きゅんきゅーんするね(*’∀’人)♥*+

ローテーションバトルを中心としたポケモン雑記。


テーマ:

ポケモンの最小単位を再定義(そもそも定義されたことはあるのかとも思うが)することで、構築を組むときに考えることが変わってきそうだぞ!みたいなそんな話。

結構当たり前のことを難しく解釈しているみたいなオーラがあるので、直感で分かってしまえる人には不要かも?

 

①ポケモンの最小単位とは

 そもそもポケモンの最小単位って何よってところから話していかなければならなくて、それは「組みあがった構築を分解したときにひとまとめにできる要素」だと定義します。ここで重要なのは、組みあがった構築を対象にしているということです。

 組みあがった構築ではない構築、要するにただ何となく対戦したいからボックスにいたポケモンを並べました~みたいなのは対象とせず、それらを僕は「6匹の寄せ集め」と呼んで区別しています。

 6匹の寄せ集めのときは最小単位はポケモン1匹ごとになるかと思いますが、組みあがった構築の場合、切っても切れない関係にあるポケモンの群が存在することがあります。これをそれよりも無理矢理分解することは構築の根幹を崩すことになり、もはや全く別の構築として成り立ってしまうということもあると考えるわけです。

 そういった意味で、組みあがった構築を分解したときに、これ以上分解できない要素をポケモンの最小単位を個人的に呼んでいるわけです。

 

②従来の考え方

 ポケモンの最小単位は、それでも一般的にポケモン単体で語られることが多いです。単体考察という文化がそれで、様々なポケモンの様々な型が日々量産されているかと思います。しかし、それらは果たして"構築に組み込みうる"のか。単体としては何となく強そうに見えるんだけど、実際の対戦で本当に想定した強さを発揮できるような型はとても少ないと思っています。汎用性がない、というやつですね。

 僕は単体考察のそういった欠陥を見て、ポケモンの最小単位を並びだと定義してきました。2匹以上からなるポケモン群です。単体の場合、長所があると同時に短所があることにも目を向けなければならないと考えているわけですね。当然ですが。たとえばなんですが、僕は6世代において僕は「ガルーラ対策がほしい」と言われたら、基本的に鉢巻テラキオンを推奨していました。でもだいたい断られます。後ろとか横とかにテラキオンを対処できるポケモンがいるからですね。単体に限界があることをみんな知ってるわけです。だからそれを実戦レベルに持ち込むために、並びにして要素確定してあげなれければならないと思ったわけです。ローテーションバトルの発想を、全ルールに適用させたわけです(別に特有じゃないけど)。

 

③ローテーションバトルがなくなった

 ところがローテーションバトルがなくなってしまいました。別にローテーションバトルがなくなったからといって並びの概念を捨てる必要はないんですけど、でも他のルールだとそれらを別の表現で呼んでたりするんですよね。サイクルとか、縦相性・横相性とか。

 そして同時に、だいたいのポケモンは単体では解釈しにくいんだけど、一部にどう考えても単体で十分機能してしまう単体がいるんですよ。積みポケモンとか高火力範囲ポケモンとかがそれで、いわゆるエースみたいな立ち位置のやつです。いや、当然こいつらにも弱点はあるんだけど、汎用性の質が段違いに高いポケモンってやっぱりいるわけですよ。そこで並びをポケモンの最小単位として解釈し続けるのにも限界があるなと思ったわけです。

 

④そこで、戦術をポケモンの最小単位とする。

 ということで、とりうる戦術を最小単位と定義する考え方になるわけです。戦術といっても分からなすぎるので、直接勝ち筋に繋がるものとでも言っておきましょうか。このように再定義することで、単体とポケモン群の両方を最小単位として解釈することが可能になるわけです。

 竜舞ボーマンダ単体、眼鏡噴火単体、猫+腹太鼓マリルリ、雨パーツ、龍+鋼の相性補完、エルテラドー、重力催眠地震、ステロ+抜きエース、電磁波+身代わりなどなど。ポケモンのみならず技ひとつなどを最小単位として切り取ることも可能になりました。

 

⑤それがいったい何の役に立つの?

