アルバムと悪役人形(Villain Doll)

ドールの写真や日常など不定期にまったりと。

(最終更新日:2017/12/8 【写真】更新しました/「りっかと六花」)


Villain Dollへようこそ。
"Villain Doll"は瞳にグラスアイを使った球体関節人形の個人サイトです。
㈱ボークスより販売されているSD(スーパードルフィー)や、海外製ドール等を扱っております。
ドールの会話、女装要素や一部BLに近い表現も含まれております。
瞳にグラスアイを使ったお人形など、以上要素が苦手な方の閲覧はお控えください。

此処にある人形・写真などは管理者きさらずが私有しているものです。
写真や文章の無断転移・使用・加工、販売会社へのお問い合わせはご遠慮願います。
アメンバーは友人・知人のみに限定しております。


【住人プロフィール】 全員分まとめて見るときはこちら/かつて居た子達はこちら

【Volks/SDGrトニー(獅遠/しおん) 】
【Volks/MSDまなぶ通園ver(空翼/そう) 】
【Volks/SD17教室Aヘッド(虚木/うつろぎ)】
【Volks/SD13セシル・ザ・スカーフェイス 漆黒の大海原ver(覇夜斗/はやと) 】
【Volks/SDここ(六花/ろっか)】 
【Volks/SD幼天使 健(津笠/つかさ)】 
【Leeke/ Rory -ロリ-(蓮音/れんね) 】


【プーリップ/キルシェ(アロエッテ) 】
【ビョル/エリス(ミルフィーユ)】
【ぬいぐるみ/かめきち】
【休憩ふぃぎゅあ/老師】


【写真】
SDここをお迎えしました!(六花)
サーカスのライオンと調教師(獅遠&六花)
ちびっ子ピンクちゃん(蓮音)
紅葉の森の赤ずきん(六花)
マリンセーラーと青い瞳(空翼)
幼天使 健をお迎えしました(津笠)
少女王子の宝箱(六花)
獣の心を抱えた青年(覇夜斗)
獅遠11年目突破(獅遠)
二つ括り少女(六花)
小さい秋(津笠)
カメラ少年が爆誕した瞬間(空翼)
魔王の傷(覇夜斗)
甘言と木枯らし(虚木)
褐色肌と色の相性(覇夜斗)
りっかと六花(六花)←New!!

【カスタム】
獅遠の歴代メイク【2006~2015】(15/10/22)
ハンドの陰影塗装をしてみたよ(15/10/15)

【メモ】
お気に入りの靴を修繕した話(17/12/1)
100均レジンアイで大失敗した話(16/1/22)
SDサイズのソファーを作ったよ(一年前ぐらいに(15/10/10)
SDサイズの簡易ドール衣装掛けを作ったよ。(14/8/27)


【検証とか】
17とGrと13のボディを見比べてみたよ(15/10/12)
SD17のポーシングを観察してみたよ(14/9/7)
SD17ボディを観察してみるよ(14/9/4)



【リンクについて】
Villain Dollはドールサイトに限りリンクフリーです。
報告は必要ありませんが、して頂けると此方からも張らせて頂くことがあります。
リンク情報は以下をご参照ください。

サイト名:Villain Doll
管理者:KISARAZU -きさらず-
Twitter:@doll_and_kisa
アドレス:http://ameblo.jp/l-mjs/
(ドールと関係ない話題も含まれますのでご了承ください))
バナー画像:(保存推奨)
【住人ドール】
SDGrトニー(獅遠)/MSDまなぶ通園(空翼)/SD17教室Aヘッド(虚木)/SD13焦げスカセシ(覇夜斗)/SDここ(六花)/SD幼天使 健(津笠)/Leeke Rory(蓮音)/


【相互リンク】

[ぼくのおうち] K-Eさん

[みぞれみず] 八重さん


【サーチエンジン】

[ドールズステーション]



【その他】
 http://www.volks.co.jp/dwc/2015/
DD部門:エントリーナンバー30番(きさらず)で参加していました!
決勝には漏れてしまいましたが、投票をくれた方々ありがとうございました!

テーマ:

 

海外ドールショップ:DOLK(http://dolk.jp/index.php)さんと

グラスアイ工房:MIYABI GLASS STUDIO(http://miyabiglasseye.com)さんの

コラボ作品「Emerald Snow Gold -金箔散- 2017Ver.」の抽選販売でご縁を頂きました。

 

「人形は顔が命ならば、魂は瞳にある」って言語する程度には、

人形のパーツの中でも特にグラスアイが好き。

とは言っても、実際私が揃えていたコレクションはお手頃価格のものやペアになれなかったシングルアイを作家さんにまとめて譲ってもらって、オッドアイとして使ったりしてました。

 

今回DOLK×MIYABIコラボでのテーマが「六花(りっか)」だったので

「これはうちの六花(ろっか)に買うたらなあかんやつや」って応募したのです。

 

 

 

ものごっつ綺麗

写真じゃ伝わりにくいけど、これ16mmアイなんだぜ・・・!

