広島市ではたらく「lifesize代表のひとり言」 

広島・岡山へのUターン・Iターン転職を支援します。



テーマ:

こんにちは。直近の9月号でございます。

これからはサボらずにちゃんと投稿をしていこうと思います (`・ω・´)ゞ

 

 高止まりする求人倍率のなか、最近の転職希望者は自分に合う会社が見つかるまでじっくりと活動する傾向があります。そこで今回は、転職を判断する際に、転職希望者が重視しているポイントについて書かせていただきます。


1. 経営陣について 
 何と言っても殆どの転職希望者は、経営陣の人柄や人に対する考え方を重視しています。具体的に書きますと、部下社員への対応のしかたはどうか、また社員が入退社する際に、それをどのように捉え どのように対策をとろうとしているか、などです。ですから、いくら自社に雇い入れたい候補者が来たとしても決して相手に迎合するわけでなく、しっかりと向き合い、自社にとって本当に必要な人材であることを、真摯に示すことが大切だと思います。
候補者は、自分を必要とする会社を求めています。経営陣の真摯な態度は、そのような候補者の心を動かす、最大の決め手になるのではないでしょうか。


2. 事業について 
 次に候補者から確認が多いのは、企業の事業内容についてです。事業そのものは順調に推移しているのか、業界内のポジションはどうか、強い競合企業はないか、あったとすると競争には勝てそうか、などです。また、転職希望者自身がその企業の中で活躍できそうなイメージが持てるかも、とても重要な要素です。


3. 待遇について 
 先に書かせていただいた2つのポイントが合っていれば、実のところ待遇はオマケみたいなものなのです。経営者が人に対して真摯に考えていて、事業内容についての堅実な見通しがあれば、待遇にはそれらがきちんと反映されているはずです。現年収や待遇と比べてみてどうか、という観点もありますが、御社と真摯に向き合おうとする候補者ほど、しっかりとした採用の背景が伝わってくること、こちらのほうが、意思決定の重要なポイントになると思います。

 

ほなテキトー2

 

広島本社の企業への転職は→http://rs-hiroshima.net/

岡山本社の企業への転職は→http://rs-okayama.net/

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

続きまして8月号です m(_ _)m

 

 市街地は連日の酷暑ですが、週末に山間部に出かけると、木陰ではサラサラと気持ちの良い風が吹きます。子どものころの夏はこんな感じだったなぁと、少し懐かしさをおぼえました。さて今回は、激しさを増す採用環境下での中小企業の採用成功のカギについて考えてみたいと思います。


1. 採用対象を変える 
  私達がお手伝いする中で、最も企業から人気があり多くの内定が出ているのが、36歳(男性)のUターン転職希望者です。獲得競争率の高い中で、この人気層を中小企業が採用することは難しいのですが、一方で視点を変えてみると、これらUターン転職者の配偶者が、転職活動に苦労していることがままあります。というのも、地方都市では管理本部職や技術職として、女性の採用を予定している企業がとても少ないからです。ですから、事務職だけでなく、すべての職種について女性を採用対象者に加えるだけで、状況が随分変わる可能性があるのです。


2. 労働環境を柔軟に決める 
 採用成功のカギとなり得るもうひとつの取り組みは、待遇・ポジションを含めた労働環境を柔軟に決めるということです。既存の社員が多くいる中で、新規採用者に高めの給与を設定したり、いきなり役職者として採用することは難しい、またそうすることも良いことではないと考える企業も未だに多くあります。それは、一度設定した給与を下げたり、役職者の降格がし辛い制度だから、最初から高い給与やポジションを提示できないという背景があるのです。今後、ますます少子化が進み、限られた優秀な人材が多くの企業で取り合いになります。そんな中、これまで通りの固定化した給与・評価制度では、柔軟に人材を採用することは難しいと思います。例えば、いきなり制度の大幅な変更をすることが難しくても、フレックスタイム制を導入したり、会社の敷地内にベビーシッターを常駐させたりすることでも、働ける対象者は増えてくるのではないかと思います。

