2010-12-26 22:45:09

リリカ

テーマ:リリカ
リリカ
一般名;プレガバリン

リリカは日本では2010年4月に発売されている。疼痛系では画期的な薬と思う。最近発売のこのタイプの向精神薬は、リリカ、トピナのように国籍不明のアニメの女の子の名前の如きネーミングになっている。ラミクタールはそれほどではないが。とにかく名前が薬らしくない。

ラミクタール、トピナ、リリカは3姉妹といった感じでしょうか?

リリカの綴りは、Lyricaであるが、なかなか洒落ている。(yが入っているところとか)この3姉妹はかわいい名前だけでなく、驚愕する薬であることも共通している。

リリカはファイザーとエーザイで併売されている。エーザイは非常に社員待遇の良い製薬会社らしいが、ピンポイントで極端に売り上げる薬をいくつか持っている。ファイザーにとってリリカは世界中で膨大な売り上げを誇る主力商品の1つである。現在110の国と地域で承認されている。

リリカはカプセルの剤型であり脱カプセルも可能。長期服用しても鎮痛効果が減弱しない。

日本では25、75、150mg3種類の剤型がある、75㎎錠で167円。日本の当初の効能・効果は帯状疱疹後、神経痛治療薬とされ、疾患的に処方が非常に制限されていた。リリカは海外のガイドラインで帯状疱疹後神経痛の第一選択薬である。

リリカは実は帯状疱疹後神経痛以外の漠然とした慢性疼痛に有効であり、適応拡大が待たれていた。日本はドラッグ・ラグの問題が精神科以外でもしばしば指摘されており、そういうこともあるのか、リリカは平成22年10月中、適応拡大になったのである。帯状疱疹後神経痛だけではなく、「末梢性神経障害性疼痛」の効能・効果に変更された。

これは厳密に言えば、適応拡大と言うより適応の変更である。今は帯状疱疹後神経痛という効能自体が書かれていない(もちろん使えないわけではないが)。

リリカは電位依存性Ca2+チャンネルのα2δサブユニットに結合することによりCa2+の流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することで鎮痛効果を発現する。

リリカを処方していると、温和な気分安定化薬っぽい薬であることに気付くが、躁状態には効果があまりないように思われるので、これを気分安定化薬と呼ぶのはやや苦しい。さすがに。

リリカは穏やかな抗うつ効果持ち、また不安にも効果が高い。海外では末梢性神経障害性疼痛以外にも種々の適応がある薬の1つである。

リリカは実はガバペン系の薬であり、こういうことからも疼痛に効果があることがわかる。リリカは抗てんかん作用も持つのである。リリカとガバペンは同系統の薬であるが、服用しやすさがかなり違う。これは血中濃度の上がり方の相違も関係している。リリカはガバペンより副作用が少ないのである。

またリリカは肝代謝がなく未変化体のまま放出される。相互作用が少ないと言われている。この点で、少量であれば老人にも推奨できる。

リリカとガバペンは浮動性めまい、傾眠、浮腫などを主とした副作用を持つが、リリカの方がこれらの副作用が少ない。その理由だが、ガバペンは「血中濃度の上昇が線形ではない」ことが関係している。リリカは血中濃度は線形になっているのである。その分、副作用が緩和する。

リリカは効果が早期に出現し、患者さんによれば翌日から効くという。日本では、75mg2カプセル150mgから開始し600mgまで可能と書かれているが、当初150mgは多すぎると思われる患者さんがけっこういる。

リリカは25mgカプセルという腎障害を持つ患者さん向けの剤型があるが、この25mgカプセルはかなり便利である。老人であれば、25mg1カプセルから開始するくらいの慎重さが必要と思う。なぜなら、いきなり150mgから開始すると転ぶからである。

老人では25mg1~2カプセルで十分という人がけっこういる。(薬に弱い広汎性発達障害の人も同様)

リリカがどのようなメカニズムで、向精神作用を持つのかは謎である。リリカは広汎性発達障害系の人に使うと体がかなり動くようになり、ひきこもりが改善する人たちがいる。また全般性不安障害にも有効なので、この点でも広汎性発達障害の人にも良い。

しかし、不思議に思われるのは、うつ状態や全般性不安障害に有効なくせに「パニックを悪化させる」人がいること。この点は少しブプロピオンに似ている(ブプロピオンは抗うつ剤だが不安には効果が乏しい)。あまり自信がないが、体を動かせるようになることはひょっとしたらドパミンに関与しているのかもしれない。実際、僕の患者さんでパニックを悪化させるために中止した人がいる。

リリカを使っていると、痒みも痛みも一緒というのが良くわかる。ある患者さんは足の原因不明の疼痛と全身の痒みに悩んでいたが、リリカを少量服薬することで魔法のように症状が消えた。どこの病院でも治らなかったが、うちの病院で初めて良くなったと言いとても喜んでいた。実はこのおばあちゃんの娘さんを治療していて、症状が非常に似ていたため、呼び寄せて処方したのである。彼女によると、リリカをやめると、胸が非常に痒くなるらしい。

リリカは慢性疲労症候群にも有効である。特にリウマチないし、リウマチではないがその家系であり、疼痛よりもむしろ慢性疲労やうつ状態に悩んでいる人たちに非常に有効なことがある。ガバペンより服用しやすく、トレドミンより頻脈などの自律神経系副作用が出にくいのが良い。まさに遂に救われたといったレベルで改善する人もいる。

その点で、リリカは「神の薬」と言う人もいるほどである。(クリスマス風に・・)

リリカには眠さという副作用があり、これを飲むと眠剤が必要ないと言う人もいる。このような人はリリカは寝る前に服用するのが合理的である。

一方、リリカを飲むと非常に活発になり、頭がはっきりして夜眠れなくなるという人もいる。こういう人は朝、服薬するのが良い。これは服用してみなければわからないものである。