更にその小さな虹彩の中に、また小さくて細かな柄が入ってるんだぜ・・・

 

 

 

マクロレンズがあってよかったと心の底から思った瞬間。ちゃんと花びらが6枚なのだよ。

青→緑→黄のグラデーションも、ものすごくきれい

 

 

 

柄物アイはよくレジンアイで見る作法で、中にものを直接入れてしまうために

作品によってはどうしても異物感が出てしまうものと思っていたのだけど

MIYABIアイは恐らくグラスアイにガラスを使って描いているみたいなので

アイの柄がとても綺麗に溶け込んで馴染んでいます。

 

 

 

六花のデフォアイ設定が更新されました

とても光を取り込むアイなので、角度を変えて詰めてみてもまた違った雰囲気が楽しめそう

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「お人形」 の記事

テーマ:

 

うちの六花はロリィタの設定なので

ロリィタファッションブランド「BABY,THE STARS SHINE BRIGHT」とコラボしたドール服がお気に入り。

しかしコラボ販売されたのが、ものすごく昔な品物も少なくないので経年劣化が酷い。

 

SDを販売しているボークスには、ドールのお洋服・付属品の有償交換制度がありません。

たとえそれが、ブランドとコラボしたどんなに貴重なものでも。

買い直せるほど安価なものでも、常にお譲りに出回っているものでもないし、修繕することにしました。

 

似たような赤合皮の布を探しに近所唯一の手芸店に見に行ったりもしたのですが

田舎にそんなものおいてなかったので、通販で切り売りされていた赤合皮を入手。

 

image1.jpeg

 

合皮の劣化が一番ひどい。

限定でもコラボ品だけでも、いいから救済制度がほしいなぁ。

 

 

 

ストラップの部分を縫い縫いします。

 

 

image1.jpeg

 

どう付け替えるか色々迷ったのですが、一番違和感の少ない方法にしたかったので

取り替える部分の内糸を切ってストラップを埋め込むことにしました。

 

 

 

踵の部分が硬すぎてブルブルしながら針を押し込む様子。

 

 

 

切ってしまった白の内糸をボンドで補強し

クロスストラップの部分も同じように引っこ抜いていく。

 

 

足首のリボンは素をベリッと剥がして、ボンドで接着。

足首のストラップはもうちょっと太くアレンジしてみても良かったかも。

 

 

修繕完了。

BABYコラボのドール服やアイテムは六花だけではなく

私にとっても特別な品なので他のも含めて長く使ってきたいものです。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サイト移転時にサイトフォルダと旧パソコンを同時に整理したため失われてしまったと思っていた

獅遠から蓮音までのお迎え話が発掘されたのでツッコミ修正をしつつ寄せ集めとこうと思います。

懐かしいな~と思う反面、初ドールお迎えから時間が経ってないので

頭が茹で上がってるの丸出しで非常に恥ずかしい

 

だいぶ黒歴史に片足を突っ込んでいるので

まるまる改ざんしたい気持ちを抑えつつ最低限見れるように修正しました。

 

 

 

執筆:2006/10/03 → 修正:2017/11/27

 

 

 

 

【きっかけ】

獅遠の次にお迎えした空翼。

我が家では第二ドールとなる存在の彼のお迎えきっかけは獅遠をお迎えしてから二ヶ月後。

毎日のようにボークスのウェブ通販やページを覗く最中に行き着いたMSDのページでまなぶ君を発見。 
その頃はまだみどりちゃんも残ってて、二人仲良く並んでいました。 

"こ、この子……気が付かなかったけど可愛いじゃないか!!"と、まなぶにプチ惚れ。 

しかし、その頃はまだミニっ子に踏み切ることは出来ず、間に合ったらお迎えしようかな、ぐらい。

 

 

【後押し】
「やっぱり今すぐまなぶくんお迎えしたい」 
「いやいや、早まるな今は余裕ないだろ」 

的なテンションの上がり下がりを繰り返してました。 
燃えては沈静し、また燃え上がっては理性という水をかける。
何その表現wwwwwwww 

なんだかんだ繰り返すうちに、後押しになる事件が発生。 
それは夏の連続ドルパでの事、私が参加できるわけも無くしぶしぶ再びWebページの閲覧していると。

SDCのページに美門くんの在庫が! この子在庫復活してる!! 
なんて嬉しがったのもつかの間。 いろいろな所でお迎えギリギリまで行ったもの色々事情が……(特に金銭面(笑))、 
オマケに家族の「これ以上増やすな!」の反対で泣く泣く断念。 
美門くんは違うお方の下へ旅立って行かれました。 

11年後の2017年では今やお人形は2体どころか7体と化してま~す(笑)

その後「黙って聞いてればぁ!!!」と叫んで殴りたくなるほどの言葉を連射され……… 
理解してくれない家族を心底恨みながら、数週間の時が過ぎて自身の誕生日前日。 

この頃は家族にとてつもなく懸念持たれてたなぁ
エステ(人形をバラして洗う)やカスタムで、今の言葉で言う「サイコパス」を疑われたりしました。
わしだってバラさずに洗えるならそうするわい(


……明日は誕生日だ。 
だから、私にとってちょっとぐらい(のレベルじゃないけど)贅沢しよう!! 
とのことで死に物狂いで溜めた資金を手に、いざWedページに出撃準備。 
あのキューティクルでタレ目がラブリーなまなぶくんを思い切ってお迎えを決意。

 

キューティクル…?髪質?髪質なの?