 

ほなテキトー2

 

広島本社の企業への転職は→http://rs-hiroshima.net/

岡山本社の企業への転職は→http://rs-okayama.net/

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

しばらくご無沙汰しておりました。お久しぶりで恐縮ですが、月刊ライフサイズを転載しますのでよろしければご覧くだされ m(_ _)m

 

 今年は例年よりも高温の傾向にあるようで、梅雨の晴れ間の猛暑は、暑さに未だ慣れない体に堪えます。さて今回は、2016年1~6月期の弊社の転職成功者プロフィールを振り返り、最近の求人トレンドを探ってみたいと思います。


1. 技術系職種の採用比率が急上昇 
  2015年後半、転職成功者の65%を占めた事務系職種はこの半年で20%と急降下しましたが、一方で技術系職種が60%と、前半年の13%から大きく上昇しています。採用意欲が旺盛な業界はメーカー・金融・ITで、そのほとんどで技術系職種の採用が行われているという印象です。新たな組織体制に移行する際には管理職や事務職の採用が多くなりますが、そういった動きには落ち着きが出ており、最近は各企業の新体制における実働部隊の増員が多くなっています。技術職の採用については20~40代後半といった幅広い年齢が対象となっており、引き続き多くの企業が採用に苦労されることが予想されます。


2. 高止まりする提示年収 
 この半年間に転職成功した方々の平均年齢は34.8歳、提示された平均年収は469.2万円でした。平均年収はここ最近上昇しており、前半年と比べても約25万円ほど上昇しています。

 

3. 短くなる選考期間
 弊社のWebサイトにエントリーし、企業の選考を経て内定が出るまでの期間も、前半年の92日から62日へと短くなっています。採用成功されている企業の多くでは選考回数は1~2回で、中でも特筆すべきは、初回の選考で経営者が丁寧に候補者を口説かれる企業がでてきていることです。現在の環境下では、採用の成否がそのまま事業戦略の成否に直結しているということなのでしょう。また、初回の選考で経営者が転職希望者と接する企業の評価は非常に高く、仮に合格とならなかった場合にも、接点を持った転職希望者がその企業のファンになるというメリットがあります。そういった選考フローを検討されることも必要かもしれません。

 

キャリコン2級合格いたしました。

ほな テキトー2

 

 

広島本社の企業への転職は→http://rs-hiroshima.net/

岡山本社の企業への転職は→http://rs-okayama.net/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おはこんばんちは。
お久しぶりでございます、ライフサイズ(広島・岡山)の植田でございます。
今回のテーマはずばり採用とは何か。私たちの仕事のど真ん中でございます。
え?ございますございます、うるさい?あははは(笑)合点承知!古いか。

さて、私の採用に対するイメージは古巣のリクルートで全て培われました。

創業者の江副さんは、
「企業は人が全てだ。人は採用が全てだ」
というほど、採用に情熱を注がれていたと記憶しています。

有名な話で、皆さんもご存知だと思いますが、リクルートが最もかけた年間採用予算は80億円超。
うろ覚えですが、その時の採用予定人数が1000人だったというので、
いかに採用に力を入れていたかがわかります。一人あたりの採用予算800万円!

驚くのは予算だけではありません。
採用のみを行う専門の部署には100名以上が配属され、採用ハイシーズンになれば、
その部署の人達だけでなく、拠点長、マネジャー、リーダーまでかり出されるのが当たり前です。
採用対象者と会う誰もが熱く仕事、会社、仲間を語り、必死に口説くのです。
私が在籍した頃のリクルートにはその名残が微かではありますが残っていました。
ある日、「植田、今度採用しようと思う生意気な奴がいるから一緒にメシ食いに行ってくれ!」
と、突然となりの事業部のマネジャーに言われ・・・
続きはこちら


