歴史能力検定に合格しよう(日本史)

歴史検定日本史の勉強法が中心です。日本史2級・3級あたりを意識しています。そのほか、教科書の日本史+αなども。

扱う内容は、歴史能力検定 日本史2級・3級を想定しています。

-------------------------------------------

◆テーマ: 政治史・外交史の概略(年表形式のまとめ)

◆テーマ: 歴代内閣総理大臣早覚え法(1885~1989年)

◆テーマ: ここで差がつく


歴史能力検定協会の公式ホームページはこちらから
-------------------------------------------


にほんブログ村 資格ブログ 歴史・文化系資格へ    
にほんブログ村   歴史検定 ブログランキングへ

コメント等の反映・返信には時間がかかることがありますので、お待ちください。



テーマ:

これまで、7回にわたって、

1885年=明治18年に発足した初代の伊藤博文内閣から、

1989年=平成元年の74代・竹下登内閣までの、


語呂合わせ、歴代総理大臣 覚え方を見てきました。


歴代内閣総理大臣早覚え法-1 (1885~1901年、1901~1913年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-2 (1913~1924年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-3 (1924~1932年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-4 (1932~1937年、1937~1945年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-5 (1945~1954年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-6 (1954~1974年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-7 (1974~1989年)




ここで、これまでの覚え方をまとめて一覧にしておきます。


それぞれの言葉がどの総理大臣を示しているのか、すぐにわかるようにしておきましょう。

17の番号は、内閣総理大臣早覚え法1~7で扱っている内容に対応しています)



1

イ ク ヤ マ イ マ イ オ ヤ イ


カ サ カ サ カ


2

ヤマ クマ テラ ハラ タカ カ ヤ キ



3

カ カ ワカ タナ ハマ ワカ イヌ


4

サイ オカ ヒロ リン


コノ ヒラ アベ ヨ コノ コノ トウ コイ スズ


5

ヒガ シデ ヨシ カタ アシ ヨシ


6

ハトサン イシ キシ イケ サ タナ


7

サン プク ダイ ス ナカソ タケ









にほんブログ村 資格ブログ 歴史・文化系資格へ    
にほんブログ村   歴史検定 ブログランキングへ

いいね!した人
PR

テーマ:

歴代内閣総理大臣早覚え法-1 (1885~1901年、1901~1913年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-2 (1913~1924年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-3 (1924~1932年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-4 (1932~1937年、1937~1945年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-5 (1945~1954年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-6 (1954~1974年)の続きです。



今回は、高度経済成長終了後から平成改元までの内閣です。



----------------------------

【高度経済成長終了後~平成改元】1974~1989年


☆覚え方

サン → プク → ダイ → ス → ナカソ → タケ


サン 三木武夫

プク 福田赳夫

ダイ 大平正芳

ス  鈴木善幸

ナカソ 中曽根康弘1~3

タケ 竹下登






まず、  サン プク ダイ ス で一区切り。その後、 ナカソ タケ と続きます。


「三角大福」

(佐藤栄作の後、自民党総裁の座を争った三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫の総称)


という言葉があるため、順番がそれとごっちゃにならないような覚え方にしています。



「ん」 の後のハ行が半濁音になる(ぱぴぷぺぽになる) という国語の特性を生かして、

三木武夫を 「サン」 にすることで、そのあとの 福田(フク) は「プク」 と半濁音になります。


※例) 金髪(キン+ハツ→キンパツ)、元服(ゲン+フク→ゲンプク)、乾杯(カン+ハイ→カンパイ)など



これで三木→福田の流れは大丈夫ですね。



また、中曽根内閣は第1次~第3次まであります。


ナカソ」 とわざわざ3文字使っているから、3文字=第3次まで、ということで覚えられるかな、と思います。。






にほんブログ村 資格ブログ 歴史・文化系資格へ    
にほんブログ村   歴史検定 ブログランキングへ

いいね!した人
PR

テーマ:

歴代総理大臣 覚え方


歴代内閣総理大臣早覚え法-1 (1885~1901年、1901~1913年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-2 (1913~1924年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-3 (1924~1932年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-4 (1932~1937年、1937~1945年)、

歴代内閣総理大臣早覚え法-5 (1945~1954年)の続きです。



今回は、日本民主党を結成した鳩山一郎内閣~55年体制の成立~石油危機の内閣です。



----------------------------

【55年体制~高度経済成長期】1954~1974年


☆覚え方

ハトサン → イシ → キシ → イケ → サ → タナ


ハトサン 鳩山一郎1~3

イシ 石橋湛山

キシ 岸信介

イケ 池田勇人1~3

  佐藤栄作1~3

タナ 田中角栄1~2





まず、  ハトサン イシ キシ で一区切り。


ハトサンの「サン(=3)」は、第3次鳩山一郎内閣のことです。


保守合同による自由民主党の誕生後に組閣されたのが第3次鳩山一郎内閣になりますから、


あえて 「サン」 をつけて、第3次鳩山内閣から自民党/55年体制だとわかるようにしています。


イシ (石橋湛山内閣) については、「イ」 だけだと池田勇人と間違えることがあるため、「イシ」 の2文字にしています。



イケ サ タナ


続いて、1960年の日米安全保障条約改定後に退陣した岸信介の後、


「寛容と忍耐」「所得倍増」 を掲げた池田勇人内閣から、石油危機が起こった田中角栄内閣までです。

(石油危機の発生は1973年ですが、第2次田中内閣は1974年12月まで存続しました)


イケサタナ」 と、「あかさたな」 みたいな感じで覚えてしまいましょう。



注意すべきは、池田内閣、佐藤内閣はともに第3次まで、田中内閣は第2次まで組閣していることです。


この語呂合わせでは、そこまでカバーしきれていません。。。

(もっとよい覚え方があったら書き直します)







にほんブログ村 資格ブログ 歴史・文化系資格へ    
にほんブログ村   歴史検定 ブログランキングへ

いいね!した人
PR

[PR]気になるキーワード