心の枠を外すフラワーセラピー&セラピスト養成講座【大阪・松屋町】 松井道子 Official Blog

花と心理学のスクール「 ラ・フォリア」は大阪・松屋町のサロン型教室です。<花・色・心を通して、あなたのしなやかな心と感性を磨く場所>生け方の見本は、ラ・フォリアにはありません。「自分」という花を自分で生けられる人を養成しています。


テーマ:


こんにちは 

花で心を伝える 
フラワーセラピー 「花心伝心」を
主催しています 

フラワーセラピスト
松井道子です。




{CE4678F0-7700-46B8-857B-946E5C7E4FA3}


私が花を生ける時に
心がけてることがあります。


それは何かというと・・・


遊び心を持って
花と戯れること。


それが
花と心を合わすということです。



ただ
綺麗に
形よく
バランスよく
よりも


どれだけ
花と心を通わせ遊べるか?
がとても大切なんです。


その原点の教えはこの方から学びました。

{9F6659BC-8C8B-4DCB-B72F-A4E52265E8F8}

栗崎昇先生


「だだ綺麗に生けてもしょうがないでしょ」


「そんなの誰でもできるわよ~」


「そんな花、面白くもなんともないわ~」
(ちょっとおねぇの話方です)



よく言われました。




年に4回か3回京都にいらして下さり
お稽古をつけて下さいました。


生徒さんは限定20名のみ。


誰かが退会されないと次の方は入れません。


当時の私にしたら
とても高価なレッスン料でした。



お稽古に来られているのは
お花の先生方や
老舗旅館の女将さんや
京都の有名ギャラリーのオーナーや

それは、それは
素晴らしい方々ばかりがいらしてました。


そんな中
まだ30代だった私は
緊張で固まりまくり
恒例の1分間スピーチなんて
毎回冷や汗もんでした。



でも
先生は花を生けるという事においては
一切上下関係はなく
分け隔てなく
厳しく
楽しく
花を生ける意味を
教えて下さいました。



そのお陰で
私は先生から
「悲しいときは悲しい花を生ける」
という 
とても大切なことを教わりました。


{FFB318E0-F920-4309-967B-F76DFC489C63}

この花器のは
栗崎先生の門下生だけが持っている
栗崎先生デザインのオリジナル花器です。 




あるお稽古の日

1分間スピーチまで
悲しい気持ち状態を
味わっている事をお話し
した事があります。


その後、花を生け出しとき、
私の作品を観て
先生がおっしゃいました。

なぜ
「なぜ自分にウソをつくの?」

「なぜ悲しいのに楽しい花を生けようとするの?」



えっ!

自分にウソをつく…⁉︎



あっ!
ほんとだ⁉︎


先生に言われるまで
気持ちの状態と行動が違っていた事に
私は気づいていませんでした。


続けて先生は
「悲しい時にしか生けれない花をなぜ生けないの?」

「見た人が悲しみに吸い込まれるような花をなぜ生けないの?」

「見た人がわず涙ぐむような花を生けなさい」

と、
おっしゃいました。


そうなんです。


悲しみを
寂しさを
感じている時にしか
生けられない花があるのです。


悲しみや寂しさも
喜びやワクワク感と同じ感情。


感情に変わりはなく
どの価値を見出すことが出来たとき
人生の質がかわるのでしょうね。



その感情を感られることが
すでに豊かなんですもんね。



悲しいときには
悲しい花を生けれる人で在りたい。


{88C7C471-1859-47D3-A3BE-E309F1B41434}



松井道子はお花で自分と向き合う

個人セッションを開催しています。

 

2017年は1/10からスタートします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「花心伝心」は

花を生けて、これまでの古い行動を手放し

目標を達成させるための行動を手に入れるプログラムです。

 

たった2時間30分の中に
あなたの人生を一瞬にして変えてしまうほどの、
メッセージとエネルギーが秘められています。



「花心伝心」を受けて頂くと
1、最小アクションで、目的地までたどり着く方法がわかります。
2、無意識の自分の行動心理が、明らかになります。
3、理想とするゴールが、クリアに映し出されます。

だからこんな人は受けて下さい。
・毎日、せわしなく生きている。
・日々、やることがいっぱいだ。
・心の余裕がなかなか持てない。
・目標に、どのように向かっていけばいいのか?わからない。
・迷っていることがある。
・軸が定まっていない氣がする。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フラワーセラピー「花心伝心」個人プログラム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

所要時間:  2時間30分 

延長する場合もありますので時間に余裕をもってお越し下さい。

 

場   所:  大阪市中央区松屋町3-23 松屋タワー710

         地下鉄鶴見緑地線 松屋町駅 3番出口すぐ

 

価   格:  30.000円(事前振り込み)

 

お申込み:  お申込みフォームよりお申込み下さい。 こちら

詳しい内容はこちらから

 

<2017 1月のスケジュール>

①1月10日(火)15時00分〜17時30分(予約済)