 最小単位を定義することが何の役に立つのか、って話なのですが、これを構築組みのときに意識しておくと組み方が大きく変わってくるように思います。

 基本的に戦術はたくさんいろいろ取れる構築の方が有利になります。しかし、戦術を組み込みすぎるとひとつひとつの戦術の成功率やパワーが落ちてしまいます。一方で、5,6匹かけてやっとひとつの戦術を成し遂げるというのは、これはこれでやりたいことがバレバレになるうえに(トリプルバトルの作品集見てると、言うほどバレない程度にはぶっ飛んでるのが多い)、どうしようもない戦術にぶつかると本当にどうしようもないと思います。

 ポケットモンスターを戦術と戦術のぶつけ合い、勝ち筋と勝ち筋の押し付け合いだと再認識することで、じゃあその戦術をどこまで練り上げ、そして相手に匂わせて有利を取っていくかって感じにすると、きっちり構築は組みあがっていくのかなと思います。逆に最小単位すら存在しないようなあやふやな6匹の寄せ集めは、それではうまくいかないよってことも改めて分かってくるのかな、なんて思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第5回のもつオフ閉会時の僕「ローテとかトリプルが消えるとかいう噂もありますけど」

↑本当に消えた。泣いた。

 

ということで、第7世代のもつオフはレーティングのWCSルール準拠で開催します。

生まれ変わったもつオフを、是非よろしくお願いします(*'∀'人)♥*

 

はじめに 

とりあえず告知だけはしなければならないと思い、決まってないとこもありますが、記事書かせていただきました。決定次第いろいろ追記していきます。

3/1 やっと追記一回目。定員変更とQRパーティーの使用許可についてと本戦の参加申請締め切りについて。

 

第6回福岡もつオフ(本戦)

★主催 きゅん(TwitterID:@QunQuuun)

 

★日付 2017/03/18(土)

 

★参加締切 こちらの参加締切は当日の一週間前(3/11)とさせていただきます。

参加を考えている方はお早めに。。。

 

★場所 未定(やま中とかながまさとかおおやまとか一藤とか候補はたくさんある。迷う。)

 

★時間 19:30とか20:00とか

 

★参加費 4,000円程度(まだ未定)

 

★採用ルール もつ鍋。レギュレーションにより、未成年の飲酒は固く禁じさせていただきます。

 

第6回福岡もつオフ(サイドイベント)

★主催 きゅん(TwitterID:@QunQuuun)

 

★スタッフ 2017/01/08時点で主催のみ

 

★日付 2017/03/18(土)

 

★場所 福岡市立早良市民センター 第1会議室

 

★時間 受付開始 09:30

            開会    10:00(努力目標)

 

★参加費 500円

 

★採用ルール 公式レーティングバトルにおけるWCSルール準拠(2017/01/08時点で、通称アローラダブル)

 

★ 定員 80名(スタッフを含まない、参加人数次第で後日スタッフの追加の可能性あり)

→36名(主催を含む)

あまりにも少なそうなので部屋を変更しました。

 

サイドイベントの細かいあれこれ

★採用ルール 繰り返しになるが、公式レーティングバトルにおけるWCSルール準拠(2017/01/08時点で、通称アローラダブル)。Lv.50未満のポケモンも自動的にLv.50になる仕様のため、Lv.50未満のポケモンの使用ができない等通常と異なる点もあるため、気を付けること。

 

★QRパーティーについて

 使用を許可します。

 

★やくそく 改造ツール等、外部機器を用いるなどの不正を行い作成したポケモンの使用を固く禁じる。また、それ以外でも対戦内容以外で他者を故意に不快にさせるなどのくだらないいざこざが起きそうなことも固く禁じる。楽しくやるぞ(対戦内容はやりたいことやったもん勝ちだからな?)。

