固定観念を外す☆魅力を呼び覚まして生きる方法

日常ですぐ取り入れられる、気付きや学びをお伝えしています。
思い込みや固定観念はどんどん外しちゃいましょう☆


テーマ:

こんにちは!kazusaです。


暖かい日が続いてますね~。
もうトレンチコートもクリーニングに出しちゃおうかな?と思っています照れ

 

 

 

 正しいんだから良いことじゃないの?


さて、“何か引っかかる”ことを掘り下げるのが好きな私ですが、
ずっと「正しさ」について気になっていました。

怒りや不満の元をたどると、
「こうあるべき」とか「こうでなくてはいけない」「よかれと思って」という、
自分の中の「正論」に行きつきます。

そこから外れたことをされる→相手を責める
外れたことをする→自分を責める

逆に、正論を言われたときは、何も言えないです汗

「正しいこと」に沿っているのに、お互いに気分が良くないんですよねショボーン

 

 

 「正しさ」はやさしくない

 

 

そもそも、
正しいと思うことって人それぞれですよね。
受けた教育や、育った環境の違い、
更に自分の思い込みもあります。

ということは、極端な話
「あなたの考えは間違っている、私の考えに合わせるべきだ」
って言ってるのと同じ!?

(こういうとき、“私”ではなく“常識的には”という言葉が使われたりしますが、

更に責め感倍増な気がします)

 


正しいかも知れないけど、キビシイですよねゲロー

 


ジャッジされたと感じたら、相手もムッとくるかも知れません。

 

自分自身を責めた場合、

「ダメな自分」を潜在意識に刷り込むことになってしまいます。

 

 

 その状況をただ受け入れる


「正しさ」を前面に出している時って、かなり厳しい目線になっています。

「正しさ」はいったん脇に置いて、
ただ、そこにある事実を見つめてみましょう。

相手との考え方のギャップや、

自分の思い込みがあったでしょうか?

気付くだけでも、状況を受け止めることができると思います。


童話『北風と太陽』の北風のように、
力ずく(怒りをぶつける)ではなく、
太陽のように、相手も受け入れやすい解決法を見つけたいですねニコニコ

また、怒りそのものについては、
今回のお話とちょっとずれるので
また別の機会に書いてみたいと思います。


本日もお読みいただきありがとうございましたラブラブ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kazusaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。