政府の行政刷新会議は25日、公益法人などを対象とした計4日間の事業仕分けで、会場を訪れた一般傍聴者数が延べ約4870人だったと発表した。4月に実施した独立行政法人対象の事業仕分けで訪れた約3100人(4日間)より5割以上増加。国民が引き続き高い関心を持っていることが分かった。
 インターネットのライブ中継の視聴者は、4日間で延べ約128万人で4月の約130万人には届かなかった。 

【関連ニュース】
財源捻出効果なく=国庫返納1400億円どまり
省庁版の仕分けスタート=26日から、170事業対象
38事業を「廃止」=12法人に余剰金返納を要請
訪日外国人、25.8%増=韓国6割、中国も4割伸びる-4月
裁判所内のコピー業務は見直し=1枚50円「高い」

舛添氏、外国人参政権「今の段階では反対」(産経新聞)
<日中韓>北海道で3カ国環境相会合 黄砂対策などで協力(毎日新聞)
口蹄疫で担当者苦悩 鳥媒介なら空中防疫も…(産経新聞)
首相の沖縄再訪「23日軸」=滝野副長官(時事通信)
河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)
AD