がん検診の受診率向上を訴える「がん検診50・フォーラム」が24日、東京都内で開かれた。職場などで行われる検診の充実のため、厚生労働省の委託で今年度始まった推進事業「がん検診企業アクション」の一環。毎日新聞社など62団体(従業員総数約36万人)が「推進パートナー」として参加している。

 元毎日新聞記者でジャーナリストの鳥越俊太郎さん(70)が5年前、血便ですぐ受診。進行した大腸がんが見つかり、以後4回の転移がんの手術を受けた体験を報告。「早期発見、治療で命を長らえることができる」と話した。

 続く対談で、厚労省の「がんに関する普及啓発懇談会」座長を務める中川恵一・東京大医学部付属病院准教授は、現役時代の検診が重要で「特に女性のがんは30~40代に多い。受診率は欧米よりかなり低く、企業がしっかり取り組んでほしい」と訴えた。

漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
<自立支援法訴訟和解>国と原告「共に考え」(毎日新聞)
【新・関西笑談】最高のウイスキーを求めて(3)(産経新聞)
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知-京都地裁(時事通信)
高杉晋作の遺品展示、下関市議会委「了解必要」(読売新聞)
AD