産前産後身体も心も楽になるピラティス

渋谷区近郊、ピラティスを通じ産前産後のお身体や心が楽になるよう、教室やご自宅プライベートなレッスンを主催しています。


テーマ:

こんにちは、

竹本さとみです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

「鍛える」という思考を頭から一旦外してみる。

 


生活の中で体の左右差を感じていたり

どこかしらの不調を感じている。

 

首が痛い

肩が凝る張る

腕の太さが違う

股関節が開く

足がよくつる

 

 

これらの症状が右、左

どちらか一方に現れている症状はないですか?

 

ちなみに現在私は左に(泣)


ピラティスをするようになってから

特に左右の違いを感じるようになりました。

 

ピラティスでは同じ動きを繰り返し

行う動作ですが、その中で

 

腕の左が上がらない、回らない、

右と同じようにしようとすると

二の腕がひっぱられる、首がすくむ

 

また、

 

左足や左サイドで体を支えようとすると

体が不安定だと感じる

 

 

日常生活の中での癖、

体に対する大きな変化、妊娠、出産を経験している

不規則な生活

運動する機会がとれない

体に不調を感じている様々な原因の一部でもあります。

 

左右の差があることはしょうがないことなのですが、、、

 

その差が大きいことが問題です。

 

 

よく使われる使いやすい筋肉、使われない筋肉

その差が日常生活の中でどんどん大きくなることで

使いやすい部分だけが働き、

使いづらい部分はお休み状態になってしまう。

 

 

その為、どうしても左右差は生じてきてしまいます。

 

 

その左右差をできるだけなくすように

日常の生活の中で

 

姿勢を正しく保つ

 

正しく保つ、体の中心センターラインを

安定させるために体の内側にある筋肉が使われます。

 

どちらか一方に偏りやすい体重や動作を

体の内側の筋肉を普段の生活の中でも使えるということで

ニュートラルで正しい姿勢にしていく、戻していくという

ことができるようになります。

 

 

普段つかわれない、体の内側の見えない筋肉を

動かしていく。

 

そういった正しい姿勢作りにピラティスは

最も効果がありますが、

 

 

ピラティス=ザ!鍛える!

 

 

というイメージが強いような気もしています。

 

もちろん続けていくことで強固な体にもなります。

 

 

体の不調を感じている方は

鍛える!

というプレッシャーを背負わないでくださいね。

 

 

不調を感じている場合は

内側の筋肉、体の中心にあって見えない筋肉を

 

「使う、動かす」

 

それができるようになったら

 

日常でも使えるようになります。

 

日常の中で動かせていけることで

良い姿勢が保つことができていきます。

 

また、

ピラティスやっているのに効果がでない、、

という方は、

もう少し体の内側を使う、動かすということに

意識を向けて見てくださいね。

 

鍛えるということをやめて

 

使う、動かす

 

ピラティスをしてみては^^

 

自然と姿勢が正しく保たれ、

不調のない体を目指していきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

産前産後ピラティスインストラクター

竹本さとみ

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「◆ピラティス」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。