共食縁のブログ

共食縁ブロガーの葉石かおりです。

桜というとお花見、お花見といえば共食縁です。
桜を見ることを目的に、たくさんの人たちが一同に集い、
そこでさまざまな縁が生まれます。

お花見の席だと初めて会った人であっても、
スムーズに話ができるように思えます。
桜の美しさ、そして外で食べて飲む解放感が心の垣根を
取り除いてくれているからではないでしょうか?


お花見に欠かせないお酒もまた人と人をつなぐ最高のツール。
お酒を飲むと緊張感がほぐれ、会話もスムーズになりますよね。
特に日本酒は「さしつさされつ」ができるので、
コミュニケーションをはかりやすいのです。

気の置けない仲間はもちろんのこと、
お花見は新たな出会いが生まれる「共食縁の聖地」。
実体験を通し、改めて感じました。

お花見の季節は過ぎてしまいましたが、これからの季節は
バーベキューが共食縁のいい場になると思います。
お誘いがあったら積極的に参加されることをオススメします。

AD
photo:01


共食縁をご覧のみなさま、こんにちは。
カウンセラーの相楽まりこです。

実は私、春先になるとあるものを狩りにいきたくてウズウズしますいて座

あるものとは…
いちごいちごいちごいちごいちご
そうです、イチゴです。

旬の甘いイチゴを、もぎたてでいっぱい食べられるなんて、とっても贅沢な話です。

ただ今回は、私が楽しむことだけでなく、普段イチゴが大好きな我が子に、実際イチゴというものがどんな風に育っているものなのか、ホンモノを見せたいという目的もありました。

今のところ我が子にとって、イチゴとは待ってればテーブルに出てくるもの、スーパーに行けばあるもの、そう思ってるはずなので汗

千葉県のとあるイチゴ農園にお邪魔してきました。
春休みということもあり、親子連れがいっぱいでしたよ。

ビニールハウスの中は、様々な品種のイチゴがいっぱいで、パラダイスでしたドキドキ

photo:02


我が子はかなりのはしゃぎっぷりでした。
普段はお皿の上から食べてるイチゴが、辺り一面になっているんですから、興奮するのは当然ですよね。
自分の手でイチゴを摘むのにチャレンジビックリマーク
photo:03


もぐもぐ
photo:04


大満足の一日でした。

子どもと一緒に食材の本当の姿をみるというのは、食育の大切な活動の一つだと思います。
これからも、お肉、野菜、果物、魚など、それぞれの原点に触れる機会を、親子でどんどん増やしていきたいですね。


AD

共食縁拡大委員会事務局のCharlesです。

交流会「CAPA会」ご紹介の最終回です。

CAPA会は19年前に広島県の福山市で6名のメンバーから始まりました。
それが現在では1600人が登録をされ、
東京、大阪、名古屋、福山、それに中国の山東省青島でも
開催されている大きな交流会となっています。

今回も主催者の寺田雅一さんにお話をお伺いします。


Q.皆さんで一緒に食べる事でどんな効果や良いことがありますか。

「たった2時間程度の間に一人10分会話しても
 全員と話をすることはできません。
 でも、アルコールは初対面の緊張感を緩和させますね。
 もっとも緊張感を緩和できるのは、
 参加者の朗らかな雰囲気だと思いますが・・・。
 この朗らかな雰囲気は、東京、大阪、名古屋、福山、青島ともに
 同じ雰囲気を出しています。おそらく、主催者の私が、
 軽い?明るい雰囲気で皆に接していることが
 ウイルスのように伝染してしまったのでしょうか・・・。(笑)」


Q.これからどんな展開をしてゆきたいですか。

「全国CAPA会メンバーを一同に集めるイベントをやりたいですね。
 福山のメンバーは東京や大阪、名古屋のCAPA会に
 時々参加していますが、非常に刺激になるようです。
 お互いに交流を図ることで、新しいビジネスが生まれるかもしれません。
 また、他の地域からもCAPA会をやりたいとオファーも来ていますが、
 機会があれば不定期にでもやろうかと思います。」


CAPA会はこれからも全国に広がってゆくものと思います。
ご縁のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。

CAPA会の皆様、寺田さん、お話ありがとうございました。

AD


共食縁のブログ

京都にリド飲食街という古い場所があります。
いくつもの小さな店がひしめきあう飲食街で、
昭和の香りがぷんぷんしています。


こちらに「じじばば」という名店があります。
カウンターだけの小さな店で、お客様のほとんどがおひとりさま。
狭いこともあって、お客様同士ですぐ仲良くなります。


名物のカレー風味の煮込み。
カレー風味ってすごく新鮮でした。
隣にいたお客様と「これ、おいしいですよね」なんて言いながら
新しいコミュニケーションが生まれます。

この日は相方とともに行きましたが、席を詰めてもらうのを
きっかけに知らない者同士の会話が生まれました。
おひとりさまだったら、きっともっと会話が進んでいたことでしょう。


日本酒メインのお店ですが、ナポリタンもあります。
こういうものって急に恋しくなりますよね。

おひとりさま同士の出会いの場所だからこそ、
生まれる共食縁もあるんです。

「じじばば」はそれを実感できるお店です。

共食縁拡大委員会事務局のCharlesです。

交流会「CAPA会」のご紹介第3回です。

CAPA会は19年前に広島県の福山市で6名のメンバーから始まりました。
それが現在では1600人が登録をされ、
東京、大阪、名古屋、福山、それに中国の山東省青島でも
開催されている大きな交流会となっています。

今回も主催者の寺田雅一さんにお話をお伺いします。

Q.開催の方法、分担などのノウハウを教えて下さい。

「東京は、幹事が2年毎に交代しており、
 福山は、毎月幹事が交代しています。
 青島は私が幹事です。
 開催内容は、すべて幹事に任せてありますが、
 いつも相談を受けて決めています。交流会中心にやったり、
 ライブイベントやったり、文化講演、企業家講演やったりと
 全て幹事の采配に任せています。
 たまに私自身がサプライズを受けることもありました。」

筆者が東京の会に参加した時には名古屋の会の
主催者の方も来ていました。
幹事は受付をやったり、清算したりと忙しい役回りで
会合を楽しむ時間は少ないと思いますが
任期を決めたり、お互いの会合をサポートしたりと
うまく作業を分散させるシステムを作り上げているんですね。
CAPA会には皆が同じ「楽しむ」という
目標を持っているのを感じました。