本題の前にお知らせです

 

!)私のクリニック

  内覧会のお知らせを掲載しました

http://endoclinic.mamacaremail.info/posts/news5.html

内覧会では、4D超音波体験というイベントを企画します

妊婦さんに実際に4D超音波を経験して頂き

さらにその動画を電子カルテサーバーに保存して

その場でスマホで何度でもみる事ができるという・・

 

世の中技術が進みましたなあ

 

あっ・・

うちのクリニックは4Dも動画保存も

全ての妊婦健診でやるよ

宣伝宣伝・・

 

希望者が多い場合は抽選になりますが

興味ある人&近い人は

是非

 

4D超音波希望登録フォーム

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSdnudm

 

2)WEB予約がスタートしました

開院に先駆けて

仮IDでもう予約ができる状態になりました

 

是非是非予約して下さい

ダウンダウンダウン

http://endoclinic.mamacaremail.info/custom.html

 

前回の記事を書いて

色々と思い出していたら

すっごい貴重な経験をしていたんだなあ

と改めて実感

 

コウノドリ17巻感想

ダウンダウンダウン

http://ameblo.jp/kyusan0225/entry-12259128328.html

 

自分の経験は10年前の事なので

現状とは異なるかもしれないけれど

思い出を綴っていきます

 

まずはどんな施設だったっけなあ

と画像を検索してみたら・・

 

なんと

HPがある!!

小笠原村診療所HP

http://www.ogasawaraclinic.jp

 

なんかHPも綺麗だし

施設がすごくキレイだ・・

 

き・・

記憶にない・・

 

最近自分の記憶力が

どんどんなくなってきているのを

相当自覚しているので

ドキドキしながら

HP詳細を確認・・

 

小笠原村診療所は、施設の老朽化に伴い新たに介護施設を併設した複合施設として平成22年に建て替え、同年5月より新施設にて運営しております。

http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/iryou_sinryojo/

小笠原村公式サイトより

 

なんと!!

 

全く別の施設になっておる!!

 

ウーーム

昔の写真あるかなあ・・

探してみよう

 

おお!

あった!!

 

昔持って行った一眼レフでとった写真

さらにスマホで撮り直しているので

画質かかなりアレですが・・

 

おがさわら丸の船室内

 

高台から眺める事ができる小笠原港

 

小笠原を研修した研修医で

代々受け継がれている自転車

(よくみると名前がついてるぞ(笑))

 

懐かしいなあ

次も写真を紹介しますね

 

さて

 

なんか相当近代的な施設になっているので

注釈を入れよう・・

 

注)10年前のお話です

船から降りた後

村の役員さんに車で送ってもらい

 

診療所のスタッフさんと

研修中お世話になる

先生たちと顔合わせをした

 

当時の院長は

私たちの大学の先輩で

脳神経内科の先生

 

そして

小笠原は東京都ですので

都立病院から

ヘルプ&実習のため

医師になってから5年目くらいの

先生がいわゆる指導医として

色々な事を教わることになった

 

この2人の先生は

超絶良い人達で

本当に最高の経験をさせてくれました

 

もちろん当時の私は

研修医であって

戦力になるはずもなく

見学だけのお客様的存在だったのですが

 

2人の先生が

お父さん・お兄さん

的な存在となってくれました

 

小笠原村の人口は

2000人

 

診療所は1つ

 

医者は2人(研修医は戦力外)

 

2人の医師は

交互に夜間オンコール体制を敷き

島の医療を支える

 

そんな環境でした

 

さらに小笠原村というのは

実は若者がかなり多い地域

https://ja.wikipedia.org/wiki/小笠原村

なのです

 

そのため

妊婦さんも結構いらっしゃいました

 

妊婦健診は

脳神経内科の先生と

都立病院の先生が超音波をやって

 

一定の週数を超えたら

全員本土に移動する

 

小笠原では出産ができません

 

妊婦さんが

24時間船に揺られて

本土に移動するというのは

相当な負担ですが

できる限り安全な医療

を提供するには

致し方ない面もあるのです

 

ご存知の方も多いかもですが

当時(研修医時代)は

産婦人科への入局は

全く選択肢に無かったのですが

 

今思い返してみると

妊婦さんの超音波を習ったのは

 

実は小笠原村診療所だったんだなあ

 

なんとういうか

感慨深い・・

 

昔は本当に何もできなかったけど

今だったら小笠原村の医療に

多少なりとも協力できるのになあ

 

と思います

 

1ヶ月間

先生たちの仕事を見ていたんですが

 

本当に何でも屋でした

 

・風邪ひいた

・妊婦健診

・怪我した

・骨折

・腰が痛い

・喘息

 

どんな訴えに対しても

なんとか対応しなくてはならない

 

時には参考書片手に

時には以前診療所で研修した

後輩の医者に電話したり

 

最低限の治療を

なんとかやっていかなくてはいけません

 

印象的だったのは

レントゲン撮影やCT撮影も

自分たちで設定して検査する

 

大人のレントゲンは

規定設定値通りで

だいたい診断が付く程度の写真は

撮影できるのですが

 

子供の場合は難しい

 

成長によって

脂肪の量や体格が異なるので

 

レントゲンの設定が

なかなかベストな値で決まらない・・

 

しかも今と違って

デジタル化したレントゲンでは無い

 

1)レントゲン撮影して

 

2)暗室で現像して

 

3)フィルムを確認したけど

  上手く写っておらず

 

この作業を何度も何度も繰り返して

やっと診断が付けられる

 

こんな経験は

後にも先にも

得ることが出来ないと思う

 

さらには

小学校の予防接種も

もちろん院長の仕事

 

だって他に出来る人がいないから

 

4月だったので

小学校の予防接種にも

同行しました

 

実際私がBCGも打った・・

 

その時の

先生からのアドバイス・・

 

「痛そうに見えるけど

 

手加減しないで下さい

 

心を鬼にして下さい」

 

以上!

 

貴重な思い出が

次々溢れてきます

 

次回は

救急搬送の思い出

を語ります

 

特典動画は

こちらのフォームから

ダウンダウンダウン

 

きゅーさんの病院HP

http://endoclinic.mamacaremail.info

 

きゅーさんに聞きたいこと

限定動画も公開中

https://lounge.dmm.com/detail/184/

 

宣伝一覧のページはこちら

http://ameblo.jp/kyusan0225/entry-12178930012.html

妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと 妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと

1,296円

Amazon

 

 

妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと【電子書籍】[ きゅー ] 妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと【電子書籍】[ きゅー ]

1,296円

楽天

 

きゅーさんへのお仕事依頼はこちら

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTjEvkom

 

Twitter

https://twitter.com/kyusan_obgy

 

きゅーさんの本当に伝えたいこと別サイト

http://kyusan.mamacaremail.info

 

物置サイト

https://kyusan0225.amebaownd.com

AD