②1月13日(金)15時00分〜17時30分

③1月13日(金)20時00分〜22時30分(予約済)

④1月18日(水)15時00分〜17時30分

⑤1月18日(水)19時00分〜21時30分(予約済)

⑥1月25日(水)10時00分〜12時30分(予約済)

⑦1月25日(水)15時00分〜17時30分

⑧1月25日(水)19時00分〜21時30分

⑨1月31日(火)15時00分〜17時30分(予約済)

⑩1月31日(火)19時00分〜21時30分

 







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは 
花で心を伝える 
フラワーセラピー 「花心伝心」を
主催しています
 松井道子です。

{6881C9F2-5892-4BCD-9635-EC47652D71DE}


12/30でお仕事納めでした。


2016年の最後の生け込みを
お手伝いしてしてくれる
生徒様と

2016年を見守って下さった
氏神様にお礼参りから
はじめました。

{1E88BDE5-FC9E-4CA9-A4A7-B0AD84801C82}

{ECA969D6-BC44-4ACB-A5B6-1C8E5B1B2A06}

恒例の
住友林業モデルハウスさんに
お正月のお花を生けるお仕事で
私の一年が終わります。


{D10FCBDF-D361-4A46-8652-949CDEC10ADF}

{ECAA152D-CB16-4CCB-A8F7-0A683C4D8900}

一軒目は
葉牡丹と柳で和風モダンにアレンジしました。

お礼参りのお陰もあったのか
とてもスムーズにすっきりと生け上がり
大満足♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

{5A135E0D-B327-4393-9765-60F248D7BCF1}


お手伝いしてくれた
生徒様の表情でも伝わるかな?

お二人とも
「楽しいーーー♪」
「こんな経験なかなか出来ません♪」
っと言いながら
最高のサポートをして下さいました。



お陰でいつもより
スピーディーにお仕事が終わりました。


全部で4軒のモデルハウスに
お花を飾らせていただきましたよ。



こんな感じです。

{A7E80FC4-1DC6-4856-876C-AD5AEE442429}

{F15666E4-4C0E-4521-8E2A-551225EF218D}

低い位置に赤と黄色のピンポン菊を
アレンジしました。





こちらは
同じく低い位置に
白とグリーンのピンポン菊とシルバーの柳で
アレンジしました。

{F95C0358-786E-49E1-BBDA-F5559FD48A08}

{0472A5D8-8D9B-41D3-8141-24CD39D86C28}


何度も上の戸袋で頭を打ちながら
生け込みましたが(笑)

モダンなお正月花に仕上げてみました。


こちらは
金の竹に黄色いオンシジュームを
アレンジしました。
{4E3EBFF6-3E8D-4C14-92A1-2893635A05B0}




最後はラ・フォリアのサロンがある
松屋タワーエントランスに
南天の実とシルバーの柳のアレンジです。
{E2DD06BC-8130-41FE-BFDA-9D6DD0D7E0F4}

タコをあしらって完成。

モダンさとシンプルさを
大切に仕上げました。


いかがでしょうか?


お気に召したもの?
何か参考になる作品はありましたか?



お部屋にお正月らしいお花を飾ると
心が落ち着いて感じます。


たった
一輪でも大丈夫。



お花を飾ってみて下さいね。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

花で心を伝える

フラワーセラピー「花心伝心」を
主催しています

松井道子です。

 

image
フラワーパフォーマンスについて

書いておきたいこと。

 

 

 
自信をなくしてはいません。

 

 

それを限界というのかもしれないけれど

厳密にいうと 限界までもまだ行ってない。

 

 

生み出したいと思ってる。

生み出せると思ってる。

 

 

ただ まだどうやったらいいのかその方法が見つかってない。

だから焦る感覚がある。

 

 

でも やりたい! 

 

 

image

 

 

ただ 美しいだけではない

ただ 花瓶に花を生けるという行為だけではない

何かがあるはず。

 

そう思ってます。

 

 

だから フラワーパフォーマンスに

自分がまだこれまで到達したことのない

世界感や 感覚を実感する可能性を感じています。

 

 

 image

 

 

 

私が舞台で表現したいのは 人間と花の関係性。


もう少しわかりやすく言うと・・・

 

 

1. 花が枯れていくのを嫌がる人が時々いるけど それは仕方がないこと。

どんなに大事に水をあげてもいつか枯れていく。

実はそれはとても美しいこと。

私たち人間もいつか枯れていく。

その循環の美しさや尊さ、

そのようなテーマが花を生ける姿を通じて 見ている人に伝えたい。

 

 

2. 何もないところにどんどん形づく花から 無限の可能性や生き生きさを伝えたい

 

 

 

それを表現するのに これまでにやったことのない形と

当たり前のことを丁寧に丁寧にする形。

 

 

両方あるように感じてる。

 

 

息遣いが感じられる

感情が伝わる

間近にエネルギーを感じる

 

 

