少し前のことになりますが、
ヒプノセラピーのセッションを受けた時のことです。


ヒプノセラピーでは、
普段使っている顕在意識をリラックスしてお休みさせて、
潜在意識に働きかけることによって、
その時の問題の原因や解決法などを得たりします。


その時のテーマは忘れてしまったのですが、
『内なる女神』に会いにいくというようなセッションを行いました。


潜在意識のある部分に女神という人格を持たせることにより、
メッセージを受け取りやすくしたのだと思います。


イメージの中で、
慈愛に満ちた光り輝く女神が現れてこう言いました。


『あなたがあなただから、私は愛しているのよ。』


それは、私達が愛されているのは、
『○○だから。』
『○○ができるから。』
『○○を持っているから。』
というような理由や条件があるからではなく。


ただ、あなたがあなただから、
あなたという存在だから、
あなたという魂を持っているから、
ご縁があって愛されているのだということです。


仕事でも、友達でも、
恋愛関係でも同じです。


背が高いとか、
優しいとか、
仕事ができるとか、
そういう言葉で表せる理由があったからではありません。


それは、ご縁のある人を見つけるための目印のようなものだと思います。


例えば、
『○○さんは、目の下にほくろがあったな。』
というようなもので、
別にほくろがあったから惹かれたわけではないし、
愛されたわけでもありません。


もし、ほくろが無くなって愛情も無くなってしまったとしたら、
それはほくろの有る無しではなく、
もっと他のところに問題があったのです。


もしくは、お互いが学び合う期間が終わって、
お互いから卒業しただけだと思います。


それは、もちろんほくろに限らず、
あらゆる面において言えることであり、
あらゆる関係において言えることだと思います。


だから、愛されるためにどうしたらよいかとか、
周りにどう思われているのかとか、
どう評価されているのかなどと、
思い悩む必要は無いのです。


そして、自分自身を変えようと思う必要もありません。


変えようと思うのは、
『自分は、まだまだだ。』
『まだまだ、何かが足りない。』
という欠乏感や焦りからくるものです。


けれども、私達が無いと思っているもの、
足りないと思っているものは、
全て自分達の深い部分にあるのです。


それは、潜在意識の中にあります。


私達が普段使っている顕在意識は、
全体の約5%にすぎないそうなので、
残りの約95%はほとんど使っていないわけです。


だから、自分では気がついていないかもしれないけれども、
必要なことやたいせつなことは全てその中に、
もれなく入っているのです。


私達は、持っているんです。


でも、気がつかなかったり、使っていないだけです。


たいせつなのは、
自分を変えようと外から何かを吸収することではなく、
自分の内側にある叡智を引き出し、
生かしていくことだと思います。


そして、それが生きる醍醐味のひとつであり、
本当の意味での向上心だと思います。


そのためには、
今までの人生でかぶってきたたくさんの仮面、
何かから守ろうとして身に着けたたくさんの鎧、
もういらなくなったものをたくさん詰め込んだバッグに気づき、
ひとつひとつ手放していくことだと思います。


そうすれば、
その人その人の本質が見えてきます。


それは、とてもまぶしくてきらめいています。


なぜならば人は皆、輝いている存在だからです。


自分自身の本質を引き出してあげてください。


覆い被さっているものがあったら、
そっと取り除いてあげて下さい。


何かを付け加える必要はありません。


もう既に、全てが備わっているからです。


何かを変える必要もありません。


もう既に、あなたは愛されているからです。







『あなたがあなただから、私は愛しているのよ。』


あなたは、あなたのままで愛されています。








ラブラブありがとうラブラブ







AD

命に感謝する


先日、スピリチュアル・アントレプレナーの
穴口恵子さんのセミナーに行ってきました。

2月に発売された、
人生に奇跡を起こす「引き寄せ」の法則
の出版記念セミナーです。

ミニワークを交えながらお話が進み、
最後の質疑応答の時でした。

質問者の方がどんな質問をしたのかはよく覚えていないのですが、
穴口さんが朝起きて何をするのかということをお話しました。

穴口さんは、毎朝目が覚めると、
命に感謝するそうです。

私はそれを聞いた時、
心にじ~んと響くものを感じました。

命に感謝する。

私達はふだん、
朝目覚めた時にどんなことを考えるでしょうか?