 

★大会形式 予選+決勝トーナメントからなる形式を予定。ただし、何とかしてマッチ戦を採用できないか時間的な検討をしている段階のため、予選形式については未定。決定次第、速やかに告知するものとする。また、参加人数がコメントに困る人数だった場合、予選+決勝の形式をそもそも取らない場合がある。

→現状の人数だと多分マッチ戦できちゃうので、お試しでやる可能性が非常に高いです。

 

★その他 サイドイベントのサイドイベントでローテーションバトルをやったり、バトルロイヤルをやったり、シャドウバースをやったりするのは勝手に開催してください。ただし、サイドイベントに支障をきたさないように行うこと。

 

参加申請について

参加申請は以下のテンプレートに必要事項を記入し、この記事にてコメントで申請したものとみなします。また、参加キャンセルの場合は、TwitterID:QunQuuunに直接リプライを送るようにお願いいたします。参加キャンセルのコメントをする必要はありません。

 

参加申請テンプレート

【HN】

【TwitterID】

【本戦について】

【意気込み】

 

記入例

【HN】きゅん

【TwitterID】@QunQuuun 連絡で用いる場合がありますので、TwitterIDなしでの申請はないようにお願いいたします。

【本戦について】参加(または不参加)

【意気込み】本年ももつ鍋を美味しく楽しく食べましょう(*'∀'人)♥*

 

よくある質問について

サイドイベントは不参加で本戦だけ参加したいのですが・・・。

→甘えてんじゃねーぞ!!

→QRでも見学でもいいのでぜひ遊びにきてください、

 

以上、未定の部分が多々あり更新することも多いかと思いますが、告知を優先することにいたしました。骨組みが大きく変わることはありませんので、その点についてはご安心いただいて、是非是非参加の検討をよろしくお願いいたします(*'∀'人)♥*

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

テーマ:

サンムーン発売後はじめての記事。多分。

 

 個人的にポケモンは自分で考えた構築で戦ってくのが面白い的な派閥なので、その辺の布教じみたアレ。

 あと”初心者(新規ルール参入含む)は、パーティーをコピーして勝ち方を覚えるべきだ”的な論にも少し疑問に思っていたところがあったので、その辺をクローズアップ。どっちがいいかはやっぱり人次第かな。とはいえコピーの問題点には多少触れてます。

 薄々気づいてたんだけど、こういう雑記書くと最初は意気揚々と書くんだけど、だんだん雑になってくんだけど、これなんとかしたい。

 

 

①ポケモン対戦の3段階

 はじめに、僕はポケモン対戦は大きく分けて3段階に分けられると考えています。それは構築段階、選出段階、戦闘段階です。

 構築段階はレーティングバトルに潜る前までや大会での初戦前までなどの、パーティーを確定する前までのすべての段階。環境を調査することや、立ち回りの想定等の机上論も踏まえ、実際に6匹とその技と持ち物と配分・調整をすべて確定するまでの段階。

 選出段階は対戦相手が決まったときから選出時間が0になるまでの時間。いわゆる身内読みも実際には大きく影響することも考慮すると、パーティーを見る前から多少は始まっている。

 そして戦闘段階は、最初の1匹(から3匹、悲しみの3匹表現)を見せ合ってから、どちらかの勝利が確定するまで。

 この記事ではそういった定義で、構築段階の重要性を説いていきたいと思います。

 

②対戦が均衡するまでに必要なプロセス
 さて、なぜ構築段階が重要になってくるのかを説明するわけですが、それはどのような条件がととのえば、対戦が均衡して"見ごたえのある対戦"として私たちが楽しむことができるかを考えるのがよいと思います。
 対戦を積み重ねていくと、勝つにしても負けるにしても、あっさり終わってしまう対戦というものには、誰しも遭遇するかと思います。それは何故かというと可能性は2つあるわけですね。
・選出段階で選出択が生じ、それが一方に取って非常に有利に傾く結果となった。
・選出段階でどうしようもなくぶっ刺さっているポケモンや戦術がいて、その時点で勝敗は決していた。
(今回は、勝敗を決するほどの大きな運要素が発生した、は省きます。というか、それもそれで上記2つのどちらかに実は当てはまってますし)