 

 

………とりあえず、Web通販ページにて。 

「ミニSDはまなぶとみどり以外は組み立てとメイクが自身で必要です」 
某掲示板にて目にしていた言葉。 

 

この頃はドール系のサーチサイトがあちこちにあって

困ったときはそこの掲示板のログを辿る→質問をしてみる、と言うのが一つの行動としてアリな時代でした。

なのに、まなぶの注文覧のエステに「デフォルトメイク」と「組み立て」の選択ボックスが。 
ちょっと待ってくれよ。 まなぶは初めからメイクと組み立てされてるんじゃないの? 

何で選択覧があるんだろう。 

 

旧MSD(スタンダード)は組み立て式でバラバラで届くシステムだった時の名残だと思われる

メイクと組み立てはドルパ会場で直接お迎えした人限定であって、Web通販では別料金が必要なのだろうか? 
しかしそんな面倒くさいこと、ボークスがするかな? 
選択しないでおこうか……でも選択してなくてノーメイクできたら困るし…。 

そんな考えばかりが頭をぐるぐる。


とにかくノーメイクで来られたらお手上げなので、 
念の為メイクの選択ボックスにチェックを入れて手続き完了。

 

 

【空翼お迎え】
獅遠が居てくれましたので、落ち着いて待つことが出来ました。 
獅遠の時の待ち地獄の苦しみは凄まじかったです。


そして運命の9月下旬。 


今回はエステも頼まなかったせいか、意外と早く某から発送メールが着ました。 

もう、ワクワクしながら待ちます。 
大体は発送メールが来た日か、その次の日に来るのでもうドキドキしっぱなしでした。 

次の日。 
さぁ!配達時間指摘してた4時~6時に来るぞ! 
やったぁ、まなぶ君と本日ご対面だ♪ 

一時間経過(5時) 


二時間経過(6時) 




三時間経過(7時) 


………こねぇじゃん。 


玄関で待ってたのでキツかったです。(ぁ 
「まぁ、たまにはこんなこともあるさ……!!」と、その日は終了。 


私の地域の佐川は現在でもトップを張るほど仕事が遅い


さらに次の日。 
昼間、私はソワソワしっぱなし。  
何してるときも「空翼がこない」「空翼まだかなぁ」の連発。 

そして夕方。 
さ、さぁ、今度こそ本当にまなぶ君とご対面だ!! 

一時間経過(5時) 


二時間経過(6時) 




三時間経過(7時) 


またかっ! 


再:玄関で待ってたのでキツかったです。(ぁ 

しかも正座で待ってた

もう此処までくると焦らしを通り越して心配になってきました。 

もしやまなぶの身に何かあったのではないか……
トラックが事故ったとか…………嫌な考えばかり浮かびます。 
もう荷物追跡を発送メール来た日辺りから何回も見てたんですけど、なかなか追跡にデータが入らなくて…。 

佐川は追跡データこまめに反映してくれないランクでも堂々の一位(個人体感)

本気で心配になってきて、一児の母はこんな気持ちなのか(笑) 

いや、生身の子供だったらこんなもんじゃ済まないと思う


そしてついに運命の日がやってくる。 
今日来なかったら某S急便を呪ってやる、とか恐っろしい事考えてました

性格が暗い!

もう心配が度を過ぎて一日中ギスギスしてました。 
午前中に荷物追跡の足取りがやっとつかめたので確認して見ると。 

「本日配達に出発しました」 
え!?まだ午前中ですよ!? まぁ、早いことはいいですけど…… 
午前中から配達時間になるまでトラック載せてあっちこっち連れ回すんですよね?結果的に。 

ホント某S急便へに対して考えが攻撃的になってました(笑) 


ボークスは佐川以外の配達業者も常備してくれ~(懇願)


そして夕方4時。  外で待ってました。 
ずーっと外で待ってました。 
時には花を摘んでみたり(メルヘンちっく(笑))、時にはその場にボーっと座り込んでみたり。 

✕ メルヘンちっく
○ メンヘラちっく


辺りも薄暗くなってきて。 さすがに家族が家に入りなさい、と声をかけてくる。 
正直「何言っても否定するボケが!ひっこんでろ!!」が本心(笑) 

うぅ~ん!思考回路が青いぃ~~~(当時まだ十代後半)