リリカの欠点はトピナと同様、時に認知に悪影響を及ぼすことである。一瞬の判断の鈍さや物忘れの多さなどが出る人が意外にいる。この点でもリリカは少量から開始すべきだし、添付文書の150mgから開始というのはあまりにも過激である。

リリカは車やバイクの運転は最初、どのくらい影響が出るか見極めるまで止めておくのが良い。僕の患者さんでたぶんリリカのために車の自損事故を起こした人が3人もいる。

例えば、交差点に入り右折する時に、対向車線の車の速い流れをやり過ごす際、早い判断でさっと右折することが難しくなったりする。ちょっと危ない感じを意識されるのである。

ある患者さんはあっという間に、ガードレールにぶつかったらしい。リリカは一瞬意識を失ったりはしないが、判断が遅くなるのである。

自転車などではリリカの2つの認知・運動面の悪影響を感じられる人もいる。リリカ服用中に自転車に乗っていると、ややふらつくと言う。これはリリカの運動面の副作用である。また併せて、判断の遅さも感じると言う。この人はまだ若く隔日で25mgだけ服用。あまりにも精神症状の効果が大きいため、少量だけ服用している。

リリカは2010年10月に適応が拡大され今後、整形外科、内科、外科を中心に爆発的に処方されるようになるだろう。だからこそだが精神科以外の医師も、患者さんへこれらの副作用の注意喚起を十分にしてほしいと思っている。一般科では精神症状の影響について、精神科医ほど意識されないからである。

リリカについては、もう少し時間が経ってからエントリをアップしようと思っていた。しかし、メールでの質問がけっこうあることや副作用について知ってほしいこともあり急遽、年内にアップすることにした。

他、リリカは「肥満」の副作用が出やすい。ここが認知に悪影響を及ぼすトピナとの決定的な相違である。リリカはとにかく甘いものがほしくなると言う人が一部にいる。

真の慢性疼痛の人たちはうつ状態も伴い、痩せている人が意外にいる。彼ら(彼女ら)は食欲が改善することは非常にメリットになる。しかし精神症状が改善してくると、食欲増加、体重増加がデメリットとして意識されるようになるのである。

なおリリカの催奇形性リスク(FDA)はCである。

【C】
動物生殖試験では胎仔に催奇形性、胎仔毒性、その他の有害作用があることが証明されており、ヒトでの対照試験が実施されていないもの。あるいは、ヒト、動物ともに試験は実施されていないもの。注意が必要であるが投薬のベネフィットがリスクを上回る可能性はある(ここに分類される薬剤は、潜在的な利益が胎児への潜在的危険性よりも大きい場合にのみ使用すること)。

ラミクタール、トピナ、リリカ3姉妹についての簡単なまとめ。

体重
ラミクタール;中立。少なくとも増加は稀。
トピナ;一般に減少する。食欲や過食が軽減。効果がない人もいる。
リリカ;しばしば体重増加、過食が出る人もいる。

認知
ラミクタール;改善することが多い。
トピナ;時に認知に悪影響。健忘、判断の遅さが出る。
リリカ;トピナに似ている。時に認知に悪影響。健忘、判断の遅さが出る。

疼痛

ラミクタール;ある程度有効である。リリカに比べると弱い。
トピナ;ある程度有効である。リリカに比べると弱い。
リリカ;傑出している。驚愕するレベル。

うつ状態
ラミクタール;特に双極性のうつ状態に推奨できる。単極性でも有効。
トピナ;うつ状態を改善する確率は下がるが一風変わった改善効果を持つ。
リリカ;温和なうつ状態改善効果を持つ。

ひきこもり
ラミクタール;敏感性などの緩和。抗うつ効果などを通じて有望な薬物。
トピナ;ラミクタールと効き味が異なる。敏感性などの緩和。有望。
リリカ;抗うつ、全般性不安障害などの効果を通じ治療的である。

広汎性発達障害の種々の症状
ラミクタール;有望(過去ログ参照)
トピナ;有望(過去ログ参照)悪化にも注意を要す。
リリカ;不思議なかかわり方で、良い人がいる模様。

中毒疹
ラミクタール;10人に1人くらいは中毒疹が出現。初期数ヶ月は慎重投与。
トピナ;かなり中毒疹の確率は低い。稀に見る程度。(経験上、1名)
リリカ;かなり低いのではないかと思われる。僕は経験なし。

これは実は「近所のおじさん(4)」の続きのエントリなのだが、「リリカ(5)」のタイトルは5と言うのが意味不明で誤解を招きかねないので、独立したエントリとした。これはあの一連のエントリの補助的なものと考えてほしい。このためテシプールはテーマを廃止し、「向精神薬」に移動している。(アメブロのテーマ数は有限なので)。

参考
ラミクタールのテーマ
トピナのテーマ
広汎性発達障害のテーマ
AD

コメント

[コメントをする]

29 ■「症例」2

略歴
1971年生まれ。
中小企業の運送会社の長男として生まれ育つ。
年上の者にも敬語を使わないというような悪癖が付き、周囲からバッシングされるが、ストレスで、「休みたい」ということで精神科に入院する。
お山の大将的性格に変化はなく、一生休みたいということで、現在札幌の精神病院に住んでいる。
病名は統合失調症になっているかもしれない。





略歴
1976年生まれ。
親は夜逃げした中小企業の社長。
箸すらまともに持てない。
中卒後、職業訓練校中退、定時制高校中退。
親が社長だったせいか、話ばかりは大きく、「俺、新宿のビルで働くんだー」とか言う。
「治療」しようと思った親族が精神科に強制入院させるもの、「アルジャーノン薬」みたいなものがあるわけもなく、精神障害ということで年金を受給できるようになるが、母親が管理していたら、「年金でベンツが買えるはずだ」とか騒いで再入院になる。