 このように分ける意図としましては、いかにあっさりした試合であっても、それには必然的にあっさりした試合と、偶然的にあっさりした試合とがあって、実は選出のしかた次第ではお互いにものすごく頭を悩ませている試合というものも少なからずあるはずだ、ということを明確にするというものがあります。
 さて、では以上のことからこのようなことが考えられます。
「対戦を見ごたえのあるものにするには選出段階が均衡する必要がある。」
 あっさりと均衡を、そのまま対極に位置させるのは少々乱暴かとも思いますが、まぁざっくりそういう位置づけにしておきます。
 
 次に、選出段階でもはや勝敗が決着しているような状態にしないためには、どういう条件が必要かを考えることにします。同じ作業を行うことになるわけですが、要するに構築段階での差が開いていると、選出段階が意味をなさないぐらいに勝敗は決定的になるわけです。
「選出段階で両者が頭を悩ませるようにするためには構築段階が均衡する必要がある。」
というわけです。

つまりポケモン対戦が均衡するまでに必要な手順としては
→構築段階が均衡してはじめて選出段階が均衡する。
→→選出段階が均衡してはじめて戦闘段階が均衡する。

ということになるわけで、当たり前ですが最初の段階である構築段階で手を抜くことはその後の一連の流れに大きく影響を及ぼしてしまうというわけです。


③コピーはなるべくするべきではないという話
 構築段階に力を入れるべきだ!という主張から具体的にどういうことをするのかってお話になると、まずはパーティーをコピーするという考えから離れましょうということになります。
 一見コピーは、強い人の構築を真似ることができていて、構築段階に力入れてるやん!!みたいになるんだけど、実際はパーティーを構築するってことには、単純に使う6匹とその中身を決定することだけでは語り切れない様々な部分があると思います。
 多くの方は実感されていることかと思いますが、それは勝ち筋だったり負け筋だったり、一見キツそうなポケモンの処理ルートだったり、選出のしかただったり、耐久ラインだったり。ある程度のメジャーなところはパーティー解説に載ってるは載ってるんだけど、それ以上の使用者の膨大なデータが実は抜け落ちた状態でコピーパというものは完成してしまいます。
 その結果何が起こるかというと、勝ちと負けの理由が分からなかったり、思考レベルの上達に繋がらなかったり、使いこなせないという現象に陥ったり、そして自分で構築を組む能力が向上しなかったりします。
 使用者だけが知っている"なぜ"が含まれないポケモン対戦の勝敗を決するものは、僕は単なる噛み合いだけだと思ってるんですよね。


④じゃあどうするのってお話
 じゃあどうするのってことに最終的になるわけですが、もうそのまんまなんだけど自分で考える、これに尽きます。とはいえ1から10まですべてを一人で考えるべきかっていうと、それは必ずしもそうではなくて、問題設定をしたうえで他者の意見を聞いてみるってのはものすごく効果があると思うんです。
 
ダメな例)ガブリアス使いたいんだけどどうしたらいいですか?
いい例 )スカガブでフィニッシュを狙いたいんだけど、その障害になる鋼タイプをスカガブの圏内に入れるにはどういった案があると思いますか?

