鏡さんの帯

テーマ:
今日も休日気分-緞子黒帯


連休中、祖母宅で着物の整理をしました。

そこで祖母が「これ、私のおばあさんの帯」と見せてくれた

黒の緞子の名古屋帯。祖母のおばあさんは、

鏡さんという名前で、武士の娘でした。

わたしが生まれるずっと前に作られ、

戦火も逃れてここにある帯。

いつかわたしが帯や着物を作ったら百年先に

わたしの知らない子孫が締めてくれるかな。

そんな妄想に浸りながら着物は浪漫だな、と思いました。

AD

ひとつの財産

テーマ:
今日も休日気分-ルビー


本日は両親のルビー婚式でした。

結婚40年。40年いっしょに過ごすって考えてみると

すごいことのような気がします。

わたしたち娘にとっても両親の仲がよいことは

うれしいし、しあわせなこと。

これも人生のひとつの財産なのかなと思います。

AD
今日も休日気分-燕柄青塩瀬帯


連休2日目は、着物のトークイベントへ。

20名弱の小さなイベントでしたが、ほとんどみんな

着物だったので、トークを聞きつつ、

周りの人たちの帯や襟を眺めていました。

わたしは、白大島に燕柄の塩瀬の帯を締めていきました。

帯揚げ、帯締めは白。初夏の着物は好きな白を

活かせて楽しいです。


さて、トークイベントでは、男着物はモテるとか、

黒子が登場する映画などが話題に。

黒子の動きって繊細で、日本舞踊の要素が

必要だとか。黒子にちょっと興味が出てきました!

AD

武相荘

テーマ:
今日も休日気分-武相荘


連休初日は、鶴川の武相荘 へ。

先日、「白洲正子自伝」を読み返したばかり。

武相荘を身近に感じたのでした。


連休だし、よいお天気だったので

人が多かったのですが、落ち着く空間でした。

でも…白洲夫妻の粋さが展示の仕方や

ショップに表現されていないような。ちょっと残念かも。

春の庭

テーマ:

今日も休日気分-梅2009

先日祖母が白内障の手術で入院&退院。

右、左と1週間ごとの手術ですが、

とりあえず右目を終えて、帰宅し、二人で

コーヒーを飲みながら硝子越しに

庭を見ていると、「あら!よく見えるわ」と祖母。

めじろが椿にぶら下がっているのが

今まで見えなかったそうです。椿の隣の

梅の花もぼんやりピンクにしか見えなかったとか。

それもよく見えて、嬉しそう。

今週左目の手術をしたら、祖母の視野は

もっと広がりそうです。祖母の目に春。


ひ孫たちが小学校に上がるまでは元気でいたい

という祖母。ずっとずっと生きるのは

無理だと思うけど、できるだけたくさん生きて

欲しいです。まだまだ聞いておきたいこともいっぱい。

祖母がしばらく大好きな春を楽しめますように。

また新しい年

テーマ:


今日も休日気分-初詣2009


あけましておめでとうございます。


年末は予定いろいろで、気がぬけない日々でしたが、年始はのんびり。

元旦には初詣へ行き、おみくじを引きました。

末吉。縁談は騒ぐと破れる、らしい。気を付けなくちゃ。

友達に会うたびに、独身はもうわたしだけだ、と落ち込んでいましたが、

年末に会った友人のほとんどが独身に戻っていました!


もう焦る年でもないし、ここからは第2の独身ライフを

楽しむもよし!? みんなに便乗してわたしも気分は第2ステージ。

そう思うとなんの変化もない日も少し希望がもてるような…。


実は今不満がいっぱいのわたしですが、

これを機に、いろんなことが開けていくといいなと思います!


今年もどうぞよろしくお願いいたします。

蕎麦を巡って

テーマ:
蕎麦


週末、塩原へ行ってきました!

