花 心理学 フラワーセラピー サロン【大阪 心斎橋】 松井道子 Official Blog

花と心理学のスクール「 ラ・フォリア」は大阪・松屋町のサロン型教室です。<花・色・心を通して、あなたのしなやかな心と感性を磨く場所>生け方の見本は、ラ・フォリアにはありません。「自分」という花を自分で生けられる人を養成しています。


テーマ:

ビッグサプライに感動しました!!!

先日12/3木曜日
私の夢だったことが叶いました。

日本メンタルヘルス教会大阪校に
プロコース外部講師として登壇させて頂きました。

夏に福岡と名古屋で登壇の経験はさせて頂いていたのですが、
ホームグラウンドである大阪は初めての登壇でした。

いくら準備をしても
やっぱり緊張しました~~~

もちろん
フラワーセラピーの講座は何度も開催していますが
100名以上の方に
しかも
母校のメンタルでとなると
とってもとっても緊張しました~~~


そして、なんと!なんと!
あの
ひすいこたろうさん
初登壇に駆けつけて下さったんです。

参加者として!

東京から!

ホントにホントに

ビックサプライズでした!


壇上から真正面に

あの、あのひすいひすいこたろうさんが‼️


まさか、まさかのサプライズ

駆けつけて下さるなんて!!!


メンタル大阪校初登壇に

参加して下さるなんて!!!

光栄過ぎです!!!


壇上から真正面の席で目が合った時はドキドキしましたが、

他の皆様と同じように真剣に一輪の花と向き合い、

そして素晴らしい花からの贈り物(メッセージ)を披露下さいました。


すごい人って普通なんですよね。

何も足さない、何もひかない。

とっても素敵なサプライズにたくさんの学びを頂きました。

ありがとうございました!!!



そして
そのひすいこたろうさんが当日感想を書いて下さいました!!!

ホントに嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この一輪のお花を見て何を感じますか?」


昨日メンタルさんで参加させてもらった松井道子さんのフラワーセラピーでそう問われました。

一輪のお花を自分で用意して参加するんですが、授業のはじめ、僕はこのお花をみて、
「少し、しなびれてるきてるなー」って感じたのね。

そこからワークが始まったんですが、
途中でお花の絵を描くんです。

フラワーセラピスト

お花の気になったところだけ描く。
僕はてっぺんのお花と茎だけを描きたいなとおもったの

で、写真のような絵を描きました。
で、描きながら自分に問うんです。
ひとつだけ選んだこの花びらと茎は
自分にとってなんだろうって。

最初に感じたのは、
茎は、僕にとって本であり、過去と未来を結んでる道だなって。
そして、僕はてっぺんでお花を咲かせたいんだって気付いたの。

そのてっぺんに咲く花は、
日本人の大和魂にスイッチを入れる本です。

で、そのあと、お花の声を聞くワークなるものをやってお花の声を聞くんですが、
僕のお花はこんな言葉を紡いでくれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

フラワーセラピー

てっぺんの花を咲かせよう。
いまがそのときだよ。
すべての過去は、
そのてっぺんの花につながっている。
過去の自分たちが、みんなその花を見たくて
君を応援している。

てっぺんの花を咲かせよう。
いまがそのときだよ。
苦しかった過去もその花を咲かせるためにすべて必要だったんだ。
過去も未来も
悲しみも喜びも
一本の茎でみんなつながっている。
全部を味わって
てっぺんの花を咲かせるんだ。

てっぺんの花を咲かせよう。
いまがそのときだよ。


ーーーーーーーーーーーーー
驚いたのはね、
花が僕に伝えてくれたこのメッセージを
書き取ったあと、
もう一度お花を見たんだけど、
どうみても
花がしなびれてるようには見えなかったの。
さっきまではしなびれてるように見えたのに!
しなびれてるように見えたのは、
僕の疲れを投影してそう見えてただけだったんです。
お花の見え方はそのまま
自分の思考フィルターだったんです。


お花を通して、
自分の思考回路に客観的に気付ける
フラワーセラピー。
僕が最新刊の「あなたの人生がつまらないとと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしてるんだぜ」で伝えたかったことを見事に一輪の花でワークショップに落とし込んでいて、すごい感動しました。


ミチコマツイのフラワーセラピー。
こりゃ世界に行くな。
ひすいワールドがすきな人には
ぜひ体感していただきたいセラビーです。

心の枠を外すフラワー&カラーセラピスト 松井道子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります