新潟水俣病の原因企業、昭和電工(東京都港区)の村田安通常務は26日、新潟市を訪れ、4月に新たに認定された同市の男性患者(64)に謝罪した。また、未認定患者4人とも面会、今後の対応などについて要望を受けた。
 同社などよると、同市内のホテルで村田常務が高橋恭平社長名の謝罪文を手渡した後、補償合意書を調印。男性患者は「認定患者だった父の介護などで苦労し、寝たきりになった母に謝罪の手紙を書いてほしい」などと話したという。
 面会した未認定患者の山崎昭正さん(68)は「今まで話し合う機会もなかったのでよかった。認定患者も未認定患者も病状は同じ。(同社には)患者として認めてほしい」と述べた。 

【関連ニュース】
「本当によかった」と笑顔=チッソ批判の患者も
鳩山首相「被害防げず」と謝罪=歴代初の慰霊式出席
小沢環境相、水俣病患者団体と懇談=鳩山首相も、初の慰霊式出席へ
東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ
水俣病救済方針を閣議決定=対象者3万人、一時金210万円

IT会社、近く強制捜査=ネット仮想空間の投資話―特定商取法違反容疑・埼玉県警(時事通信)
八ヶ岳連峰・赤岳で男性滑落死…冬装備なし(読売新聞)
よく使っているデジイチ&コンパクトデジカメは?(Business Media 誠)
今年度予想は2ケタ台の増収・増益-大洋薬品工業(医療介護CBニュース)
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検―福岡県警(時事通信)
AD