でも、頑固して家に入ろうとしない私にさすがの家族も呆れたのかその場で一緒に待ちぼうけ。 

手の形も分かりにくくなる位暗くなってきて。 
今日も来ないのか…と、とうとう私も断念して家の中で獅遠弄り。 
たしかその30分後前後に玄関から「こんばんは~~~」の声。 

とっさに判子と代金を掴み取って玄関へ猛ダッシュ!! 
ごめんなさい配達員さん、そんな"変な人"的な視線を私に向けないでください(泣) 

いや変な人です

で、お支払い。 
金額をぴったり用意してたんですが、なんだか約3000円ほど差し引いた金額でした。 
ここでピンとくる。 某がメイク代差し引いてくれてるんだな、と。 

今はクレカや振り込みを当たり前のようになってるけど
当時はカード持ってなかったのとネットの買い物が恐る恐るなのも加えて代引きオンリーだったね


当時の画像が残ってます。



初対面。何故か片目を隠す斜め巻き梱包でちょっとかっこいい(




我が家にようこそ。




見てくれこの天使っぷりを!!

待ってる間は可愛がれるか不安だったまなぶ君。 
お顔を見た途端そんな気持ちもどこかへ消えました。 
名前はとにかく爽やかで綺麗な名前にしたいと思ってたので、当時からずっと考えていた、 
空に翼、で空翼(そう)と名付けました。

 

空を舞う鳥のように、自由で穏やかな子になりますように。

 

(ごめん、改名を考えてるとか言えない)

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

蓮音に関するお迎え話。 
テンションハイで支離滅裂さが半端ない。
ツッコミ修正をいれながら、当時の気持ちを活かしつつ再録。



執筆:2007/06/14 → 修正:2017/11/24



【きっかけ】

初め"海外っ子をお迎えするなら絶対この子!"と決めていたのは、リケさんではなく偶然辿り着いた別のドール会社の大きい女の子。 

 

現在その会社はなくなってしまっていて、画像も名前もあやふやで憧れのあの子は行方不明。

※判明:Angel regionのNellちゃんでした。

※現在は海外ドールメーカーSOOMの子会社として 「Neo Angelregion」の名前で復活しているらしい。

 

 

その頃はリケドールの存在も知っていたのですが

シュエット君が好きかな、ぐらいで当時はあまりお迎えしたいと思う子は居ませんでした。 

そんな事を考えながら数ヶ月立てば、新作ドールの発表。 
一番先に公開されたのがRory。 
ああ…なんか危ない。好みかも……好みかも…


【後押し】

販売は7月、3ヶ月も先じゃないか~ なんて思っていると5月の先行発売の知らせ。 
どうしよう?可愛い………。 
でもアフターがあるし……(実はボークスアフターでリンちゃんを狙ってた)

ボークスのドルパアフターと時期が近かったんですな。 

サンプル写真の子は7月のフルセット。 
5月の先行販売分は瞳とドレス無し。代わりに発売予定の手首パーツがランダムで付いてきてメイク代が無料になる。 

Roryのデフォボディは1(26cm)でしたので

お迎えするなら手足の長いボディ2(28cm)を試してみたかった。 
 

 

現在は巡り巡って結局1ボディに舞い戻る。



【蓮音手続き】

その後、アフターに突撃したものの見事惨敗。 

ウェブ通販勢に勝率はない(

その直後にさっさとRoryの支払いに行ったのですが、
振り込んだ日が土日と休日でしたので実際にリケ側に振り込まれるのは月曜日。 
その月曜日の次の日(火曜日)が振り込み期限だった。 

月曜日の夜になっても振込確認メールが着ない。 
確認が間に合わずお金だけ取られて「期限切れニダ^^」なんて自動キャンセルぶち込まれたらどうしよう。 
そんな不安からか、とても焦ってました。 初の海外通販でしたから不安の塊だった。 

とりあえず……お知らせしておいた方が安心じゃ……? 

書き込みなんて滅多にできない弱い心臓をばくばくさせながら
とりあえず振り込みの主旨を言いに行ったわけですよ。 
評判を見た所、レスも対応早いとの事でちょっと安心を持ちながら投稿。 

暫くして見て見たら、確かに確実に閲覧された痕跡が残ってる。 
下のスレを見ればバッチシ返信が着いている。私の上のスレにもバッチリ着いてる。 
だけど……… 



私のだけ返信着てねぇ。



期限が迫る焦りの真っ只中、焦りが不安を煽りに煽り。 
期限当日。 確認メールが届いてない事を確認。レスがない事も確認。

心の中の不安がもはや限界寸前まで高まっていく中、メール作戦に続行。 

本題はストレートかつ具体的に。 
そしたら即5分後ぐらいには確認メールが。 
さらにその約三~五分後ぐらいに返信メール。 

「確認できてるから心配するな」的なのを敬語にした返信が、書いたメールの3分の1ぐらいの長さで帰ってきました。 
ああ……やっとこれで一息つける………。 

精神的に大変だった。


【蓮音到着】

運命の日。 
大体荷物を届けてくれる郵便屋さんは2~3時ごろにうちに回ってきます。 
だけど郵便屋さんがうちに来たあたりに、市内の郵便局に到着のデータ。 

ええ、もしかして明日配達!? また一晩待つの!? 

