講談社は24日、隔週刊の若者向けエンターテインメント情報誌「TOKYO1週間」と「KANSAI1週間」を6月8日発売号で休刊することを明らかにした。
 首都圏対象の「TOKYO-」は1997年11月、関西圏対象の「KANSAI-」は99年3月に創刊され、発行部数はそれぞれ33万部、35万部でスタートした。しかし、インターネットの普及で若者が無料で情報を入手できるようになったことなどで売り上げが低下。最近は共に約8万部に落ち込んでいた。 

【関連ニュース】
「週刊ゴング」の出版社が破産
「ハイファッション」「銀花」休刊へ
自動車誌「NAVI」休刊
「フォーサイト」休刊へ=新潮社
「学習」「科学」来春休刊=最盛期670万部

【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
<座礁船>岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾(毎日新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(3)俳優 國村隼さん(産経新聞)
<大麻所持容疑>大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警(毎日新聞)
<爆発>建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
AD