だいぶあったかい日も増えてきた今日この頃。

 

来週、個人面談が控えています。

 

何を話そうかなー

 

通級のことと、取り出し授業のことを聞くのは決まってるけど、

 

それ以外はどうしようかな。

 

と思っていたときに、同じような息子さんを持つかたのブログに出会い、

 

さっそく記事を読ませていただいた中に、息子の取り扱い説明書を書いてみる、

 

というのがあったので、

 

これだぁーーーーーーーーーーーーーーー

 

と思い、さっそく参考にさせていただくことにしました。

 

あっぴー様、ありがとうございます<m(__)m>

 

*****************

 

改めて考えてみる。

 

息子の特性・・・

 

というか、1年生でつまづいたのは

 

後期のカリキュラムにある、グループ学習。

 

班に分かれて、本を読み、感想を書き、グループ内で感想を言い合い、

 

友達の良いところを見つけたり、見つけてもらったり。

 

班のメンバーや人数はその時々で決まっておらず、

 

何人かでランダムに集まって、拾ったドングリを使って何を作るか話し合って

 

協力して決めたものを作る、とか。

 

先生が決めるのではなく、子供同士でグループを作ったりもしていた?

 

・・・っていうか、1年生なのにだいぶ高度なことをやるんだなぁ。。とびっくりしたものです。

 

息子は幼児期に療育を受けていたとき、グループの療育が必要だったにもかかわらず

 

どうしてもグループ療育のクラスに入れてもらなかったことで、

 

同年代の子供同士のコミュニケーション力が弱いまま成長してしまい、

 

そこが今息子の弱点となっています。

 

息子にとっては正直、興味のないことを聞いたり、思ってないことを言わなきゃならない場は

 

苦痛・・・なのかもしれません。

 

後期はけっこう立ってウロウロしてしまったりしていたようだったし・・・

 

わかる!私も興味のないことが頭に入ってこない人です笑

 

そう言って通せればいいのだけど、

 

でもそうも言ってられないようなのです。

 

2年生では、上記のような教室内でのグループ学習のほかに、

 

グループで街探検をする、というカリキュラムがあるそうで、

 

先生がいないところで、班のメンバー同士協力し合い、

 

新しいこと、ものを発見して、それをほかの班のメンバーや先生に発表するのだそうです。

 

・・・できる気がしない・・・(;^_^A

 

かなり、かなーーーり不安です。

 

街の中で己の興味があることがあったら

 

グループ活動を忘れて一人でフラッといってしまうのではないか・・・

 

新しいもの、ことを発見したりできるのだろうか。

 

なによりも。付き合いが浅いクラスメートと、

 

班のメンバーとして協力しあうことができるのだろうか。

 

・・・不安しか浮かんできません(;^_^A

 

でも息子は息子なりに努力をしているし、

 

1年生の時よりも成長した部分もあります。

 

苦手だったこともたくさんできるようになったりしているので、

 

できるようになると信じたい・・・

 

けど、やっぱり先生には苦手だけどがんばることになる、という部分を

 

理解してもらいながら接してほしいなって思います。

 

ほかは・・・緊張しぃなのも言ったほうがいいかな。

 

幼稚園の時はなかった。緊張のあまりに泣いてパニックになってしまうこと。

 

後期に行われた校内音楽会という大きな行事のとき、

 

緊張してしまってパニック?なのか、泣いて体育館に入れない、

 

と先生に訴えたりしたこともあったようです。

 

状況やまわりの緊張感を察することができるようになった。

 

いろいろわかるようになった、成長の表れなのかもしれません。

 

いろいろ心配はあるけど、息子を信じるしかないなって思う。

 

先生にも、息子のことを信じてもらえたらいいなって思っています。

 

 

 

 

AD