しばらくして覗いたら、持ち出し中のデータ。 
ああ良かった届けてくれるのね…! 


判子よーし。 身だしなみよーし。 
いつでもバッチコーイ!郵便屋&Rory!! 

数時間後郵便屋さんが箱を抱えてやってくる。 
無事受け取り。 


即時部屋に行って開封せねば。開封せねば。 開封じゃー(三連続) 

 

 

 

当時の汚部屋での画像が残っていました。



 


開けるとプチプチに包まれた二つの箱。 
緑の方がちょっと長かったので緑は2ボディで、白い箱にRoryが入っていると思われます…! 


 


ザ・開封っ!!(テンション一気にアップ 
お布団までプチプチに包まれております。厳重だ。 
マジックテープの付いたお布団に、やんわり包むように入ってます。 


 
せーの!の勢いでばりーっと布団を開けた瞬間目に飛び込んできたお顔。 
あ、思ってたより大きいかも………うぉ!可愛い!! 

どうも20センチ代の人形と聞くとリ○ちゃん並の細さを思い浮かべてしまうのだな。 
服の方を先に準備してたので、幼SDのブーツってこんなに大きいの?と驚きました。 
(幼SDの服はリケドールと互換性がある)

 

 



ランダム手首は握り手でした。

Sカン仕様じゃないので、安全ピンを代わりに仕込んでます。


【蓮音命名】

ここで一番苦戦したのが名前。 
我が家は野郎ばかす。 女の子の名前なんて初めてに近い。 

 

ばかすwwwwww(個人的にツボだった誤字だったので残す)


とりあえず「音(ね)」の付く名前にしたくて、色々候補を考えました。 
女の子すぎず、難しすぎず、見た目がきれいなもの。 
候補の文字を書いて並べてみるものの、どれもしっくり来ない。 

そんな時、頭に浮かんだ「蓮」の漢字。 
それに音を足して「蓮音(れんね)」となったのが、わりとピンと着たのでそのまま採用。

 

【注文から到着の流れダイジェスト】 

2007/05/22

Roryを注文+注文確認メール到着。 
↓ 
2007/05/26

代金を振り込み。(土曜日なので実際は月曜日(28日) に振り込まれる) 
↓ 
2007/05/27

振込みの事を掲示板で知らせる。(確 実 に返信が欲しいならばメールの方が安心かもしれない…) 
↓ 
2007/05/28

レスか入金確認のどちらかを丸一日待つ。 
↓ 
2007/05/29

どっちとも来なかったのでメールで再度確認請求メールを送る+数分後に入金確認と返信メール。 
↓ 
2007/06/11

商品の発送メールが到着。 
↓ 
2007/06/12

日本国内に入国(国際交換局に到着)+通関検査待ち 
↓ 
2007/06/13

通関検査無事完了+大阪(国際交換局)から発送。 
↓ 
2007/06/14

市の郵便局に到着&発送+一時間後に我が家に到着。
 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

覇夜斗に関するお迎え話。

お迎えフィーバー期で茹で上がってる時期なのでテンションが実にハイです。

黒歴史に片足ちゃん。恥ずかしさもその時の味として残しつつツッコミ修正を入れつつ再録。

 

執筆:2007/03/12 → 修正:2017/11/24

 

 

 

【きっかけ】

 

「傷メイクは興味あるけど、メイク落ちたとき厄介そうだしお迎えはしない」 

それまでの考えはこれ。 
美白にも普通肌にもセシルに引かれるときは一度たりともなかった。 
サンライトが出たときも美白・普通よりかはときめいたものの、その当時は余り興味が無かった。 
むしろ「またセシルか」とため息ついてた(笑) 何様だよお前www
それが2006年6〜12月までのセシルへの対しての考え方。 


2007年1月中旬。 
とある掲示板にて個人運営のリサイクル系カートに行き着く。 
そこで焦げスカセシの服を譲っていただき、その時に覇夜斗となるスカセシを見かける。 

ですがその時はすでに希望者が居たらしく、お迎えする気もありませんでした。

 

 

 

【後押し】

 

2007の2月中旬:衣装だけお譲り頂き獅遠に着せてウハウハ。 

だけど服を着せて、パーフェクトカタログ3を読み返していると何故か焦セシルが目に付く。 
「焦げはちょっといいかも・・・」初めてセシルに深く興味を持つ。 

 

