群馬県内で女性に性的暴行をしたとして、強姦致傷などの罪などに問われた造園業福村翔太被告(26)の裁判員裁判の判決で、前橋地裁(石山容示裁判長)は25日、懲役12年(求刑懲役13年)を言い渡した。
 裁判員・補充裁判員経験者のうち、判決後の記者会見に出席したのは67歳の男性1人だった。男性は「性犯罪は難しいと考え、プレッシャーを感じた。寝不足になったが、率直に意見を出した」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査

<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)
法政高が“体罰修学旅行”…男性教諭「常軌逸した」暴行(スポーツ報知)
<鳩山首相>「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)
山田洋次監督に特別功労賞=ベルリン映画祭(時事通信)
AD