帝国データバンクはこのほど、昨年度の医療機関の倒産45件の施設別内訳を明らかにした。それによると、病院12件、診療所21件、歯科医院12件で、診療所の倒産件数は2001年度以降で最多となった。帝国データでは、診療所の施設増に伴う競争激化が要因とみている。

 01年度以降の医療機関の倒産297件を施設別に見ると、病院72件、診療所136件、歯科医院89件。昨年度の病院の倒産は過去最悪を記録した06年度と同じ12件で、診療所では過去最悪だった07、08年度から1件増の21件だった。

 また、01年度以降の倒産形態を施設別に見ると、事業を継続する「民事再生法」が病院で42件(58.3%)と過半数を占めたのに対し、診療所は21件(15.4%)、歯科医院は16件(18.0%)にとどまった。診療所の倒産は115件(84.6%)が「破産」によるもので、歯科医院でも73件(82.0%)と8割を超えた。
 帝国データバンクでは、事業規模が小さい診療所や歯科医院では事業価値を見いだすスポンサーが現れにくく、破産を選択せざるを得ないケースが多いと分析している。


【関連記事】
医療機関の倒産、過去最悪の45件-昨年度
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新
老人福祉事業の倒産件数、3年で4.6倍
医療機関の倒産、過去最悪と同水準-帝国データ

<訃報>玉置猛夫さん95歳=元自民党参院議員(毎日新聞)
<独立行政法人>17独法で海外出張に「支度料」支給(毎日新聞)
前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
<民主党>予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告(毎日新聞)
AD