『う~ん、まだ眠いなぁ。あと5分。』
『今日も仕事(学校)かぁ。だるいなぁ。』
『あ~、起きなきゃぁ…。』

スッキリ目覚めて爽快な朝もあるかもしれませんが、
そうでなく悶々とした朝を迎えることもあるかと思います。

でも、そんな気持ちになるのは命があるからこそ。

当たり前だけれど、
死んでしまったらもう目覚めることはありません。

もし、死んでしまったら、
もう何もすることはできません。

美味しいご飯も食べられないし、
家族や友達やパートナーと一緒にいることもできません。

勉強や仕事をすることも、
どこかに行くことも、
夢を叶えることもできません。

でも、生きていれば希望があります。

たとえうまくいかない時があっても、
くじけそうになることがあっても、
生きている限り本質的には失うものは何もありません。

そんなたいせつな、たいせつな尊い命。

朝、目覚めてそこに命があることが、
どれだけありがたいことなのか。

どれだけ幸せなことなのか。

そんなことに気づかせてくれた言葉でした。







たいせつな命。

みんなのたいせつな命。

輝いている命。

命の光。



毎朝、目覚める度に感謝したい。

今日、目覚めてくれてありがとう。

生きていてくれて、ありがとう晴れキラキラ

AD

ありがとう

ドキドキありがとうドキドキ




お母さんへ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
私を産んでくれて、ありがとう。
帝王切開でいろいろ大変だったね。
頑張ってくれて、ありがとう。
どんな時も、見捨てないで育ててくれてありがとう。
愛をありがとう。




お父さんへ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
私を育ててくれて、ありがとう。
一生懸命働いてくれて、ありがとう。
たくさん旅行に連れて行ってくれて、ありがとう。
たくさんのきっかけをありがとう。
愛をありがとう。




弟へ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
弟に産まれてきてくれて、ありがとう。
お姉ちゃんをやらせてくれて、ありがとう。
私にできないことをやってくれて、ありがとう。
たくさんの学びをありがとう。




父方のおじいちゃんへ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
一緒に暮らしてくれて、ありがとう。
たくさん遊んでくれて、ありがとう。
たくさんの優しさをありがとう。




父方のおばあちゃんへ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
一緒に暮らしてくれて、ありがとう。
いろんなことを教えてくれて、ありがとう。
たくさんの優しさをありがとう。




母方のおじいちゃんへ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
いつも優しく見守ってくれて、ありがとう。
辛い時に助けてくれて、ありがとう。
あたたかさをありがとう。




母方のおばあちゃんへ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
私を認めてくれて、ありがとう。
私を頼ってくれて、ありがとう。
私を助けてくれて、ありがとう。
たくさんの温もりをありがとう。




みんなへ

元気で生きていてくれて、ありがとう。
私と出会ってくれて、ありがとう。
仲良くしてくれて、ありがとう。
助けてくれて、ありがとう。
頼ってくれて、ありがとう。
話を聞いてくれて、ありがとう。
励ましてくれて、ありがとう。
認めてくれて、ありがとう。
そばにいてくれて、ありがとう。
一緒に遊んでくれて、ありがとう。
優しくしてくれて、ありがとう。
叱ってくれて、ありがとう。
頑張ってくれて、ありがとう。







生まれてきてくれて、ありがとう。
生きていてくれて、ありがとう。


私は幸せです。
ありがとうを言える人がたくさんいるから。
今、元気で生きているから。


私は幸せです。
みんなも幸せでありますように。







ドキドキありがとうドキドキ



AD