そんなステージがいいな~と思ってます。

 

image

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは〜

花が心を伝える「花心伝心」
フラワーセラピスト
松井道子です。

{04110F81-2665-419F-A465-481EA0676AD3}


昨年の8月

「食卓からありがとうが広がる日」

というイベントが
行われました。



大嶋啓介さん
ひすいこたろさん
三浦直樹さん


このお三人が揃うなんて!
あり得ない!
という
素晴らしいゲスト講師の方の
お話を聞ける講演会でした。




その素晴らしいゲスト講師の皆様が
ご登壇される前の
14分20秒をお借りして
舞台に置いた花瓶に
お花を生けていく
フラワーパフォーマンスを
披露させて頂いたたんです。



音楽に合わせて
花を生けていくのですが、

迷うことも
いけ直すことも
許されません。

まったなしの14分20秒‼️

LIVEです。

音楽が終了したと同時に生け終え
舞台に花だけが
浮かび上がるように演出したい。



それを目指していたら

なんと!

なんと!

当日のゲスト講師の
ひすい こたろうさん
見抜いて下さってました。



そして
こんな素敵なメッセージを下さったのです。



さすが師匠!
(2015.5月に合宿セミナーをご一緒させて頂いてから、師匠!と呼ばせて頂いてます)


私が目指している事を
即座に見抜き


臨場感
迫力
リズム感のある文章で表現して下さって
本当に感激しました。


師匠!
ありがとうございます❣️



{9667DB0A-A001-456B-910C-3CFCFF895188}

{F13C0B49-9779-4262-95F4-E5F83D1BAE22}


「食卓からありがとうが広がる日」


昨日のイベントのオープニングを飾った
フラワーセラピストの松井道子さん。

空間を感じて即興でお花を生けていくんだ。

空気をお花で表現する。

かかっている音楽が終わる瞬間に
生け終えて、
その一瞬で
道子さんは舞台そでに消える。

誰もいないステージには
静寂と
お花だけが残る。

その瞬間、
お花は異次元のたたずまいを魅せる。

くーーーーー
さすが世界のミチコマツイ。
しびれたぜ!!!!

ひすいこたろう



{E60E8EB0-4A69-44B8-A4FC-3D59F2B7A7D3}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
悲しい時には悲しい花を生ける
フラワーセラピスト
松井道子です。



いま、
私が花を生ける時に
必ず行うことがあります。

それは何かというと・・・


遊び心を持って
花と戯れること。

それが
花と心を合わすということです。

ただ
綺麗に
形よく
バランスよく
よりも

どれだけ
花と心を通わせ遊べるか?
がとても大切なんです。


その原点の教えはこの方から学びました。

{9F6659BC-8C8B-4DCB-B72F-A4E52265E8F8}

栗崎昇先生


「だだ綺麗に生けてもしょうがないでしょ」


「そんなの誰でもできるわよ~」


「そんな花、面白くもなんともないわ~」
(ちょっとおねぇの話方です)



よく言われました。




年に4回か3回京都にいらして下さり
お稽古をつけて下さいました。


生徒さんは限定20名のみ。


誰かが退会されないと次の方は入れません。


当時の私にしたら
とても高価なレッスン料でした。


お稽古に来られているのは
お花の先生方や
老舗旅館の女将さんや
京都の有名ギャラリーのオーナーや

それは、それは
素晴らしい方々ばかりがいらしてました。


そんな中
まだ30代だった私は
緊張で固まりまくり
恒例の1分間スピーチなんて
毎回冷や汗もんでした。



でも
先生は花を生けるという事においては
一切上下関係はなく
分け隔てなく
厳しく
楽しく
花を生ける意味を
教えて下さいました。


そのお陰で
私は先生から
「悲しいときは悲しい花を生ける」
という 
とても大切なことを教わりました。


あるお稽古の日

1分間スピーチまで
悲しい気持ち状態を
味わっている事をお話し
した事があります。


その後、花を生け出しとき、
私の作品を観て
先生がおっしゃいました。

なぜ
「なぜ自分にウソをつくの?」

「なぜ悲しいのに楽しい花を生けようとするの?」



えっ!

自分にウソをつく…⁉︎



あっ!
ほんとだ⁉︎


先生に言われるまで
気持ちの状態と行動が違っていた事に
私は気づいていませんでした。


続けて先生は
「悲しい時にしか生けれない花をなぜ生けないの?」

「見た人が悲しみに吸い込まれるような花をなぜ生けないの?」

「見た人がわず涙ぐむような花を生けなさい」

と、
おっしゃいました。


そうなんです。

悲しみを
寂しさを
感じている時にしか
生けられない花があるのです。

悲しみや寂しさも
感情に変わりはなく

そこに価値を見出すことが出来たとき
人生の質がかわるのでしょうね。

その感情を感られることが
すでに豊かなんですもんね。


悲しいときには
悲しい花を生けれる人で在りたい。


{6E38AD5F-7A3B-48CB-BA5D-8BBA47BB1E0F}














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)