宮崎県は1日、新たに西都市などの6農場の家畜が口蹄疫に感染した疑いがあると発表した。

 これで発生(疑い例も含む)は2市5町の253施設、殺処分される家畜は計16万9881頭に達した。

 一方、経過観察中の主力級の種牛5頭から5月31日に採取した検体は、ウイルス検査の結果、陰性だった。

就活支援で「卒業後も3年間新卒扱い」 公明党の参院選マニフェスト (産経新聞)
運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)
県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
粘り腰の首相、米大統領の「感謝する」自信に(読売新聞)
閣僚人事は小幅と菅氏示唆=樽床氏「衆院定数を80削減」―民主代表選(時事通信)
AD