30 ■Re:皆様

>(さ)さん
犬儒@編集者さんのウェブサイトを見てきました(名前欄が青いときはリンクになっているのですね)。
御意見拝承。委細承知。

厨二病や本当の自分探しといった
数々の試練を克服してこその
不惑だと思います。
犬儒先輩、そろそろ本気出してください。

31 ■Re:Re:皆様

>通りすがりさん

 なんでしたら、「なんでもありの犬儒学派的掲示板」にご発言ください。
 東京の人とかは、おおよそまず人を外見で判断して、次に言っていることがまともかどうかで判断して、ポテンシャルは最後に見ますね。
 医学者の中井久夫さんは、「田舎の人は頭が悪く見えるので注意するように」と書いていました。

 適切な病床数の計算法ですが、生涯罹患率0.8~0.85%を人口にかけて、患者さんが一生で1年利用するとしたら、もろ平均年齢で割ればいいです。
 名寄盆地は減りましたが、旭川はまだ多いです。

32 ■Re:Re:皆様

× 平均年齢
○ 平均寿命

33 ■『暁』より

 僕はあまりテレビを観る習慣はないが、病棟のホールのテレビは知的障害者にも思われるおじいさんが、意味わかるのかわからないのか、新聞も見ないでチャンネルを選んで、血走った目で見ていたりする。ニュース解説の単語の意味がわかるのだろうか、いぶかしまれる。
 僕の父親の世代でも、ニュースの意味がわからないでもNHKの難しい番組を観たりする習慣がある。
 血走った目の肩がいかったおじいさんは顔を前に突き出して、コマーシャルも食い入るように観る。
 別の、前入院したときにもいたおじいさんは顎をがくがくさせながら舌を痙攣させて出したり引っ込めたりしている。おまけに貧乏ゆすりまでしている。「院洗」の作業療法の白い服を着っぱなしだ。院洗とは病院内の洗濯物を処理して五時間ほどで七百円ほどの収入になる作業療法だ。
 中年のまともに受け答えできない人が前からいたが、テレビの前に座ってはまた離れて落ち着かない様子で病棟の廊下を行ったり来たりしたと思ったらまた座ってしばし口を開けてテレビを観ている。
 テレビも何も観ないで廊下を行ったり来たりしているだけの人もいる。
 看護士がたまに合間を見てワイドショーなどを観て所感を述べて世間話をしてナースステーションに去っていく。
 高齢のおばさんなども座って観ているが、所感を述べるでもない。あと、子供の頃から体型が少し変だったのではないかという感じの高齢の女性などもいる。『ゲゲゲの鬼太郎』の砂かけ婆を連想したりする。
 野球放送があっても、特にどちらを応援する様でもない。歓声が上がらない。
 明確に知的障害者と思われる五十年配の吉田さんがかえって野球の逆転などで喜んでいる。
 そこそこ若い人が二、三名くらいだけいる。幾分か親しくなるがさほど経緯を話すわけでもない。なにかホールや病室のあたりをうろうろしている。少し話を聞くと糖尿病だとか、精神疾患以外の苦労の話も多い。僕は椎間板ヘルニアで過労が酷いので精神科に入院したのが東京に戻る前の最初の入院だった。
 僕はまた朝から談話室のステレオで音楽を聴きながら本を読む。

(『暁』犬儒、本格派「当事者」雑誌、2010)

34 ■Re:そうではなく

>Tさん

ご自分だけが悲劇の主人公のように言わないでください。(もしや、あなたは自分に引き付けて発言しておられませんか?)
私だって過去に死のうとしたこと何度かありましたよ。幸い「鬱病」チックじゃありませんが…。
でも家人は、鬱病よりもっと重い「躁鬱病」なんです。鬱病なら完治する可能性がありますが、躁鬱は、現代医学では「寛解」で精一杯なんですよ。
躁鬱病の家族として、どれだけの大嵐をくぐってきたか、あなたには想像もつかないでしょうね。
これからだってまたいつ大躁状態にならないとも限らないんです。
(そうならないように薬でコントロールしてるんですが)
鬱状態の人はおそらくこのような欄にコメする元気もないでしょう。
あなたのようなおセンチな甘ちゃんと議論するのはもうこれでやめにします。時間とエネルギーの無駄遣いですから!
御身ご大切に…。

35 ■「病院に来なければ病気ではありません」(浅野誠)

 「思考盗聴」

 「電磁波犯罪」

 「集団ストーカー」

 などで検査すると、「ほんとに統合失調症の人」が元気に?ブログ書いているの、たくさんヒットしますよ。

36 ■正誤表

 失礼しました。

× 検査
○ 検索

 一日12時間以上くらいパソコンをにらんでいて、目やにとか酷いです。
 

37 ■Re:無題

>ステップテストさん
エゾウコギはお勧めですよ。今年の春からエゾウコギ酒を飲み始めたら、散歩できるようになり、デイケアにも通えるようになりました。そして、3年ぶりに復職できました。

他にもビタミンB等のサプリメントは飲んでいましたが、良く効いたと感じたのはエゾウコギとマリアアザミ、ビタモ液くらいでしょうか。

38 ■やあ

みんな、元気だね。
私はもう、疲れたよ…

ちかれたびー。

39 ■無題

>TESTUDOさん
アドバイスありがとう。今日、エゾウコギが届きました。エゾウコギ茶で飲んでみようと思ってます。

40 ■もっとやれ

日記のように自己完結したコメ、幼稚園児でもしない稚拙な議論、多いっすね~。
馬鹿っつーより下衆集団。
さすが、精神障“害”者・キチガイだけのこたぁーある。
だから、、、もっともっと見てぇ!(爆)

41 ■失礼しました

 kyupin先生、お忙しところ大変失礼ました。
 もうあまり読みに来ないかもしれませんが、すいません。
 エビリファイの話とか、大変参考になりました。
 三障害ともですが、手帳を取得するとかえって不利になるような状況を変革すべく活動してくださるとうれしいです。
 一兵卒で頑張れればいいんですが、なかなかそうもいかないことも多いでしょうね。
 新聞、ボツだったようで、次代議士にメールします。

42 ■無題

ようやく、犬儒@編集長、落ち着いたな。

43 ■無題

犬さん、文章の支離滅裂さも落ち着いて理路整然としてきましたね。

良かった。

44 ■皆

荒らしコメにマジレスとか、
マジウ~ケ~ルゥ~!

