内閣府は15日、日本経済全体の需要と供給の差を示す「需給ギャップ」が、2009年10~12月期の国内総生産(GDP)改定値から推計するとマイナス6.4%になったと発表した。金額に換算すると、年間で約30兆円の需要不足に陥っていることを意味する。
 過去最大だった1~3月期のマイナス8.0%、年40兆円に比べると改善したものの、物価下落を招きデフレへの圧力となる需要不足は依然として高水準だ。 

【関連ニュース】
新型オペ増額を軸に討議=16日から日銀政策決定会合
デフレ脱却、ものづくり重視を=成長戦略で民主小沢氏に要望
景気判断、上方修正へ=月例報告で8カ月ぶり
内需戻っていない=10~12月GDPで
科学技術予算に重点=菅財務相

<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
<障害年金>障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ(毎日新聞)
橋下知事、朝鮮学校に「公金は出さない」(読売新聞)
田中社長、グリーで1260億円釣り上げた!(スポーツ報知)
AD