JR山陰線の余部鉄橋(兵庫県香美町)の架け替え工事について、JR西日本は5日、新しいコンクリート橋(全長310メートル)への架け替えを7月から開始し、8月12日に供用を開始すると発表した。

 工事は平成19年5月にスタート。当初、供用開始は22年秋としていたが、予定より工事日程が早まった。

 現在の鉄橋南側に平行して建設中の橋桁(げた)を、7月17日早朝から8月11日夜間、4メートルスライド移動させるなどしてトンネルにつなぐ。

 掛け替え中は同線の香住-浜坂駅間の列車を運休し、代行バスを運行する。JR西は「天候も良くスムーズに工事が進んだ。児童らの夏休み中に工事を完成させたい」としている。

【関連記事】
志望校を外さない! 余部鉄橋「合格ナット」発売
改修前の鉄橋で最後の合同法要 兵庫・余部鉄橋事故
大手ゼネコンが余部鉄橋の実証実験 世界初の大規模実験
甲子園の砂ならぬ…「余部鉄橋の錆」いかが!?
近づく終着駅 昭和の名気動車特急キハ181系、2年後引退
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<大阪府議会>橋下知事支持の新会派発足…総勢22人(毎日新聞)
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か-福岡県警(時事通信)
北朝鮮元高官・黄氏が来日、拉致で意見交換も(読売新聞)
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明(産経新聞)
病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
AD