何と無資格の医師が

人工妊娠中絶という

高度な医療を行ったせいで

若い健康な女性の命が奪われた!

 

マスコミの

ミスリーディングには

ほとほと嫌気がさす

 

自分が目にしたのは

NEWS23の

雨宮さん

 

「信じられません

無資格で手術を行って

しかもミスをするなんて!」

 

まるで

論点が整理されていない

素人丸出しの意見を

公共の電波で

堂々と発言する

 

少なくとも

中絶とはどんな処置で

どんな法律の下に

私たちの国で行われているのか

きちんと理解した上で

報道をしてほしい

 

しかも

現在判明していること

判明していないこと

をきちんと分けた上で

自分の意見を言ってほしい

 

そうしないと

今回の事件

一体どこに問題があるのか

誰も判断できないでしょうに

 

ただ

すでに世論は

ミスリーディングによって

冒頭のイメージが

相当浸透してしまった模様

 

一応微力ながら

ブログで、母体保護法や

中絶手術について

一回きちんと解説します

 

あっ・・

ちなみに前置きするけど

 

水口病院を擁護するつもりは

微塵も無いです

怒り

 

流産手術と中絶手術って違うの?

子宮内容除去術と言って

子宮の中を

吸引器で吸い取ったり

鉗子やキュレットという

スプーンみたいな器具を入れて

掻き出す手技です

 

胎児(芽)が亡くなっていれば

流産手術

 

生きている時に処置すれば

中絶手術

 

やっている事は

一緒です

 

ちなみに

子宮体癌の精密検査でも

ほぼ同じ処置を行います

 

報道では

中絶手術が

資格が無いと出来ない

高度な手術で、

無資格医が

勝手にやったから事故が起こった

 

のように

説明しているけど

 

処置自体は

産婦人科領域では

高度な部類とはいえません

そうなの??

 

10分程度の処置時間

静脈麻酔はするものの

人工呼吸や挿管は必要なし

 

入院設備が無い施設でも

十分対応可能な処置です

 

事実

流産手術自体は

産婦人科に入局したその日から

習得しないとならない処置の一つ

 

帝王切開術や

お産の緊急時に行う

鉗子・吸引分娩よりも

はるかに早く習得する技術です

 

むしろ

一定の流産手術経験がないと

産婦人科専門医にもなれない

 

つまり

産婦人科医なら

できて当たり前の処置

 

わかった?

マスコミさん

 

もちろん

医療処置を行う以上

リスクは避けては通れません

 

合併症例)

薬の副作用

静脈麻酔を行いますし、

子宮収縮剤を使用するので

薬のアレルギーなどが起こる可能性あり

 

子宮感染

子宮の出口から

逆行性に器具を挿入するため

細菌感染が起こる事がある

 

子宮穿孔

器具を盲目的に入れるので

子宮に穴が開くことがある

穴が開いた事に気付かずに

腸管損傷した場合

腹膜炎を発症するケースも

稀にある

 

などなど

ただ、

通常の全身麻酔の手術に比べると

はるかに危険度は少ない

死亡事故となるケースは

非常に稀

 

一体何故

この処置が

中絶手術になると

資格が必要になるのか?

 

その理由は

技術的な観点よりも

中絶を行う医師が

法律的な部分をきちんと理解し

適正に中絶症例を判断できるか?

を問うためのものだからです

 

それが

母体保護法

であって

 

資格を有する医師が

母体保護法指定医

というわけ

 

母体保護法とは?

不妊手術や人工妊娠中絶、家族計画指導

などについて定められたもの

 

特に重要なのが

人工妊娠中絶についての取り決め

 

日本国憲法において

第213条〜215条において

堕胎(中絶)の禁止が記載されています

 

つまり日本では

堕胎は原則禁止

されているのです

 

その例外法として

規定されているのが

母体保護法

 

特に重要なのが

母体保護法第14条

ダウンダウンダウン

日産婦誌59巻3号  診療の基本 A Standard for Medical Care and Clinical Practice

母体保護法 より引用

 

14条に該当する場合は

中絶を行なっても

堕胎罪に問われ無い

というものです

 

しかしながら

第14条があるからといって

そこら中で中絶が

正当化されてしまっては

無法地帯になってしまいます

 