こんなにノってくれちゃって、もう、
好きになってまうやろーー!

お礼においらの噛みすぎて味がなくなったガムでもあげよう。
プッ

45 ■腐った精神科医?

 精神科医は患者が診察中に起こって立ち上がっただけで、患者を保護室に閉じ込めて、拘束してちんぽから管を差し込んで、点滴で栄養を取らせる権限がある。
 そういう気違いの医者だ。
 たとえ患者が医者より大学入試偏差値10以上上であったとしてもだ。
 これの人権侵害の基準は、父親がどう言ってるかどうかで、父親が中卒で、患者が東北大学卒でも全然おかまいないく、中卒の父親の判断で、東北大学卒を拘束して、ちんぽから管を入れて、手足を縛ったりする。
 日本の精神科医療は、狂気だ。
 精神科医は不作為の気違いの人物が多い。

 狂気としかいいようがない。


 kyupinも同様に気違いだ。


 最低限、俺は、日本中の過半数の医師より高校卒業成績が良い。


 自慢じゃないが、俺の親父は母親が聴覚障害者で、父親が0歳で死亡して、6歳のころからやもめの農家の義父の元育てられて、両家合わせて3男くらいだったが、土地を買い上げる形で義父の農業をついたという貧困な人物だ。
 俺は塾にも予備校にも通ったことがないが、現役で国公立大学医学部に入学出来たくらいの、まあ、すさまじい人物だ。
 今後、kyupinがいい加減な仕事や言論活動をしていたら、断固糾弾する。
 俺は大学入試模擬試験「倫理社会」科目で、北海道で全道トップクラスだった。
 精神科医の心理学的嘘とか、かなり分かる。

 田舎の医者は「馬鹿田舎者対応、鞭をふるって、馬鹿田舎者をまともに矯正するんだー」みたいな医者が多かった。


 日本国中の気違い精神科医に俺と同じめに合わせてやるか。
 「あ、お子さん、偏差値70あったかもしれませんがね、精神病ですね。このまえ、私に反抗したようなそぶりがありましたので、拘束いたします。よろしいですか?」
 「えっへへー、馬鹿息子ったら、昔っから火遊びしたりして、縄で縛って納屋に放り込んだりしたんですがなー、まだ駄目でしたか。よろしくお願いします。」

46 ■正誤表

× 起こって立ちあがった
○ 怒って立ちあがった

ちなみに、結膜炎になっていて、今日だったかな、それくれいなら私も処方できますよ、ということで、精神科医に消炎剤を処方してもらった。眼科の薬ね。
 まあ、俺もぎりぎりのところでやってるかなー。
 高校卒業時、偏差値70くらいとか、ぎりぎりの努力でしょう。
 まあ、どうでもいいんだけど。
 既得権者の裕福な奴とかは、僕は馬鹿にしますねー。
 良くあるのがフリーランスのライターですね。
 そんなくだんない奴の文章なんて読むなって、子供たちに啓蒙しますねー。
 さって皆さん、日本はどうなりましょう。

 うーん、一歳上の姉が北大に進学したので、僕は学費のかかる学部に進学できないと思ったのですが、別に姉貴が卒業したら一緒なので、僕も別に、当時学費一年18万円だった医学部とかも進学てきてたんですねー。

 数億円損してますね。

 親がまた馬鹿でなー。
 
 ほんと、かなり疲れてきますが、まあ、日本の精神疾患問題に大きな影響を与えている??ということで、今の姿もいのかなー?

 結局は貧困と政治の問題みたいなのかなーー?
 まあ、よくわかりませんね。

 ちょっと、同じ生物系でも農業から、医学に進むって躊躇しますよね。
 まあ、現役で国公立大学医学部に進学できたようですが。
 貧乏人は所詮、金持ち達の文化とは合わないんだよなー。
 「サラリーマン」でも少年期の僕には凄くいい職業だと思えたよ。

47 ■Re:腐った精神科医?

〉精神科医は不作為の気違いの人物が多い。
〉狂気としかいいようがない。
〉kyupinも同様に気違いだ。

〉今後、kyupinがいい加減な仕事や言論活動をしていたら、断固糾弾する。

残念ながらあなたにそんな権利はありません。kyupin先生のことを罵るのはもうやめて下さい。kyupin先生の大々々ファンである私が許しません。それだけです。

48 ■Re:正誤表

>犬儒@編集長さん
未だ興奮冷めやらぬご様子、とても心配しています。
困難なときに医療サービスを頼るのは
馬鹿げた行為でも恥でもないと思います。
プシコパスとかリビドーとかルサンチマンとか
いろいろ御託が並ぶこともあるでしょうが
真に受ける必要はないと思います。
向精神薬と外乱の遮断(あと可能ならば睡眠)は確実に興奮を遠ざけてくれると思います。
ご自愛ください。

49 ■犬儒さんへ

あなたの文章を読む限り あなたが賢いとは思えな~い
だから 偏差値や学生時代の自慢しないで~ それは過去だから

知識があったとしても それを使う知恵がないんですね

是非とも 知恵を

因みに 何か診断を受けておられるのですか?

