福岡県柳川市佃町の市立養護老人ホーム「柳光園」で入所者3人を果物ナイフで刺したとして、柳川署は17日、殺人未遂容疑で入所者の友添治容疑者(69)を現行犯逮捕した。

 柳川署によると、3人は病院へ運ばれたが、命に別条はないという。通報で駆け付けた署員に対し、友添容疑者は「殺そうと思って刺した」と容疑を認めた。同署が動機を調べている。

 逮捕容疑は17日午前6時すぎ、柳光園内で入所者の高田勝功さん(70)、荻島ナミ子さん(74)、沖ナツ子さん(81)の3人の胸や背中などを刃渡り約10センチの果物ナイフで刺したとしている。

 同署によると、高田さんと沖さんは軽傷、荻島さんも意識はあるという。柳光園では65歳以上の高齢者約40人が生活しており、友添容疑者は平成18年6月ごろに入所していた。

【関連記事】
介助拒否や襟首つかみ誘導 岡山の養護施設で虐待
札幌老人施設火災 火のまわり早く、崩れおちる室内
三島市の老人ホームで火災、女性の焼死体
重い介護度の入所者が増加 特養ホームなど介護保険施設
高齢者施設の入所者2人死亡 感染性胃腸炎か、新潟

准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協(医療介護CBニュース)
乳幼児殺傷、懲役22年確定へ=犯行時心神耗弱-最高裁(時事通信)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
<シラスウナギ>密漁容疑で県臨時職員らを逮捕 高知(毎日新聞)
交錯する理解と批判…与謝野ショック、自民揺さぶる(産経新聞)
AD