2014年7月、いよいよリージョナルキャリア大阪がサービスインしました。

 

リージョナルスタイルが設立されたとき、全国でU・Iターン転職をサポートする
・・・といいつつ、東京、北海道、広島、熊本というサービスエリアでしたので、
訪問したお客様にとても不思議がられました。

 

仲のいいお客様には、「君たち、アホなん?」と面白がられました(笑)

 

もし、リージョナルスタイルが東京で集中してマネジメントをし、
支店を展開していれば、東京、大阪、愛知・・・と拠点が出来ていったことでしょう。

普通はそうすると思いますし、その方式ならわたしたちもそうするかもしれません。

 

でも、前にも書きましたように、私たちは一緒に仕事をしたい、
拠点のサービスをお任せしたいと思える方が、
どこの地域で事業をやっていきたいかという想いを尊重します。


ですので、「本来ならこんなふうに拠点展開していきたい」という、
わたしたちの、ささやかな希望通りにはならないのです(笑)

 

そうやって、東京、北海道、広島、熊本、新潟、静岡、三重、香川・・・と、
まるで日本の中心都市を避けるかのように拠点展開してきましたが、
ようやく、ようやく、大都市大阪でサービスインしたのです。

 

・・・

 

遡って2013年のある日、ある先輩がそろそろリクルートを退職すると聞き、
すぐに連絡をして東京出張からそのまま名古屋に向かいました。

 

 

その先輩は、わたしが中四国リクルート企画に入社するきっかけにもなった方で、
ライフサイズ創業時にリクルートのカウンターパートとして
いろいろとお世話になることも多く、よく一緒に飲みに行っていました。
彼の名前を梅原満(ウメハラミツル)さんと言います。

 

久しぶりに、梅原さんが予約してくれた焼き鳥屋さんで乾杯しました。

 

 

植田「かんぱーい!お久しぶりっす」

 

 

梅さん「おお、久しぶりじゃの~、ほいで、どしたんや今日は?」

 

 

植田「梅さん、リージョナルやりましょうよ」

 

 

梅さん「いきなりか!笑」

 

 

植田「そのために来たんですから。笑」

 

 

梅さん「まぁお前が来る言うけぇ、そういうことじゃと思ったけど。
    ワシもワシなりに考えたんじゃが、希望を言うてもええかの?」

 

 

植田「どうぞ!」

 

 

梅さん「岡山はすでにお前がやっとるし、兵庫ならワシの家からも近えし、
    兵庫をやらせてもらいたいと思うとるんじゃけど、ええかの?」

 

 

植田「ダメっす。大阪にしましょう!」

 

 

・・・

 

ということで、めでたく大阪に拠点が立ち上がることになりました。
いや~良かった、持つべきものは良い先輩ですね!

 

そんな梅さんに、リクルート退職後に会社を設立してもらい、
リージョナルキャリア大阪をお任せすることになりました。

 

 

そろそろ、リージョナルスタイル加盟企業の全メンバーをあわせると、
全国18拠点、100名を超える所帯になっていました。

 

このころ、全メンバーが集まる時に違和感を感じる事があったのです。。

 

つづく
 

広島本社の企業への転職は→http://rs-hiroshima.net/

岡山本社の企業への転職は→http://rs-okayama.net/

暮らしたいところはどこですか→http://www.regional.co.jp/

エグゼクティブ・管理職のU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/executive/

エンジニアのU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/engineer/