東京都監察医務院が行政解剖が不要とされた東京都内の男性(75)の遺体を別の遺体と取り違え、誤って解剖していたことが23日、医務院などへの取材で分かった。監察医や遺体搬送に立ち会った警視庁城東署員らが、解剖対象を示す遺体の目印を確認しなかったことが原因とみられる。

 誤って解剖されたのは、7日に自宅で死亡しているのが見つかった独居の男性。病死のため、解剖は不要として同署の霊安室に安置されていた。霊安室にはほかに、解剖が必要として目印のリストバンドが巻かれた男性(84)の遺体も安置されており、搬送の際、署員がバンドの有無を確認せず、解剖不要の男性が誤って移送された。

 医務院は都へ提出する報告書は「解剖が必要」との内容に書き換え、事実を公表していなかった。

コンビニ労組が救済申し立て=セブンイレブンに団体交渉要求-岡山(時事通信)
郵政改革法案 指導力なき首相 内閣は分裂状態(産経新聞)
<黒澤明財団>伊万里市が支援確約書 設立時、佐賀県に提出(毎日新聞)
<北教組事件>小林陣営の会計責任者ら2人を起訴 札幌地検(毎日新聞)
築地移転「一時停止」、民主・自公・都が合意(読売新聞)
AD