 当然もっと要請は個別化・具体化していくし、それの方がいいと思うんで、まぁこんな感じでやってくイメージ。一人で考えるのはどうしても限界はあるわけで、それを何故そうするのか教えてくれる人がいる状態でなら、他者の考えに頼ってみるってのは強いと思います。そのあとに自分のものにできちゃうしね。


 コピーパとか寄せ集めの6匹みたいなのはこの辺の解消ができていないことが多々あるんですよね。「見た目の強そうさは明らかに劣ってるのに、なぜか自分で考えた6匹のほうが勝率がよくてレート上がる」って現象が出てくるのはこのせいです。だって勝ち方や負けの防ぎ方などを知ってる構築と知らない構築とじゃ、そりゃ結果は全然違うよね・・・。
 
 
 
 ということで超初心者はともかく(最初に触るスターターデッキはやっぱりあった方がいい)、自分を初心者や中級者だと思っているポケ勢は自分で構築するってことに力を注ぐべきなのではないか?!という提案でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(*'∀'人)♥*

 
昨年たくさんの方に集まっていただいた九州ポケ勢大忘年会ですが、今年もやります(*'∀'人)♥*
 
今年は「水炊き」を食うぞ(*'∀'人)♥*
 
いろいろ決定しました。遅くなってごめんなさい。
12/17 18:00~
個室地鶏居酒屋 鶏っく 博多筑紫口店
4,000円のコース料理+飲み放題
集合は博多駅筑紫口に17:30でお願いします。

 

なお二次募集ですが、非常に微妙なため、

もしいれば個別に連絡をしていただけると嬉しいです。

既に参加申請をされている方々には、個別で参加の確認を送らせていただきますので、返答をよろしくお願いいたします。

 
 
★日時(だけ)
12/17(土) 19:00ぐらいスタート(予定)
 
さて、そういったカタチでお店はこれから決めるのですが、ある程度の人数把握を行いたいため、一時募集というカタチで短期間ではありますが募集をさせていただきます。
まだ一ヶ月程先なので、予定が分からない方も多いかと思いますが、参加の見込みがある方はその後のキャンセルの可能性をある程度目を瞑って、申請だけでもしていただけると幸いです。
一時募集+α程度のキャパシティのお店を探すことになるので、よろしくお願いいたします。
 
なお、水炊き+飲み放題の価格帯ですが、4,000円を超えるのが普通だと考えといていただけるとありがたいです。「いいもん食ってるわ〜」っていう自覚を持ちながら楽しむことにしましょう(*'∀'人)♥*
 
★一時募集参加申請について
一時募集は短期間ではありますが、11/12〜11/18の間でよろしくお願いいたします。
前述の通り店のキャパシティを決定する指標としたいので、参加を考えている方は、キャンセルの可能性もある程度目を瞑って申請してください。
 
以下のテンプレートを使用して行ってください。
【HN】例:きゅん
【TwitterID】例:@QunQuuun
【キャンセルの可能性】大いにある・ありうる・ほぼない より選択
 
九州といってますが、たまたま出くわしそうな九州外の方や、わざわざ出向きたい九州外の方も大歓迎です。
皆さま奮ってご参加ください(*'∀'人)♥*
 
何か質問があれば@QunQuuunまで。
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

第7世代でのローテーションバトル(※1)の廃止が公式の公開している情報から明らかになってから初めての記事となりますね。もしかしたら追加コンテンツで配信されるかも的な望みも0ではないですが、僕はこれはないと思っているので、次に会うことがあっても第8世代で最速でしょう。

※1 トリプルバトルもですが、この記事ではやっぱり僕はローテ勢なので、ローテの話とさせていただきます。ご了承ください。

 

先日の主催したもつオフがORAS最後のローテだと思ってたら、最後のローテにもなるところでした。実際はさこみんさん主催のRotation Championshipsに出場させていただけたおかげで、もう少しだけローテを楽しむことができました。予選敗退が確定してしまいましたので、一足先にローテから離れようと思います。さこみんさん、対戦者のみなさんありがとうございました(*'∀'人)♥*

 

そんなこんなで、少しだけ(といっても長くなっちゃうかも)回顧記事をね、書かせていただこうと思います。何も言葉を発さないって択を選ぶには、かけてきた時間が長すぎる。

 

