言われても
至って冷静に受け答えしている自分がおり
なんて冷淡な人間なんだろうと自分に苛立ち、

でもふとした瞬間に母を想い
悲しみが押し寄せます。

私がこの先人生の壁にぶつかったとき
母に一番に相談し助言をもらいたい。
子供たちの成長をまだまだ一緒に見てほしい、
見てほしいこと、教えてほしいこと、
一緒に感じたいこと沢山あります。
もう挙げればきりがありません。
ふと娘の面白い言動があれば
母にラインしなきゃ!
なんて普通に思ってしまいます。
なんでいなくなってしまったんだろう。
あんなに神様に祈り、願い続けたのに。。

まだまだ実感はありませんし
母は私の側に必ず居てくれてると思います。
実際私と父が実家で大喧嘩した際に
目覚まし時計が落ちてきたのです。
しかもすごい音をたてて。
明らかに母が止めにきていました。

金曜日に二7日(ふたなのか)の法要も終え
母が生きたかった2018年が
どんどん進んでいます。
どんなに時が進もうともこれから私が
母のことを忘れることはありませんし、
毎日母に感謝しながら生きていきます。

このブログは母の闘病ブログとしてはじめ
ここ数日沢山の方からの読者登録や、
コメントなど頂きましたが
この投稿でひとまず最後にさせて頂きます。
ブログ自体は、
癌性髄膜炎、髄膜癌腫症、髄膜播腫、
など検索される方への情報として
閉鎖はしませんし
病気に関するメッセージには
今後も可能な範囲でお答えしていきたいと
思っています。

今まで応援してくださった方や
お悔やみのコメントやメッセージくださった方
読んで共感して下さった方、
皆様ありがとうございましたm(__)m

今病気と戦っている全ての皆様に
良いことが起こる様に願っています。
AD