パーフェクトカタログってもう新刊出ないんですかね

フルチョ促進のためにもドンドコ出してもいいのにね


だが、セシルは人気と聞く。相場も跳ね上がってるに違いない。 
分かりきってたことなんで、相場を調べる事もすること無いまま此処で虚木をお迎え。 

虚木が来たおかげで、焦げセシルもいつの間にかすっかり忘れてしまいました。 

セシルを忘れて約一ヶ月近くの2007年3月上旬。 
掲示板を見回っていたら、セシル服をお譲り頂いたカートに再び辿り着く。 

この当時、海外っ子(LUTS)のサンライトのデルフ・エル(EL)少年にかなり熱を上げてて
サンライトっ子に興味が強くなってました。 
でも、海外少女もお迎えしたい子が居て海外通販の経験が無い自分にお迎えを踏み切る勇気が出来なくズルズルと引き摺るばかり。

 

この頃は海外フィーバーだったなぁ。あっちこっちフラフラ見てました。

 

 

 

【手続き】

 

海を越えるか越えないか悩む中、そのカートをぼ〜っと見ているとあの焦げスカセシが居る。 
二ヶ月前近くのがまだ残ってるのかとか思い、フと見たら…… 

あれ?待て、何かお譲り可能になってる!? 
そうか、そうか!!!
前が来たときの希望者が何らかの形でキャンセルしたのか……! 


……… どうする、どうするよ?

傷メイク厄介そうだよ ⇒ 何とかしろ。 
セシル幼い顔だよ ⇒ 上等だ。 
海外っ子どうするの ⇒ 無論それも頑張るさ。 
セシル興味ないんじゃなかったの? ⇒ 前言撤回。 


今はメイク問題より、早めに終了してしまった下取り交換が心配です。



……神様、私の右指にクリックする勇気をっ!! 


……… 

「オーダー完了、自動メールを指摘先のメールアドレスに送信しました」 




や、やっちゃった……ついにやっちゃった…。 

 


 

【到着】

 

運悪くも取引にまた土日を挟んでしまい。 
金曜日の最終便で発送していただき、彼をドキドキしながら待つ。 

その間に相場をちょちょっと調べる
……………どうやら私は運良かったらしい。

 

当時のプレミア価格と比べれば、だいぶ良心的な価格で譲って頂けました。

 
これもどうやら君とご縁があったと考えていいんだよね。 
そんなこんな「運命の子…ムフフ(笑)」とか自惚れている間に日曜日。 
郵便屋さんが来た。 

空翼や虚木の時みたいに"変な人"と視線を向けられないように、おしとやかに静々とお出迎え(笑) 
そして配達員が去ったのを完璧に確認してからイヤホオオオオウ!!!!! 

おまえ配達員からの印象めっちゃ気にするやん(二回目)


早速ずっしり重い箱をお部屋に運ぶ。 
その途中、どうしても居るかどうか確認したくて箱を横に振ってみる(笑) 
ガコガコと音がなってウフフフフ、頬ずりスリスリ (´U(ノ■←セシル入り配達物 
(あの時の私はきっと心底幸せそうな顔をしていただろう……) 

 

トラブルの元になるので絶対に真似しないでください

お部屋でいざ開封。 ドキドキ震える手を布団にかけ足をチラ。 

……ああ、何か妙な方向に足が向いとる!!(笑) 
斜めに寝てたのはきっと振ったのが原因ね(; ・`∀・´) 


当時の汚部屋での画像が残ってました。


  


初対面。 

 

 

 

 

ウィッグがない状態だったので

彼はトニー(獅遠)のデフォウィッグをしばらく愛用することになります。

 

 

 

中二病ェ~~~!!!!!!!!の癖に、背景ダンボールって言う・・・

この頃は、お土産屋によくあるような日本刀を剣代わりに持たせてました

 

 

 

思い返すと一度も眼帯つけたことがない

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

虚木に関するお迎え話。

当時のテンションの痛々しさも味として残しつつツッコミ修正を入れて再録。

 



執筆:2007/02/26 → 修正:2017/11/21
 

 
【きっかけ】
獅遠をお迎えし、到着を待ってる間の事。 
SDにすっかり魅せられて、サイトを回る日々。 

"あ!このお人形かなり好み……!"とドキッとする子には必ず"教室A"と記されている。 
はて?教室とは何ぞぇ?? 
分からないと言えども、今思えばこの頃から虚木の存在を考えていたのかも。

 
【後押し】
とりあえず調べよう。 
教室とは何か、どうすればいいのか。 

あっちこっちを駆け回り、分った事は不定期(?)開催されるメイク教室の限定販売品ヘッドだと知る。 
入手方法は教室に参加かワンオフ。 
教室参加はイベントが本州中心な上に抽選、しかもライバル多し。 
ワンオフなんて店舗すらないのにどう確認しろっつーの(笑) 

四国にボークス店舗がないの一生根に持つ勢い(笑)

