古代に武蔵国の国府があった東京都府中市の市街地で、8世紀頃のものとみられる大型の掘っ立て柱建物跡が4棟見つかった。

 構造や配置などから、公的な機能を持った国司の館ではないかと専門家は見ている。

 発掘は民間調査会社「共和開発」が行った。発見された建物跡のうち、主屋とみられる1棟は東西11・4メートル、南北7・4メートル。南北にひさしがあり、柱穴の直径は約1メートルあった。建物跡の配置は陸奥国の国司の館跡とされる館前(たてまえ)遺跡(宮城県多賀城市)と似ている。現場は、JR府中本町駅前で、江戸時代には徳川家康が鷹(たか)狩りに用いた府中御殿があったとの伝承が残っている。

 佐藤信・東京大教授(日本古代史)の話「大きさや規則正しい配置から、国司の館の可能性が高い。これだけ整然とした建物跡は、陸奥国府でしかみつかっていない。国司の館の機能を研究する上で貴重な発見だ」

世界の富豪 「グリー」の田中社長が仲間入り(毎日新聞)
トキ「観察用ケージ」白紙、安全性再検討へ(読売新聞)
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業-成田(時事通信)
阿久根市長「駆け引きとマスコミへのお仕置き」(読売新聞)
<首都直下地震>復興対策で報告書案 国民負担周知も提案(毎日新聞)
AD