50 ■そっとしてください

犬儒@編集長さんは
統合失調症です。

ご自身でもHPに書いてらっしゃいます。
今は不安定な時期なのでしょう。
これ以上コメントに返信せず、そっとしておいてください。

51 ■Re:そっとしてください

>KEIさん

上にあるコメントで、良きサマリア人(だといいな)さんが仰っている通り、このコメント欄の管理人は、言うまでもなくkyupin先生です。
「KEIさん」その他の犬儒@編集長さんの味方?正義の味方?連中ではありません。
寄って、残念ながら、KEIさんがこの場を「仕切る」権利はないのです。
私も先生の大ファンなので、黙って見ていられなくなるのです。

52 ■追記

>KEIさん

あなた、自分は関係ないもん、と高みの見物しながら、上から目線でモノを言う輩?
KEIさんのように一見立派で常識人に見える人が世の中のいわゆる「いじめ」を助長させているのではないですか?
もう、良きサマリア人(だといいな)さんの仰る通りですよ、まったく。

53 ■至高体験

 2年ほど前だったか、病棟に知的障害者がかなりいたということに気づいて、カルトのコギトのように、「人間はすべて知的障害者なんだ(この命題が真であることは神の善意が保証する)」というのひらめいたら、世界がしーんと穏やかになったような気がした。(至高体験)
 それで、この演繹しようのない命題を父に言ったら、「そんなこと言うなら病院に行くか?」というので、同程度の知能の医者に言おうと思って、緊急外来の医者に言ったら、無言で、それで精神科病棟の保護室に連れらていって、缶コーヒーをくれとか言ったら、手を押さえられて、がんがん押さえられて、精神科医が来たら話されたんだが、あまりの怒りに立ちあがって「人間はすべて知的障害者です」って言ったら拘束された。

 後で調べたら、全国で200万人以上(あるいは500万人)の人が知的障害の認定を受けてないことが分かった。
 新任の先生にそういうことを言ったら、「まあ、線の引き方ですけどね」とか言っていた。
 犯人は親父だ。
 至高体験を台無しにされた。
 「人間は偏見を持つからこそ一個の人間であり得る」この命題もコギトで、神の善意に保証されるしかない。そこからなにも演繹できない。
 馬鹿田舎者と俺を区別する材料はあの短い診察時間では、無い。
 それで親父がへらへら笑って医者に説明してるんだぜ!

54 ■先生のファンの皆様へ

先生のファン、大ファンであるのなら、少しは先生の気持ちを汲み取ってみてはいかがでしょうか。

疾患のある編集長の興奮が治まるのを待つ、見守る気持ちでいる方が突っ込み入れるより先生はずっと喜んでくれると思いますよ?

55 ■週に150人も「診察」していたら不当医療行為だ

 初診後、3分3分3分とかしか診てなかったら、事実関係すら分からない。
 初診の偏差値59の独協医科大卒のヤブ医者だが、なんか出稼ぎ労働者が埼玉県の工場で暴れた、くらいの認識しかしおらず、中三で成績が学年1、2番常連から15番くらいに落ちた通知表を見せて相談したら20秒も見ないで「これは君が昔から反社会的な性格だったことを示している」とか言っててそれで「精神分裂病だ」とか診断していた。
 お笑い草だね。
 2005年にバイト先の先輩(たまに一緒に取材に行った)が代議士になったので、「良いニュースかと思いますが、云々言ったら医学博士が「知り合いが代議士になったなんて誰も信じないぞー! 5年ぶち込むぞ!」とか言っていた。
 気違いざただ。
 これはひとえに、父がへらへら笑ないながら「どうせこいつなんかー」とか説明していたのが原因だが、ほんと、田舎には「馬鹿田舎者病」が多いのである。
 精神科医が「馬鹿田舎者病」と俺を区別する時間は、今の国家予算では、無い。
 F先生という「将棋なんて頭悪い人がやるんだよ」とか職業訓練校中退の青年に言っていた精神科医の方がいたが、僕が東北大学卒だというのを知った後、発狂なさって引退されたという方もいた。
 田舎の病院は「馬鹿田舎者病」対応にシフトしている。先に「症例」を五つ書いた。

 依然として、僕だが、過半数の医師より高校卒業成績が良い。

56 ■罪

 親父にいろいろ解説していたら、どうもうちの親父は合併症がある知的障害のことしか認識しておらず、健康でも人口の2%以上の知的障害者がいるというの知らなかったようだ。
 IQ55以下でも健康で0.13%は居る。
 こっちの市内でも20人くらいは該当者が居る。これくらいになると年金が当たるが、手が不器用だったりする。
 小学校で知能テストをして、養護学級に進むとか先生と父母が面談して考えるんだが、特に前々回の障害者雇用促進法の改正前は、無理に普通学級に入れることが多かった。
 iTunesのシャッフル演奏が椎名林檎の「本能」になった。
 元衆議院議員の山本譲司さんという方が受刑したのだが、刑務所に22%もの福祉とつながる機会のなかった知的障害該当者がいることに驚きレポートなさっていた。IQ110以上は1%しかいなかったとのこと。
 それにしても、自動車学校退学になったので、人事があわてて親父を呼んだのだが、親父は俺が自動車学校退学になったの、20年くらい知らなかったようだ
 30年間も俺が工学部ではなく理学部に進学したと思っていたようだ。
 大学三年目に留年で年21万円しか仕送りを貰わ買ったのに、言ったはずだが、僕が放送局でバイトしていたことを覚えていなかった。
 無知は或る意味罪かもしれない。
 貧困問題に対して、政治家などに取り組んでもらうしかないと思う。
 ちなみに、戦中派の父親というのは、息子を誉めることは皆無だ。