後はオクかお譲り頂くか。 
その頃の私はオクは怖い!!との印象しか有らず。 
とりあえず教室は諦めろ、とその時の熱は終了。 

しかし、獅遠がきてからというもの教室Aへの思いは募るばかり。 
Aが来るなら絶対獅遠の知り合いにしよう! 
口悪ぶきっちょで友達の少ない獅遠に何を言われても「友達!」と言い張るような強い子。 

名前は、そうだな……余り見かけなくて、文字面がクールで綺麗と感じるモノ。 
私は間違った読み方をするとなかなか治らないタイプだから
読み方が分かりやすいほうがいいなぁ。 
ついでに覚えてもらいやすいの。 

お迎えする予定もないのにウンウン悩む。 
そんな時ふと目に付いた「虚」との漢字。 
うつろ?うつろ………うつろ、うつろぎ………虚木! 
よし、いつかこの子お迎えする時はかならず虚木にしよう! 

と決めた2006年10月、空翼のお迎え日。

虚木の計画は獅遠がお迎えしたときから始まっていたのです恐ろしや
 
【虚木手続き】
だが、一向にAをお迎えするチャンスが無いまま年が開け2007年2月。 
使うこともないだろうな〜とか思いながらも、念のため登録しておいたオク。 
私が利用している場所は某大手Yオクとは違い、利用する人が少ないです。 

今は普通にヤフオク使ってます。

しかも人形ジャンルでSDの単語が出る商品なんて、数えれる程。 

そんな時、何を思ったのか久々に覗いてみれば……… 
教室Aの姿が! 暫く迷ってから即落を使って一気に落札
少々定価よりお高めでしたが、Aならいいや!!と突っ走り性格が出る。 

最近、教室Aの出品が目に見えて減ってますね
教室やってないのかな?気のせいかな


初めてのオークションでオロオロ戸惑いながらもスムーズに取引は進む。 
次の日の朝には駆け込み乗車ならぬ駆け込み入金。 
落とした日の2日後には3連休が続いてまして……ATMで現金振込みを扱ってもらえるか不安だった。 
相変らず動くタイミングが悪い自分に呆れ凹む中、次の日には発送していただけて一安心。 

その二日後。 
うっかり空翼のときと同じように郵便屋さんを出迎えてしまい、再"変な人"として視線を向けられながらも受け取り証に判子を押す。 
その場で叫びそうだったが、部屋に戻るまで我慢我慢………。 

部屋に入ってドアを閉めた途端、全力声で「いやっほーーー!!」 
きゃほきゃほ騒いでたら数秒後「ヴロロロロ…」と郵便屋さんのバイクが去る音。 


………ま さ か。 



聞かれた? 
(※当時の部屋は玄関の真っ隣なのです) 


お前すごい配達員からの印象を気にするやん



そんなこんなで開封。 
ありがたいことに出品者様が丁重に包装して下さってました。 

教室Aを見た途端もう感動で感動で。 
驚いたのは、フタが磁石製じゃなかった事。 
だからちょっとの拍子ににガボーン!!って飛んじゃって(笑) 
(今はSカンに輪ゴム引っ掛けたり、低粘着テープで固定してます)
教室A⇒虚木
なんだ。 分かってたけど、教室Aお顔がデカイな。 

しかも首受けが憎たらしいほど深いです。

とりあえずふっくら的な頬をヤスリで削ろうと思ったが、失敗した時の事を思うと恐怖で手がすくむ。 
失敗なんぞ恐れたら、オーナーなんてやっていけるわけがないのに…… 
でも憧れの教室Aを来た日のうちにジャンクにしちゃったら…………怖い。 

初めてのカスタムは勇気がいるぅ~

とりあえず(二回目)……ちょっとメイクして散々遊んだ後に削ろう。 
男らしい眉を書いたことがなかったので、ビシッとしたゴツいのを練習。 

さすが教室ヘッド!獅遠に比べてかなりメイクのテンションがいい。 
楽しくビシバシ描く。

それでも出来は酷いものでしたが、当時は自分でメイクをするという事に意味を見出していた。

数日後、ついに削りの決心をする。 
ゴリゴリしゃすしゃすと鏡を見ながら削るのはいいが、証明の光が真上じゃなかったんで影の具合で調整に手間取りました。 
その後、再メイク。 

ちょっとキザ的なナイスガイにしたい……と考えたものの、理想と現実は違う。 
でもリアル系ヘッドなだけあってちょっとは誤魔化しが効くらしい(笑) 


その後、かめきちが虚木に言った「色魔」の一言で彼の立場が決まる。 
乳臭い我がサイトにエロスの風を吹き込む大切なお色気君として立場が固定。 

正直、虚木の存在が確定したことでエロスと共に、 
押さえ込んできた腐要素が掘り起こされそうで不安がいっぱい。



ここで虚木ビフォーアフターを見てみましょう

 

アフターの画像もちょっと古いな・・・

2007年 → 2014年

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image1.jpeg

 