ほな テキトー2


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
広島県が行う観光プロモーション、『カンパイ!広島県』。
各ジャンルで広島の魅力を発信しており、全国的にも話題を呼んでいます。

我々リージョナルキャリア広島も、広島へのUIターンを支援する立場として、
何かの形でプロモーションに協力できないかと考え、この度、こんな企画を始めました。

その名も!
広島へUIターン転職でカンパイ!
そのまんまやないかーい(笑)

広島へのUIターン転職をお手伝いさせて頂いた方をお招きし、カンパイさせてもらおうじゃないか!
という実にシンプルなこの企画。

第一弾は・・・

続きはこちら


ほな テキトー2



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近はめっきり涼しくなってきて、雨が恋しかった猛暑日が嘘のようです。
秋になったらなったで、あの夏の暑さが恋しい。なんてわがままなんでしょうね、人間て。
どうもこんにちは、ライフサイズの植田です。

今回のお題は「最近読んでよかった本」ですか。
前にも書きましたが、私が読むのはもっぱら漫画なんですよね(笑)
最近良かったのは、キングダムですかね~。え?漫画はダメ?
う~ん。何読んだかな~。え~と、え~と、あ、そうだ、ありました、読んだ本。

キャリアコンサルティング理論と実際(著:木村周)

いきなりまじめかい!(笑)

すみません。

皆様も薄々お感じになっていらっしゃることと思いますが、
昨今、右肩上がりで成長する業界は少なく(ほとんどなく)、
年齢とともにキャリアアップが可能な世の中では無くなってきました。
ですから、・・・

続きはこちら


ほな テキトー2



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



薬さえ意図せぬ治療に使われることがある。

 ベンチャーが成功するのは、多くの場合、思いもしなかった市場において、思いもしなかった顧客が、思いもしなかった目的のために買ってくれることによる。この事実を認識し、予期せぬ市場を利用できるよう自らを組織しておかない限り、すなわち、あくまでも市場志向、市場中心でないかぎり、ベンチャーは競争相手のために機会をつくっただけに終わる。
 ベンチャーは、自らの製品やサービスが、思いもしなかった市場において、思いもしなかった使われ方のために、思いもしなかった顧客に買われるとの前提でスタートしなければならない。市場志向でなければ、生み出すものは競争相手のための市場となる。

(ドラッカー365の金言 8月6日より)


こんにちは。暑いですね、やっぱり毎年8月6日は暑い。今朝は平和式典がありまして、うちの会社のそばの平和大通りがすごい人で溢れかえっておりました。僕もちゃんと黙祷しましたよ。あたりまえですか、ああそうですか。

さて。

ものすごく久しぶりにドラッカーを読んでみました。最近はキャリアコンサルティングの本ばかり読んでいまして、あらためて勉強することの楽しさに目覚めているところでございます。忘れていること、知らなかったこと、認識を新たにしたこと、日々成長を実感しております(笑)
あ、ドラッカーの話ですね。本日のお題は「イノベーションの意外性」。この文章の中で一番気になった箇所は・・・、

「市場志向でなければ、生み出すものは競争相手のための市場となる」

です。市場志向、常にアンテナを市場に向けて張っておかなければなりません。私たちと同じ業界でも、あるいは全然違うITベンチャーでも、このテーマに関してウォッチしている企業があります。他人ごとですが、彼らはどこまで想定し、どこまで市場志向なのでしょうか。私たちも、もともと想定していたものと違うご評価をいただくことが出てきています。思いもしなかった使われかた・・・とまではいきませんが、ニーズを敏感に感じ適応していきたいと思っておりまする。

暑いので(言い訳)あんまり文章が上手く書けません。

本日はこのへんで。

ほな テキトー2


広島本社の企業へ転職するなら→http://rs-hiroshima.net/
岡山本社の企業へ転職するなら→http://rs-okayama.net/
山口本社の企業へ転職するなら→http://rs-yamaguchi.net/