57 ■なんとなく

みなさんが書いて下さった事 なんとなく理解しました。
でも 私は1読者として 彼が統合失調症だとは知りませんでした。ある意味 不特定多数の方が集まる場所ですから 公共の場 ですよね? 公共の場 で他の人を不快にさせる言動を繰り返していたら 注意されても仕方ないのではないでしょうか?
注意をする しないは 個人の尺度や思考によるものですから 個人に委ねられたものですよね?
記事やコメントがとても興味深くナルホドと読ませて頂いていた中(ROM専は3年)彼のコメントにイライラしたのが事実です。

58 ■勝手に特集してすいません(アマゾン)

彼女は歴史のこととか踏まえていると思う, 2008/11/3
By 犬儒 (北海道士別市農村部)

レビュー対象商品: 本能 (CD)

 一言だと、「キリスト教的パンクロック」。福永武彦の『草の花』の一シーンを連想する。
 「初めに言葉(ロゴス)ありき」なので、言葉は神~キリストの化身に他ならない。それを「どうして歴史の上に言葉が生まれたのか」なので、完璧です。ちょっと散文詩を書いてみました。↓


 人々は理性をかざして進んできた筈だったのだけど、いつのまにかうまくいかなくなっていた。いつのことだかわからないのだけれど。
 理性には光があったはずだった。命があったはずだった。今でもそう思う。
 とにかく、どうしようもならないことは多いように感じてしまう。
 こんな筈じゃなかったと、時折叫びたいようにも思う。たしか、真実のようなことがどこかにあったように思う。でも、確信がなくなってしまった。
 陽の光は、はたして正義をもたらすのだろうか。憶えている事では、確か正義はもたらされるべきものだったと思う。
 ……すべてのことは、裁かれるべきだっただろうか。
 もしかすると、でも、自分の孤独のようなことに人との共感があるような気もする。
 それが正義ではなかったとしても。その孤独が報われず、人生が徒労に過ぎなくても。
 少なくとも私は、誰かが惨めに朽ちていくのをただ見過ごしたくない。
 そこには悲しみがあった筈だ。
 私は忘れたくないように思う。


 「虚(から)の真実」とは「悲しみ」だと思う。
 2006年に椎名さんは『塩狩峠』(三浦綾子、新潮文庫)の帯を担当したらしい。音楽も含め一番影響を受けた芸術作品とのことでした。最終章で脚の悪いフィアンセが事故現場を訪れるシーンのある種の虚無感をちょっと連想する。
 現代が不条理性を増す中、愛は不可能なのか、みたいな「どうして」という問いのような。
 絶望の中での苦々しい反語のように聴こえる。
 人は理想と現実の狭間で生きる。理想を捨てられないからこそ人は苦々しくなる。例えばスプリングスティーンの"Born in the U.S.A."もそうだったと記憶している。

59 ■Re:先生のファンの皆様へ

>のぞみさん

上にあるコメントで、良きサマリア人(だといいな)さんが仰っていますが。

あなたのように一見立派な常識人のような人が世のいわゆる「いじめ」を増長させるんじゃないですか?(自分は関係ないもん、と高みの見物しながら、上から目線でモノを言う輩)
それに、このコメント欄の管理人は、言うまでもなくkyupin先生です。
「のぞみさん」その他の正義の味方?連中ではありません。
せんせいがどうしても不適切だとお思いになれば削除されるでしょう。
敢えて反対?意見も載せるという、先生の方針があればこそ、みんなが言いたいことを言える「場」担っていることをお忘れなく。
(その点についてはkyupin先生にメッセージでお聞きしたことがあります。)
寄って、残念ながら、のぞみさんがこの場を「仕切る」権利はないのです。
私は先生の大ファンなので、先生を傷つけるような発言を見ると黙っていられなくなるのです。
それだけです。

60 ■仕切るつもりはなかったんだけど・・

>良きサマリア人(だといいな)さんに賛同さん

仕切るつもりはなかったんだけど、そのように感じさせてしまったようですね。申し訳ありませんでした。

>自分は関係ないもん、と高みの見物しながら、上から目線でモノを言う輩

これは誤解です。関係ないとか高みの見物などしてるつもりはないです。先のコメントの通り、(関係ないとかではなく)見守るしかないと思ったのです。

それと、編集長さんは注意されても、それを聞き入れることが出来ない人だと感じています。(内省出来ない人)。

61 ■追記

>良きサマリア人(だといいな)さんに賛同さん

僕も、編集長さんの凄い内容の書き込みに対して反論?をしたことがありました。
その時、全然話がかみ合わない、会話が成立しないことに違和感を感じました。
そこで、彼のホームページを見にゆきました。で、彼は統合失調症であることを知ったのです。
それからは彼の書き込みに気づいても、何も言わないようにしたのです。
下手に何か言うと、火に油を注ぐことになりかねないと感じたからです。

62 ■「いじめ」

>良きサマリア人(だといいな)さんに賛同さん

敢えて「いじめ」という言葉を使うのなら、一部の読者さんが編集長さんを「いじめ」てると考えられなくもないと思います。

と言うのも、ほとんどの読者さんはやって良いこと悪いことの判断が出来る人です。そのような皆さんに比べ、彼はそのような判断が出来ない人だと感じているからです。

つまり、本当の意味での弱者(いじめを受けてる方)は彼だと感じているのです。酷いことを言ってる彼本人が一番救われてないことも気づいてあげないと・・

彼をかばうようで多くの読者さんから顰蹙を買うかもしれないですが、敢えて言わせてもらいます。
彼には本当の意味での悪意はないと思うのです。彼の心からの悪意があのような書き込みをするのではなく、彼の病気があのような書き込みをさせてしまうと僕は考えています。
これについては、書き込みの支離滅裂さ、一貫性のなさ、コメントの話題が次から次へと飛びすぎる点を見ればわかるかと思います。

正直な気持ち、彼を責めるのは可哀想です。気の毒なのは(辛いのは)他の誰でもなく彼本人なのだから。

最後に、正義の味方をしてるのは僕ではなく、彼を責める一部の読者さんなのでは?