あのメイクからどうも印象が濃すぎるなってリップだけ直しました。

褐色肌は今回初めてのメイクでにっちもさっちもいかない状態だったのですが

意外と色彩の強めの赤がうまく馴染むのが以外でびっくり。

ノーマルだと強く出過ぎてあまり使わないパステル塗りました

 

 

褐色+白アイラインはだいぶ性癖であることに気がついてしまったので

今後メイクいじるとしてもこの辺はしばらく重視されます

 

 

 

 

アイホールが大きくて使いたいアイと色と白目のバランスとの折り合いが難しい。

 

 

 

 

お気に入りの一枚。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

メイクラッシュで虚木のメイクも直しました。

我が家のリーマン系(スーツ服)担当でありながら17ボディになってからスーツを失い学生服でごまかしていた虚木。

10月のドレスで17スーツが出たのでようやく彼のアイデンティティが復活しそう。

 

 

虚木もメイクの焦点基準がまた難しい子。

薄すぎず、濃すぎず、硬すぎず、派手すぎず。わがままかおまえ

眉線は必ず描かなきゃいけない!みたいな固定概念が無意識にこびりついてたんですが

今回は思い切ってパステルのみの眉にしてみたら雰囲気が柔らかくなって良さげ

 

 

私の出す茶色はどうしても黄色みが強くなってしまうので意識してこコゲ茶を出してみました。

茶色にね、黒を混ぜるとコゲ茶になるんだけどね・・・

私の領分だと黒メイクの粋になっちゃうのね・・・

 

今回の眉毛ぐらいのコゲ茶をいつも出せるようになりたいなぁ

 

 

さてお気づきでしょうか

17ボディになってなお、首に挟み物を愛用しているのを・・・

首元が出ている服なら気にならないんだけど、襟がある服だと17ボディでも違和感を感じたので挟んでます。

教室Aの首、ホント罪と首皿の造形深すぎ

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

十年前、覇夜斗をお迎えした時に私は腹をくくりました。

「彼は特殊メイク、メンテナンスは特殊」だと。

 

故に、メイクを気分によって変える!なんてことが気軽にできなかったのですが

メイクラッシュの波が来てて、思い切って落として自前にしました。

 

 

褐色だから、最近流行りの色まつげやらホワイトラインが栄えるだろうなって思って

我慢できなかったんだ!

白まつげは染Q+ポスカで着色したお手製です。ここは四国や(

結局メイクが終わった後、ボークスでドレス買ったついでに頼んじゃったんですけどね

 

 

 

ご存知の通り、覇夜斗はファンタジー側の人間(+獣)なので異色感を出していきたいのがこだわり。

他の住人たちとはまた一線別の発想をしてかにゃならんのですが

少し魔王感が出てきたと思ったのは、夕暮れのせい?

 

 

 

メイクミスを恐れて過剰にパステル定着スプレーを吹きすぎて

トンカツ感もすごかったのでつや消し気持ち多めに吹き足そうかな

 

傷メイクって恐ろしいものと思ってたもんだが(塗装力の問題で

そこまでひどく見えるもんじゃないもんですね。これから彼もちょくちょく手入れしていこう

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

実は津笠の直前に空翼のメイクも直していた。

津笠のメイクが比較的楽に感じたのも、空翼のお陰でナチュラルを意識できたおかげかも。

 

 

 

空翼はヘッドを下取り交換に出すまで、ガチのデフォメイク勢代表格みたいな子だったので

ちょっとでも方向性を間違えると、途端に求めていない雰囲気が出てくる難しい子。

 

頬にDDカスタムでよく見る「まろやかハイライト」(勝手にそう読んでいる)を入れてみたりしました。

・・・ショタ感ってどうやったら出せるんだ!?

 

 

私の画像補正は、自分の好みの問題で暗めなので明るめにしてみた図。

しかし空翼といえば、青いアイだなぁ。これ以外考えられなくなってる。

とりあえず空翼の!まなぶの二重は大事!二重さえ死守してたらなんとかなる!って二重を死守した。

はみ出しや歪みの修正に修正を重ねるから、すぐアイライン濃くなるんだもの・・・

チーク、結構ムラがあるけど補正画像だと綺麗に見えるますね。十年前では考えられない。すぎょい・・・

 

 

 

そういや、空翼の設定に「趣味はカメラ」が足されました。

結構前にカメラのミニチュアのガチャガチャを見つけたので回してみたら

ドールに丁度いいサイズで感動して足されました(

特にMSDの手に少し持て余す感じ、すごく不釣り合いで可愛いのこれが~

 

設定的には、六花の双子の弟の趣味がカメラで彼が使わなくなったお古のカメラを六花経由で譲り受けたのがきっかけって事になってます。

親友の獅遠が問題児モデルなのを横で見てきてるので

これを機に将来の夢として目指してたら可愛いなって。

 

・・・しかし、引っ付き虫(粘着剤)がお仕事しなくて持たせるのが難しいんだよね。

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。