三重県鳥羽市の鳥羽水族館の入館者数が8日、1955年5月15日の開館以来約55年で5555万5555人に達した。

 同館は「全国67水族館で初めての快挙」と話している。

 記念の入館者は、愛知県豊田市から家族で来ていた主婦下川美紀さん(32)、会社員の夫、伸さん(32)と長女、彩矢ちゃん(6か月)。

 美紀さんは、水族館職員から「おめでとう」と声をかけられ、驚いた様子。古田正美館長から入館認定証と特大のジュゴンのぬいぐるみを贈られ表情を和ませた。古田館長は、「多くの方に来ていただき感謝しています。これからも、自然史博物館である水族館として社会貢献できるよう、頑張っていきたい」と話していた。

自民・園田幹事長代理、辞任の意向伝える(読売新聞)
沖縄知事、次々飛び出す普天間移設案に困惑(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通-奈良(時事通信)
【風】高速無料化、民業圧迫化の懸念(産経新聞)
AD