【ガティノー=今堀守通】クリントン米国務長官は3月30日午後(日本時間31日未明)、カナダ・ガティノーで行われた主要国(G8)外相会合後の共同記者会見で、焦点の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先について「われわれとしては現行案が望ましいと考えている。われわれの見解は、もっと効果的な形で日本の防衛を実施することだ」と述べた。

 一方で、「日本政府が出すかもしれない提案を考慮する用意がある。日本政府と協議を続け、日本政府に耳を傾けていく」とも述べ、3月29日に岡田克也外相に伝えた際と同様に、日本政府との協議には応じる考えも示した。

 クリントン氏の発言について岡田氏は、記者団に対し「結果は予断を許さない。非常に困難な道だが、5月までに結論を出さないといけない」と指摘した。

自衛隊機の民間転用を推進=次期輸送機納入式で防衛相(時事通信)
眞子さまがICU入学式ご出席(産経新聞)
メディア発言続ける=民主・生方氏(時事通信)
参院選 政府・民主党 マニフェスト策定へ実質議論を開始(毎日新聞)
<消費者基本計画>食品表示一元化検討へ 政府、閣議決定(毎日新聞)
AD