63 ■先生は、ヤワじゃないのでは・・

>良きサマリア人(だといいな)さんに賛同さん

>先生を傷つけるような発言

これについてですが、統合失調症が原因で理性に欠け、その時の感情任せな発言をする彼の発言で傷つくようでは精神科医は務まらないと思いますが・・

先生は若い頃、薬物中毒の患者さんに危うく刃物で刺されそうになったことがあったそうです。その時でさえ、辞めようとは思わなかったと言っておられました。

病気の人の発言を真に受けて傷つくようなヤワな人ではないことに気づくべきです。

ただ、彼の発言に心を痛めてるかなあと思うことはあります。それは、統合失調症の彼が可哀想だと感じておられるかも?だからです。精神科医として、一人の人としてね。

64 ■敢えて言うが

>良きサマリア人(だといいな)氏

敢えて言うが、貴下は相当に痛々しい。

美空ひばりが「ファン」に硫酸をかけられた大事件を知らないのであろうか。
「ファン」とやらはその対象をも殺すことがある。
「ファン」の語源は「fanatic」、つまり「狂信者」である。
貴下が「先生の大ファン」とやらをかたるのであれば、少々自身の言動を省みよ。

また、挙げ句の果てに、『もう、良きサマリア人(だといいな)さんの仰る通りですよ、まったく。』などとコメントし、ひたすら貴下を称賛する、『良きサマリア人(だといいな)さんに賛同』と名乗る人物まで、貴下は登場させている。
正直この季節、一人演技は寒く感ずる。

以上の事から、貴下のような人物に対し、真剣に返信する必要性は感じない。

しかしながら、文中から察するに、貴下は、過去に酷い「いじめ」に遭った、或いは、現在進行形で遭っている、かと見受ける。
捏造した架空の自分の信者で、どうにか精神を保っているのであろうか。
なんとも悩ましいことだ。

65 ■あらら・・

>…とか何とか言ってみたお?さん

>一人演技・・・

そうとも知らず、俺としたことが・・(笑)

66 ■言いたかないけど・・

>良きサマリア人(だといいな)クン!
>良きサマリア人に賛同クン!
>先生の大ファンクン!

僕も黙ってられない性格なんよ。

君の「仕切る権利はない」と言う言葉。これは君の意に反するコメントを排除したいだけだろ?

ついでに言うと、編集長さんに対する批判的なコメントを笑ってる嫌な性格なんだろうな。

も少し大人になれっつーの!

異論、反論があるなら俺のブログにきやがれ!
(小心者の君には無理だろうけど・・笑)

67 ■便乗させてもらいまして、おめでt(違

>良きサマリア人(だといいな)

>このコメント欄の管理人は、言うまでもなくkyupin先生です。
>「〇〇さん」その他の正義の味方?連中ではありません。
>寄って、残念ながら、〇〇さんがこの場を「仕切る」権利はないのです。

これらの言葉、そっくりそのままあなたに反すよ。
あなたの言う通りなら、あなたにも「仕切る権利」とやらはないんじゃないかな。

ねぇ、どうかな?(って、言い訳すら出来ないか。笑)

68 ■もう一丁!

>良きサマリア人(だといいな)、(に賛同)

高みの見物をしてるのは、君意外、他に誰も見当たらないよ?

69 ■はじめまして

リリカを朝夕2カプセルずつ飲んでます。効果は全くわからなかったけど、太りました(>_<)大変興味深い記事ですね

70 ■リリカ服用開始

75ミリグラム 朝夕各一回。
9月13日の夜から服用。
めまいがかなりひどいです。
眠気…

私の傷は深いリストカットの為、手首の血管 腱 神経まで損傷。三年前になります。
グーパーは出来るので一見普通の手に見えますが、ポケットから携帯を選んで出すという、感覚を使った作業ができません。
疼痛あり。
リリカは疼痛には効用があると思います。昨日からあまり痛くない。様な気がする。アルコールと一緒に服用すると健忘がひどいです。
今回は整形外科で処方されました。
精神科の先生に今服用している薬と飲んでもよいのか 尋ねなくてはいけないと思っています。
このめまいと眠気を選ぶか、痛みを選ぶか?
作業効率がとても悪くなる。
でも 痛みによってできなかったことが出来たり。
しばらく 服用を続けるつもりです。

71 ■?

精神科としてリリカとガバペンは同じようなものかもしれないが、重症化した線維筋痛症の痛みには病名を一緒にしない方がいいんじゃないかという位の痛みの質の違いと機能障害の有無があるようだ。リリカでお茶を濁せる位なら甘い甘い、帯状ほう湿もやったから痛みはわかる。特に痛みが強いと言われてる箇所のね。ガバペンもノイロトロピンも何の鎮痛剤も痛みには全く効果なし、ただガバペンは腫れがある程度はひくがそれ以上は処置なし。サインバルタと併用したら少し楽になったかな。難病治療センターやら北里・東京女子医でずっと診てもらってて、病院て役立たず。もう時既に遅しだ、寝た切りになったら睡眠薬で痛みの記憶を増幅させないこと位だね。リウマチのおまけつきで体中の関節やられた体重乗せられないし、外行けるわけない。医者は最悪の患者の症状を診る機会がないのだよ。あとストレスだ心因だなんてなまっちょろいこと言ってられるうちが花ね。

72 ■のぞみの自演がひどいな(笑)

自演してるのはサマリア人ではなくのぞみだな、流れ的にそう思うし、なによりタイトルのセンスがのぞみシンパと一緒(シンパがいると見せかけた自演)。だから、64、67はのぞみの自演。


