2014年、世の中の「地方創生」機運が一気に高まり始めます。


ある日のこと、経済産業省の方からから連絡をいただきました。
全国のU・Iターン転職の実態ヒアリングがあったのですが、

それまで全く面識がなかったのでビックリしました。

 

当たり前のことですが、転職市場の次の要素で、事業展開の難易度が決まります。
都市の人口、有効求人倍率、都市別GDPなど。
ですから、日本国内で優先順位が高い地域は東名阪で、

多くの職業紹介会社はこの地域でサービスを展開します。

 


私たちは、ほとんどがそれ以外の地域で事業展開しているので、
おそらく、ある意味U・Iターン転職に関する情報を持っている珍しい会社なのでしょう。

 

2014年末に詳細のヒアリングが高岡さんあてにあり、
年が明けると内閣府の検討会でプレゼンを、という流れになったのです。
高岡さん、宜しくお願いします!

 


・・・と(若干他人事だと)思っていたら、

 


・・・

 


「どうしても都合が合わないので、丸山さん、植田よろしく」

 


・・・となってしまったのです。

 


ええええ~。。('◉⌓◉’)

 


・・・またとない機会ですので、頑張りましたが、
いつもテレビやネットでしか見たことがない政治家の方々もいらっしゃったり、
様々な分野の識者に囲まれてのプレゼンは非常に疲れました。
(ほとんど丸山さんが話してくれたのですけどね。笑)

 

 

・・・

 

 

さてこの年、2015年のLong社長会は、静岡で開催することになりました。

 


Long社長会では、その名の通り、いつもの社長会の3時間ではなく、
2泊3日で中長期計画について話をするのです。


リージョナルスタイルの加盟企業は全国に展開していますので、
アクセスさえ良ければどこに集まっても手間はかわりません。

 

世の中の地方創生の流れを汲み、リージョナルスタイルとしてはどうするか、
そういったテーマで議論を深めていきました。


全国のそれぞれのサービス地域を細かく見ていくと、
上手く立ち上がっている場所と、苦労している場所がありました。

とにかく進出を繰り返してきましたが、

場所によってはサービスの休止を考えないといけないかもしれません。

 

サービスを展開した以上は長く根を張っていくべきですが、
きちんとサービスが出来ていない場合、自分たちがちゃんと判断し、
その地域での展開を、考え直すことが必要だと決めているからです。

 

そろそろ会社も6期目を迎え、そんな判断が必要な時期に差し掛かっていました。

 

つづく

 

広島本社の企業への転職は→http://rs-hiroshima.net/

岡山本社の企業への転職は→http://rs-okayama.net/

暮らしたいところはどこですか→http://www.regional.co.jp/

エグゼクティブ・管理職のU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/executive/

エンジニアのU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/engineer/