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
広島・岡山・山口から植田がお届けさせていただきます。

今回のテーマは地方創生。
地方創生がどうやったら実現するか。
まず、地方創生ってどんな状態のことを言うのでしょうか。
ググりますと次のURLにたどり着きました。
http://www.weblio.jp/content/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%89%B5%E7%94%9F
その中の「人事労務用語辞典」には下記のように書いてあります。
「地方創生」とは、2014年9月に発足した第二次安倍改造内閣がかかげる重点政策の一つで、
地方の人口減少に歯止めをかけ、首都圏への人口集中を是正し、
地方の自律的な活性化を促すための取り組みを指します。
(Webilo 辞書 より引用)

なるほどですね。

一方で話の腰を折るようですが、地方創生に懐疑的な大前研一さんのレポートも見ておきます。
http://president.jp/articles/-/2089
(PRESIDENT Online より引用。最近も別のところで掲載されていますが)

さて。

私は、東京のような世界でもTOPクラスの戦力を持った都市は、世界で戦うのが良くて、
その能力を更に高めるための仕掛けがあってほしいなと思います。
でもそういった環境で暮らしたい、働きたい人ばかりではないので、
自分の生まれ故郷、もっと暮らしやすい場所に移動しやすくもして欲しい。

そう考えると、東京で世界を視野にマネジメントする人達と、
地方で全国(主に日本国内)を視野にマネジメントする人達がいないといけない。
人口推移を見ても、そろそろワンマネジメントの限界がきていると感じます。

今回のテーマ、地方創生ですが、地域に根ざすものとして、この地域がどうすれば活性化するのか、
そういうテーマだと思い込んで書かせていただくこととします。

つづきはこちら


ほな テキトー2



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
お久しぶりでございます。
この度はリーダーシップに微塵の自信もないワタクシ植田が、
大変僭越ではございますがリーダーシップについて書かせていただきます。
ああ、どうしよう。

困ったので、とりあえずググりました。
早速リーダーシップについて、ああなるほどな、という記事を見つけました。
さすがGoogle!賢い!

ウィキも見てみました。概説を引用させていただきます。
---------------------------------------
リーダーシップは研究の歴史も古く、非常にさまざまな議論がなされ、
定義も多岐に渡るが、一例として以下の定義が挙げられる。
自己の理念や価値観に基づいて、魅力ある目標を設定し、またその実現体制を構築し、
人々の意欲を高め成長させながら、課題や障害を解決する行動。
またリーダーシップにおいて、リーダーの資質や人格的特徴は古来から関心の焦点となってきたが、
リーダーが先天的に持つ資質や才能は、リーダーシップの質(英: leadership qualities)に影響する。
リーダーシップ志向にアナーキズムはない。
---------------------------------------
※アナーキズム:一切の政治的、社会的権力を否定して、個人の完全な自由と独立を望む考え方。

ほうほう・・・て、難しすぎるやろ(笑)

まぁ、なのでスーパー掻い摘んで読みましたよ。

・・・続きはこちら


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
特に書くことが決まっているわけではないのですけど、気ままに筆を走らせています。

しかしあれですな。暖かくなりましたよね。
この間までコート着て、マフラー・手袋してましたけど、
気がつけばスプリングコートも着ていません。

「おーい、春どこ行ったー?」て感じです。

全世界が暖かくなっているんですかね。
昔ある記事で見ましたけど、100年単位で見ればどんどん暖かくなっているけど、
1000年単位?だと寒くなっていっているとか。

ま、どれがほんまかわかりませんが。

何が言いたいかっていうと、ちょっと外に出てみたらいい景色でしたよってことです。
今日はそれだけですね。

ごきげんよう テキトー2





広島本社の企業へ転職するなら→http://rs-hiroshima.net/
岡山本社の企業へ転職するなら→http://rs-okayama.net/
山口本社の企業へ転職するなら→http://rs-yamaguchi.net/


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。