蕎麦の会の集まりだったので、メインは蕎麦。

でも、合間に、尚仁沢やもみじ谷大吊橋を歩き、

東照温泉や湯守田中の野天風呂に浸かるなど

自然と温泉も満喫。


蕎麦は、野点庵、風だより、蕎心庵をまわりましたが、

どこも美味しい~。風だよりでは同行していた会の方が

打った蕎麦をいただきました。

打ち立ては引き締まった感じ! つゆは、お店によって

辛め、甘めとありましたが、わたしはちょっと甘めが好み。

蕎麦湯で割ったときに食後の満足感が高まる気がして。

でも、蕎麦は締め。蕎麦に至るまでの蕎麦前を楽しむ

みなさんの様子が印象的でした。


ちなみに蕎麦前で飲んだのは、下野和醸、八海山、

那須乙女、ほかに鷹勇もいただき、あとは何だったかな…。

酒は甘いのがいいか、辛いのがいいか聞かれましたが、

わたしはどっちもいいです。蕎麦つゆも比較的

甘いのがいいかなと思いますが、これも厳密に言うと

辛めも美味しいです。結局、誰とどれだけ楽しく

食べるか、食事はそこに尽きるのかも。

二十五菩薩来迎会

テーマ:
二十五菩薩来迎会2008


今日は、3年に一度の行事、

二十五菩薩来迎会へ行ってきました。

甥っこが生れて、3度目の夏。

彼は初めて見に来ました。

でも、白道なんて言われてもピンとくるはずもなく…


厳かな雰囲気なのですが、

菩薩のお面をかぶった人たちが橋を渡る様子は

なんとなくおかしいのです!

そのおかしさがちょっと仏教的!?

そんな仏教が根底にある日本もいい感じだな

と思ってみたり。


そして、今日の喜びは、お坊さんが

橋の上から撒く、散華を運よくキャッチできたこと!


縁みくじ

テーマ:

絵馬


こんな暑い季節に行くつもりはなかったけど、

近くまで行ったので、せっかくだから京都へ寄ってきました。


お食事処を探してぶらぶら歩いていると、

安井金比羅宮 に行き着きました。「縁」に敏感なわたしは

ちょっとお参りを。縁みくじにも挑戦。


玉よする 浦わの風に空はれて光りをかはす秋の夜の月


という歌が添えられた中吉。

運勢は、「長年抱いた夢を実現できそうに見えます。積極的に

物事に取り組めばさらに運気は開けるでしょう。」とのこと。


いいことが書いてあり、心晴れ晴れ。でも長年生きていると

長年抱いている夢も増えてきて、「どれだろう?」

「なんだろう?」と思ってみたり。実現できそうな夢って、

もしかして、アレかしら…???


帰り際、みんなの絵馬をのぞいたら、結構怖いことも

いろいろ書いてありました…。こんなところに自分の名前を

見つけてしまったら、ちょっとした納涼気分を味わえそう!?

読書会の思い出

テーマ:
ジェーン・オースティンの読書会


読書会がアメリカでは流行っているとか。

すてきです。この映画もすてきでした!


わたしにとって読書会は懐かしく甘美な響き。

高校生の頃、学校の先生数人と生徒の15名ほどが

放課後集まって、1冊の本を読み、語り合っていました。

第1冊目は、旧約聖書でした。

あれは…、読むのが大変でした。でも普段授業は見られない

先生たちのプライベートな視点に触れられるのが

楽しかったし、豊かな気持ちになれたのでした。


その後、物書き同志の会で高校時代の先生たちに

再会したのですが、校長先生をはじめ、お世話になった

先生たちは、先生という枠を超えて人間的にみんなとても

魅力的だったと改めて感じました。教師によるいろんな事件が

日々取り沙汰されていますけど、わたしはよい先生に

囲まれていてよかった。あの頃は気づかなかったけど、

この映画をみて思い出せた読書会のこと。

これからは時々思い出して心をあたためたいものです。