そのため

母体保護法指定医

が原則行うことが

規定されているのです

 

母体保護法指定医は

医師会からの審査・承認を受け

資格を得ることができて

 

2年ごとに更新

毎年の講習会参加が義務

 

さらに

毎月行なった中絶について

件数、各症例の中絶理由について

きちんと記載し、報告する義務があります

 

中絶を行う際の同意書

 

http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/TAISAKU/KARUTE_PDF/PDF/typeC/C-(02).pdf#search='中絶+同意書+産婦人科医会'

 

先ほどの

母体保護法指定医の審査する

トップである産婦人科医会から

同意書の雛形が提示されています

(リンクで見ることができます)

 

中絶を行う際は

・母体保護法第14条に該当する

 

・処置の方法や麻酔について

説明を受けること

 

が必須で

同意書にもその旨が書かれています

 

同意書にサイン(原則本人とその配偶者)

した時点で

本人達も母体保護法第14条を

理解したと表明したことにもなります

 

さて

ここまでが

母体保護法と中絶について

基本的な説明

 

では一体

今回の事件の問題点は

どんなところなのでしょうか?

 

①母体保護法はきちんと守られていたのか?

水口病院の

プレス発表を見ると

 

稽留流産では無く

人工妊娠中絶を行なった

 

とはっきりと書かれています

 

しかしながら

報道を見ると

 

胎児が育っていないと

説明を受けていた

 

やむを得ず

中絶に同意した

 

いずれも

原告側の話なので

事実関係がよく分からないけど

 

妊娠8週前後で

胎児が育っていない

と説明する状況は

 

少なくとも私の場合では

稽留流産の場合しか

想像がつかないし

 

例え無頭蓋症といった

大きな奇形があったとしても

 

この週数で診断し

処置を勧める様な事は

まずしない

 

胎児が育っていない

→中絶をした

 

という時点で

相当納得できない

 

さらに

母体の心臓や腎臓の

重症合併症があって

妊娠継続が難しい場合なんかを除いて

 

基本的に医師は

中絶を勧める立場には無い

 

はずなんですよね

 

その辺を考えると

水口病院の

中絶に対する判断は

母体保護法に

準じているとは

とてもじゃないけど

思えない

 

さて、

中絶の判断については

もう一言訴えたいことがある

 

母体保護法においては

胎児適応での中絶は

全くもって認められていない

 

という事

 

14条には

胎児なんて言葉は

一言も記載されていない

 

そう

違法なんです

 

おそらく病院側は

中絶理由は

母体適応(健康的理由・経済的理由)

で報告していると思います

 

この点については

以前から説明している様に

母体保護法のグレーゾーン

 

もはや

それが通常の事

 

母体保護法を

厳密に適応していたら

日本で18万件も

中絶は行われていない

 

それが本音と建て前

 

でもね

旦那さん

確かに奥様が

思わぬ形で亡くなってしまって

 

おそらく

司法解剖を行っても

中絶処置との因果関係が示されなくて

とても悔しい気持ちで

告訴をしたんだと思うけど

 

胎児適応で中絶した

 

といった内容を

公言するのは

どうかと思う

 

先ほど説明した様に

中絶同意書には

配偶者のサインも必要で

第14条に基づいて中絶する

とはっきり表記してある

 

もちろん病院側は

胎児適応での

中絶を判断した事が公になって

母体保護法を

きちんと運用しなかったことが

晒された訳だけど

 

旦那さん側も

堕胎してはいけない状況で

堕胎に同意した

 

事を公言する訳で

最悪自分自身も

罪に問われる可能性が

あるかもしれません

 

弁護士さんは

どう考えているのでしょうか?