>編集長さんに対する批判的なコメントを笑ってる嫌な性格なんだろうな。

サマリア人は編集長のkyupin批判を批判しているんだから、編集長批判には賛同している立場。なのに笑ってるってwww

のぞみはクルクルパー。

> しかしながら、文中から察するに、貴下は、過>去に酷い「いじめ」に遭った、或いは、現在進行>形で遭っている、かと見受ける。
>捏造した架空の自分の信者で、どうにか精神を>保っているのであろうか。
>なんとも悩ましいことだ。

そしてなにより、これは同情を装った嘲笑だね、完全に。
のぞみはクズだ。

73 ■ありがとぅございました

スッゴク参考になりました。

お父さんが頭の帯状疱疹から脳炎になって、リリカや他の薬飲んでますが、スッゴク物忘れが激しくて…


本人も悩んでます。病院の先生は、物忘れがと質問しても、そうですかだけで、何も教えてくれませんでした…



ありがとぅございました 。色んな副作用、参考にします…



・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

74 ■リリカなんて危ないだけ

>リリカは副作用だらけ、製薬会社がぼろ儲けして副作用撒き散らしてはいさよなら。ひどい薬だ何年かしたら医療訴訟でそれが証明されるだろうね。ガバペンより副作用ないなんて嘘も嘘。

75 ■リリカの副作用

まるで悪性症候群のような肝障害・腎障害・高炎症反応・意識混濁・痙攣の22歳男性が救急外来にきました。父親の話では前日まではまったく異常はなかったと。あとで分かったことですが、リリカ(剤型は不明)を倍量飲んだとか?
抗痙攣作用があるくらいですから、痙攣はリリカのせいとは考えにくいと思っていますが、人(体質)によっては中毒量でありうる可能性がありますか?

76 ■効いたが処方してくれる病院が見つからない

「うつ病」という診断で心療内科に数年間掛かり、SNRIや抗精神病薬を処方されていたのですが、なかなか頭の中の不快感(憂うつ?落ち込み?痛み?)が取れず困っていました。
そんなとき、全く別の病気で訪ねた整形外科でリリカを処方されました。正直全く期待していなかったのですが、服用してみたところ翌日からその不快感がほぼ全て消え去り、まさに「遂に救われたといったレベルで改善」しました!

実は、私の母と祖母はリウマチです。ただ、私は朝起きるとだるいといった程度で、慢性疲労症候群ほど激しく継続する疲労に襲われたことはありません。また、リリカで改善された主な症状は、少なくとも「疲労」ではありません(疲労も改善されている可能性はありますが)。その点がこの投稿の内容とは少し違います。

今の悩みは、整形外科での治療が終わった後、引き続き薬を処方してくれる心療内科が見つからないことです。適応外なので、心療内科のクリニックでは処方できないそうです(私の主治医も困ってました)。

一つの病気は一カ所で治療したいものです。その方が整合性が取れたよりよい治療を期待できるし、医療費も低く抑えられます。何かよい方法はないものでしょうかね。

77 ■リリカを処方されました。

はじめまして。
私は、もうすぐ20歳です。
内股が酷く、座ると膝から下が痺れ、歩くと膝が痛く、大学生活も座る事が出来ずに辛く、階段の登り降りも辛く、長時間歩く事が出来なくなり、整形外科にかかりました。診断名は教えてもらえませんでしたが、電子カルテにはknee inとかなんとかと書かれていました。そこでは、痺れに対しては、即効性の薬は無く、どうしようもないと言われ、とりあえずリリカカプセル75mgとメチコバールを処方されました。

メチコバールは父が飲んでいたので、知っていたのですが、リリカカプセルは初耳でした。

調べてみて、1番驚いたのは催奇形性リスクがCであり、また、新薬なのでどのような副作用が現れるか分からないと言う事です。ちなみに、服用初期は体重増加と、眠気がありました。体重は、二週間で4kg増えました。なので、今はダイエット中です。眠気は、眠た過ぎて、一日中何もやる気にならず、食事もせずに殆ど寝て過ごしました。

今はリハビリと投薬で症状の悪化は防いでいますが、初めは1日1回でしたが、一カ月たち1日2回に量が増えました。長期的に飲み続け将来の事を考えると、少し怖いです。


78 ■足ムズムズ症候群

はじめまして。私は足ムズムズ症候群と診断され何年もきちんと横になって眠れない状況が続いてます。
24時間眠れない事が何度もありリン酸コデインで一回は楽チンになりましたが肝臓値が上昇し投薬中止になりました。風邪を引いて風邪薬を飲むと眠れると伝えたらアタラックスを処方されました。
そんな感じで現在は処方薬はレグナイト、フルニトラゼパム、アタラックス、そして最近リリカを処方されました。その他内科でノルバスク、ピタバスチタン服用してます。
私の場合はムズムズというか横になると足に痛みが走ります。
確かに痛みは薄らいだような気がします。
が。もうひとつ、最近は短時間ずつ眠れるようにはなったんですが眠りながら?出歩いて気付けば港にいた。とか米を研いでるつもり?でフライヤーの中の油をかきまぜてたとか、特にひどいのは夜中に寝ながら食べ物を食べる事。意識ない中で食べるから朝目覚めたらお菓子の粉はアチコチに落ちてたり昨日はチョコレートをあさったみたいでチョコの箱や灰皿の中のタバコを噛んでマズイから吐き捨てた?みたいでタバコやらが散らばってました。残りのチョコは灰だらけだし。
こういうのは過食になるんでしょうか?
リリカは過食になるような記載があったんでこのままリリカを服用し続けると心配です。
担当医には相談はしてます。
あなたに合う薬を見つけれなくて本当医者が悪い。これからも薬を微調整していこうって言われたんで信じてます。
で。処方されたんがリリカだったんで少し心配になったかな。Kyupinさんリリカに詳しそうだったんで質問してみました。私の夜中の過食にリリカは影響ないんでしょうか?
体重は10年前にうつとパニックで入院してから30kgくらい増えました。←恥ずかしいww

コメント投稿

[PR]気になるキーワード