江口さんの加盟から程なくして次の加盟企業が決まりました。

 

・・・というよりも、リージョナルに加盟をするために、
リクルートを退職して3人で起業するという無鉄砲者がいたのです(笑)

 

その男、渡辺圭介は、わたしたちが新潟で飛び込み訪問をしていた頃、
リクルート新潟支社でゼクシィのリーダーをしていたそうです。
風貌を知っている人はこのアンバランスにまず笑うはずです。


ラグビーで副主将として花園に出場し、ピーク時の体型は168cm、98kg、体脂肪12%、
100mを12秒かからずに走っていた彼は、熊のように毛皮を纏い、ザ男と言うほど髭も濃い。
その男がゼクシィのリーダー。しかも、アクセサリー担当だったそうです。

 

ちょうど新潟でわたしたちが飛び込み訪問の準備をしていたとき、
リクルートの仕事を終えて、彼は颯爽と2次会にやってきました。


見かけたことはありましたが、わたしは彼とちゃんと話すのは初めてでした。


そんな彼のコミュニケーションは独特で、何を聞いても次の一言が返ってきます。

 

「大丈夫っす」

 

 

・・・

 

間髪入れず食い気味でそう言うので、本当に大丈夫かどうかわからないけど、
彼がやりたいようにやらせてあげるしかありません(笑)

 

 

「会社立ち上げるの大変だよ」

 

 

「大丈夫っす」

 

 

「いきなり3人でやるの?まずは一人で始めるって手もあるよ」

 

 

「大丈夫っす」

 

 

「出身、仙台でしょ?もう高岡さんがやってるよ、どこでやるの?」

 

 

「どこでも大丈夫っす」

 

 

「お金あるの?」

 

 

「ちょっと足りないけど大丈夫っす」

 

 

・・・キリがないです(笑)

 

そんな、無茶苦茶な彼が6社目の加盟企業に加わり、2011年を迎えました。

 

この頃から、リージョナルスタイルでは急速に色んな取り組みを始めました。
何しろ、丸山さん以外はみんな有料職業紹介サービス未経験者です。
日本トップレベルで、それぞれの地域に根づいたサービスを拡げたい、
そう考えていましたので、まだまだ課題だらけの状態でした。

 

外部講師(山田博さん)に依頼して、リージョナルスタイル加盟の全メンバーが
面談トレーニングを毎月行うようにしました。


各地域でサービスを展開する企業はそれぞれ小規模なところが多く、
その地域に閉じこもって仕事を続けるとだんだん視野が狭くなる心配があって、
2ヶ月に1回の共有会を東京で開催し、交流できるようにしました。

 

加盟企業の経営者は、事業に対する価値観を共有し互いに高め合えるよう、
毎月、社長会というMtgを実施し、年に2度は10時間以上のロングMtgを実施します。
それでも、そればかりでは内向的な組織になってしまう心配があって、
全く異業界の偉人に学ぼう!と様々な場所に学びに出かけています。

 


ニッカウイスキーの里(竹鶴さんに新文化立ち上げのノウハウを学びに)

 

松下幸之助歴史館

 

京セラ経営研究所


ま、まぁ、息抜きもします(笑)

 

ようやく、リーマンショックで先が見えない真っ暗な状態から、

ちょっとずつ、薄日が差し始めてきました。

 

つづく

 

広島本社の企業への転職は→http://rs-hiroshima.net/

岡山本社の企業への転職は→http://rs-okayama.net/

エグゼクティブ・管理職のU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/executive/

エンジニアのU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/engineer/