浮腫みと水分摂取の関係!

テーマ:
こんにちは!
千歳烏山駅徒歩7分の給田名倉堂接骨院です!

雨が続きますが季節は真夏。
喉が渇く季節になりますが、
"水分を多く摂ると
浮腫むと聞いて飲みづらい!"

という女性ならではのお声を
小耳に挟みましたので、

今日は浮腫みと水分について
お話しさせていただきます♪

浮腫みとは
血管の外の細胞のまわりの水分が、正常より多くなった状態を指します。
つまり細胞に水分が過剰に溜まって皮膚が膨らんでいる状態なんです。

では水を飲みすぎると浮腫むんだ!と考えがちですが……

水むくみとは、
実は水不足が原因とされています。

水が不足することにより、体の細胞は水を溜め込もうとしてしまいます。
その細胞が膨れ上がることで浮腫みが生じるのです。

また、
血液は約50%が水分でできているので、
水不足だと血液がドロドロになり、
血液の流れが悪くなります。

それによって
細胞内の老廃物が出されない
余分な水分が出ていかない
上記2つが溜め込まれる

になってしまいます。

毎日2〜3リットルを時間をかけて飲むと良いとされています。

利尿作用のあるアルコールやカフェインよりも、水道水ではないお水が推奨されています♪

勿論疾患からくる浮腫みもありますので、
全身が浮腫む、急激に浮腫む、長い浮腫みに悩まされている場合は一度お医者さんで診断を受けるのも良いですよ!

当院では浮腫みに有効とされる
筋肉矯正というメニューがございますので、少しでもご興味がありましたらスタッフまで遠慮なくお聞きください₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾


AD