自民党の石破茂政調会長は14日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領との非公式会談で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が進展しなかったことについて「議論に値する案を示さない以上、起こるべくして起こったとしかいいようがない」と批判した。

 石破氏は「素人である政治家でなく、(軍事)運用に通用した者が議論に値する案を示さなければ意味がない。オバマ氏は日本の政治的パフォーマンスに時間を取っている余裕はないということだ」と指摘した。

【関連記事】
普天間問題 分散移設には欠陥がある
夕食の前座「普天間会談」 オバマ大統領は冷ややか
「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信
普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調
外国人地方参政権問題に一石

堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
「暴行、脅迫ない」郵便不正公判で副検事証言(読売新聞)
全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
遣唐使船の遭難者ら初法要 海龍王寺、博多湾の海水を捧げ(産経新聞)
遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)
AD