リージョナルスタイルが創業時から続けていることは、
各地域のサービス拠点を全て別法人にしていることです。
リージョナルスタイルと各地域の法人に資本関係はなく、
地域サービス企業がリージョナルスタイルに加盟するという、
いわばフランチャイズのような方式をとっています。

 

なぜこのような方式をとっているか。

 

これには、高岡さんのリクルートでの経験が強く影響しています。
当時、高岡さんは全国20数拠点展開する事業を部長としてマネジメントしていました。
当時、20数拠点を支店としてワンマネジメントするのは、
個別のマーケット事情やマネジャーの強みを活かすのに適さないと感じたそうです。


そんな背景もあった上に、リージョナルスタイルを設立したときには、
すでにそれぞれが会社を設立していたものですから、
今のような組織形態が出来る下地があったのです。

 

(このころの社長会の風景)

 

・・・ようやくリージョナルスタイルの取締役会が機能し始めた頃、
いつものように役員3人で会議の後、食事をしていました。


そこで、高岡さんのリクルート時代の部下 江口さんに電話をしたのです。
高岡さんはたまにコンタクトをとっていて、
もしかしたら東京にいるかも、という軽いノリでした。

 

そんな軽いノリでしたけれども、
たまたま彼は私達が食事をしていたすぐそばのホテルに宿泊していました。
電話をかけたほうもかけられたほうもびっくりです!

 

正直な話ですが、私たちはサービス拠点を急拡大するつもりはなく、
志同じく頑張れそうな方がいたらお声がけしようと思っていました。
当然、軽いノリで呼んだ江口さんが食事の場に現われても、詳しい話はしません。
楽しく食べて飲んで歌って、ほなまた!とお別れしました。

(あ、歌わなかったかな)

 

・・・

 

話は飛びますがそのころは、それぞれのサービスサイト(サイトカラー)はバラバラです。
リージョンズ(高岡さん)→リージョンズキャリア(オレンジ)
ライフサイズ(植田)→ライフサイズキャリア(赤)
パーソナル・マネジメント(桝永さん)→パーソナルキャリア(緑)

これらをリージョナルキャリア●●として統一する開発をしていました。


これがそろそろ完成しそう、となったときに、そろそろ誰か
新たな拠点を展開してくれる人を探そうということになったのです。

 

その時に最初に顔が浮かんだのは江口さんでした。
・・・この間、一緒に食事をした時に気合入ってたしな。。(笑)


またもや別の日だったので、彼に電話すると、また東京にいました!


もうここまで来ると、私達の方は勝手に縁を感じていました。

 

高岡さんがアポイントを取って簡単に説明し(そのあとすぐに別のアポで離席し)、
丸山さんが事業の背景にある志を語り(そのあとすぐに別のアポで離席し)、
かつて同じ事業部にいたとはいえ、拠点が違うのでほぼ初対面のわたしと江口さん。

 

植田「どうする?」

 

江口さん「あ、はい。やります!」

 

植田「まじで?会社どうするの??」

 

江口さん「ちゃんと説明して起業します!」

 

植田「え~~~~!」(・・・あほやでこの人。笑)

 

そうなんです、この頃彼はまだ、会社員でした。
会社にも家族にもちゃんと説明をして、味方になってもらった上で起業すると。
出来るんか~、そんなこと。

 

江口さんと別れたあと、丸山さんと高岡さんにそれぞれ電話したら、、、
ふたりとも仰天していました(説明したのあなた達でしょ。笑)

 

リージョナル号という小さな舟が、それまで停泊していた港から、
いよいよ外海にちょっとだけ出た瞬間でした。

 

つづく

 

広島本社の企業への転職は→http://rs-hiroshima.net/

岡山本社の企業への転職は→http://rs-okayama.net/

エグゼクティブ・管理職のU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/executive/

エンジニアのU・Iターン転職は→http://www.regional.co.jp/engineer/