僕がローテに参入したのはBWのローテ最初期より少しだけ遅い頃でした。「シングル66に似てるらしいよ」というとーますの言葉から。王道"らしい"構築を勉強しながら、雑な構築も作ったりしてそれなりに自由に楽しませていただいていました。とーますとか懐かしいなとか思うプレイヤーもいそう。

 

それからちょっとしてTwitterで少しずつローテプレイヤーの知り合いを増やしたりしながら、週末大会に出てみたりとかもしてました。最初の出場だったかーとかは全然覚えてないけど、キュウコンウツボットでベスト8ぐらいになったのは覚えてる。

 

そのあたりからキュウコンの研究をはじめてキュウコンクレセの並びを研究し続けることになる。同時期にいんぷさんのキュウコンクレセが強いと言われてたりして、そのかたちの亜種にならないようにと必死だった気がする。そのうちキュウコンクレセの人的な感じで結構認識されるようにもなって、とても嬉しかった。

 

時期は前後するかもしれないけど、椎間板ヘルニアをわずらって、ポケモンしかできることなくなって一日中ローテをし続ける的な日々もあった。そんなこんなで勝利数リセット前当時十人前後しかいなかったローテブラックカード保持者にもなった。てへ(*'∀'人)♥*

 

紅白戦やチーム戦にも参加したし、いつしか主催をするようにもなった。それは6世代入ってからも続けていたけれど、定期的に"みんなが集まる大会"があるのが好きだった。反面、週末大会は途中から参加しなくなった。開催が義務っぽくなってきたころから。

チーム戦で優勝したり、紅白戦で中将や大将に選んでいただけたりしたこともあった。僕はただかけてきた時間が長かっただけなんだけど、それでもいろんな人から評価していただけたのかなと思い返すと、それはやっぱりとても嬉しい。

 

そうそう途中で総合レートに挑戦するようになった。

一番の理由はローテ布教のためで、そのために自分も他のルールをやってみてそれぞれの面白さを理解していくのが大事なんじゃないかなーと思ってたから。結果的には、あんまり布教活動には繋がらず、たまにそこそこの成績を出す人ぐらいになった。元がローテのためだったから、今後総合レートをやるってことはなさそうかな。

 

6世代になって環境が変わって、新しくローテをやり始める人が増えて、知り合いの層がガラリと変わったりした。それもそれで面白かったし、5世代層と6世代層で考察や構築に違いが見られたりして面白かった。

 

オフも開催することになった。誰だよ、「福岡でもつ鍋食べたいからローテオフ主催してください!」とか言い出したやつ。いい提案だったよ。

いろんな人のおかげで50人ぐらいの方々に来ていただけるぐらい大きなものになった。嬉しい。もつ鍋は正義。

 

ORAS発売して、いわゆる"欲張りギミック"を作ってから、どうにもそれ以上の自分の発想に納得がいかなくなって、たまにしかローテをできなくなってしまった。それでもローテで培った一貫した行動の作成や選択、攻撃の連携による詰めやその精査など、他のルールに活かしていけることが多かったから、ローテやっててよかったなってすごいなった。

 

結局ローテレート最高は2位だったので、これだけはどうしても心残り。1位になってみたかったな(*'∀'人)♥*

 

 

そうやってローテや他のルールでたくさんの知り合いが増えたんだなと思うと、ローテやってて楽しかったなーって思い出すし、それを思い出にとどめてしまうのは勿体ないとも思う。

だから僕はこれからもポケモンをやってくし、皆さんにもやっていってほしいなと思う。ローテーションバトルがなくなっても楽しむ方法はいっぱいあると思うから。しばらくはそれを探すことになるだろうなとは僕も思うけど。

とりあえずもつ鍋をまた囲いましょう。

そうやってポジティブにやっていけば、また(本当に)ローテできる日も来るかもしれないし(*'∀'人)♥*

 

 

ということで皆さん第7世代で会いましょう(*'∀'人)♥*

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。