 

該当医師と

刺し違えても良い

という心情なのかもしれません

 

まあ

すでに母体保護法に

はっきりと反している事は

明らかになりましたし

 

マスコミの報道を見ると

医者や産院共々

社会的にも抹殺される事は

目に見えておりますが

 

まあ

色々な角度から考えても

病院側が中絶として報告している以上

 

研修施設でも無いのに

指定医以外が処置をしている時点で

アウト

 

さらに

中絶を判断した経緯についても

母体保護法を

しっかりと運用していないのは

おそらく確実だと思うので

こちらもアウト

 

これだけは言いたい

母体保護法については

皆さんも重々わかる様に

 

大変デリケートな法律だし

運用する側には

相当の覚悟と理解が必要

 

現に

各医師会は

母体保護法を運用する上で

日々協議をしているし

指定医の資格を維持するために

出席が義務付けられている講義でも

 

その運用方法や

注意点は

かなり厳重に指導している

 

多くの病院や

産科医が

この指導に基づいて

デリケートな中絶を扱っているのに

 

水口病院の様な

ずさんな対応をされると

 

正直こちらが迷惑

はっきり言うよ!

真面目にやっている側が

迷惑する

 

もしかしたら・・

もしかしなくても

 

水口病院の様に

母体保護法を

ずさんに扱う施設は

まだまだ沢山あるかもしれないけど

 

その様な施設は

今回の事件を受けて

即刻対応を見直してほしい

 

真面目にやっている施設が

迷惑を被るので

 

②中絶操作を母体保護法指定医以外が行なった

もう完全にアウトです

 

先ほど説明した様に

研修施設でない限り

その施設で認可された

指定医が中絶を行うのが

大原則です

 

今回の告訴は

完全にアウトな

この事実から

攻めることにしたのでしょう

 

母体保護法の

指定医講習会では

指定医以外が中絶操作をしない!

と口すっぱく指導しています

 

本当にちゃんとやってほしい

 

あなた達が

中絶って報告した時点で

(意味深・・)

きちんと母体保護法に

のっとって対応してください

 

さて

今回の事件の

問題点は

 

実はここまで

 

記事の最初に

マスコミのミスリーディングには

ほとほと嫌気がさす

 

と言いましたが

 

③死亡と中絶との因果関係の有無

 

処置6日後の

鬱血性心不全による死亡

中絶処置

との因果関係は

まだ示されていない

 

しかも

結果的に

因果関係があったとしても

 

それが予見できたか?

防ぐことができたか?

 

については

別の議論が必要になる

 

その点を

ぶっ飛ばして

 

マスコミは

処置と死亡を

すでにセットで報道

 

いい加減

その報道姿勢

なんとかなりませんか?

 

中絶手術の

約1週間後に

突然イベントが起きる

 

さらに死因が

鬱血性心不全

 

パッとは

原因が想像つかない

 

先ほど説明した

手術のリスクで

腸管を傷つけて

腹膜炎になることがある

 

と書いたけど

そのケースだと

処置数日以内には

結構な症状が出るはずだし

 

あとは

血栓症が出来ていて

6日後にたまたま飛んで

肺に詰まったのか?

 

はたまた

薬の副作用なのか?

 

原因を究明するのは

かなり大変だと思う

 

しかも

血栓症や薬の副作用などの

偶発合併症は

中絶手術だけではなくて

流産手術でも十分に起こりうるし

 

例え私が

流産手術を行って

同じ合併症が起こっても

それを予期できるとは思えないし

救命することも出来ないかもしれません

 

報道する側も

訴える側も

訴えられる側も

そして報道を見る側も

 

母体保護法の適正施工

死亡と処置との因果関係

 

については

きちんと切り離して

推移を見守ってほしいと思います

 

最後に

思わぬ形で

命を落とされてしまった女性へ

ご冥福をお祈りします

 

特典動画は

こちらのフォームから

ダウンダウンダウン

 

きゅーさんの病院HP

http://endoclinic.mamacaremail.info

 

きゅーさんに聞きたいこと

限定動画も公開中

https://lounge.dmm.com/detail/184/

 

宣伝一覧のページはこちら

http://ameblo.jp/kyusan0225/entry-12178930012.html

妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと

1,296円

Amazon

 

 

妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと【電子書籍】[ きゅー ]妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと【電子書籍】[ きゅー ]

1,296円

楽天

 

きゅーさんへのお仕事依頼はこちら

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTjEvkom

 

Twitter

https://twitter.com/kyusan_obgy

 

きゅーさんの本当に伝えたいこと別サイト

http://kyusan.mamacaremail.info

 

物置サイト

https://kyusan0225.amebaownd.com

AD