ラ フランス 阿佐ヶ谷

フランス語会話学校エコールサンパ阿佐ヶ谷校です。フランスのことや、学校のことなどをお伝えしていきます。


テーマ:
ミシェル・アザナヴィシウス(Michel Hazanavicius)監督の「あの日の声を探して」が4月24日から新宿武蔵野館、TOHOシネマズシャンテで公開されています。

監督は「アーティスト」でアカデミー賞5部門で受賞していますね。

今回、主人公の少年ハジに手を差し伸べるEU職員キャロル役を、「アーティスト」でも主演をつとめたベレニス・ベジョ(Bérénice Bejo)が演じています。

ベジョ


こちらが予告編です↓



こちらは監督とベレニス・ベジョのインタビューです。インタビューの中に子供の話が出てきますが、監督とベレニス・ベジョは公私共にパートナーで子供が二人います。



ちなみに監督は、60年代、70年代のポップカルチャーが好きだという事で来日中に中野ブロードウェイに行くと言っているようです。中野と言えば阿佐ヶ谷校のみなさんのお膝元。もし監督が道に迷っていたら、みなさん、頑張ってフランス語で案内してあげて下さいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は、みなさんにフランスが舞台の映画をご紹介しますね。

この映画の原作は、浅田次郎の「王妃の館」という小説です。

アマゾンではこんな風にこの本は紹介されています↓

思いっきり笑えて泣ける、人情巨編!
150万円の贅沢三昧ツアーと、19万8千円の格安ツアー。対照的な二つのツアー客を、パリの超高級ホテルに同宿させる!? 倒産寸前の旅行会社が企てた、“料金二重取りツアー”のゆくえは…。


王妃の館


王妃の館下


映画の予告篇はコチラ↓



実は「王妃の館」、「Pavillon de la Reine」と言う名前で実在します。

住所:28 Place des Vosges, 75003

王妃

昼はこんな感じ

昼


夜はこんな感じ

夜


5階建て55室。
ホテルの紹介文を読むと、17世紀、ルイ13世の妻となり後にルイ14世の母となるアンヌ・ドートリッシュが、ヴォージュ広場を分ける翼棟に滞在したことから、「Le Pavillon de la Reine 」という名前がつけられたそうです。

2009年には内装工事も行われて、歴史とモダンな雰囲気が融合した部屋になっているようですよ。
Booking.comに、中の様子が載っています↓
http://www.booking.com/hotel/fr/le-pavillon-de-la-reine.ja.html

この映画で、日本からのお客さんが増えそうですね。
映画は、4月25日(土)からです。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
もうこのブログでも何度も紹介している早熟の監督、グザヴィエ・ドランの最新作が4月25日から公開になります。

この作品は、2014年のカンヌ国際映画祭で83歳になるジャン=リュック・ゴダールと審査員特別賞をWで受賞しました。

そして彼は今年のカンヌの審査員に最年少で選ばれました。今年26歳。

ドラン


こちらが予告編です↓



こちらは受賞の様子です↓




新宿武蔵野館、Ebisu Garden Cinema、ヒューマントラストシネマ有楽町で公開です。
ご興味のある方はぜひどうぞ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