会社の悩みをワンストップで解決@共進情報いんふぉ

「働きやすい・働きがいのある職場」作りをモットーに活動や交流会を企画していきます


テーマ:

営業セミナー「お客様からYESを引き出す~クロージングの方程式~」

昨日開催致しました。

 

 

 

まずはコーチングから生まれたコミュニケーションの4つのタイプ分けから、体験してもらいました。簡単な質問から、4つのタイプに分けます。わかりやすくするために、動物でタイプ分けされてます。

 

「ライオン」「サル」「コアラ」そして「パンダ」

 

「営業編」はやはり「サル」タイプの方が多いのでしょうか。

この日は、満遍なく分かれたんですが、それでもやはり若干「サル」が多かったんですよね。

 

 

20個の質問で簡単な診断ができるのですが、自分の考え方や行動の特徴もわかります。他のタイプの特徴や注意点までわかります。

 

さすがに私は6回目の受講なので、診断をするまでもなく、また同じ結果が出ました。

 

 

時に、自分のタイプとは正反対のタイプの人を、「苦手」と捉えてしまったりすることがあります。相手がどのような人で関わる上でどんなことに注意すれば良いか頭に入れてるだけで、少し関わり方が楽になります。

 

 

 

講座の本題では、基本的な5つのコミュニケーション能力の説明がありました。

 

わかりやすいもので言えば「アイコンタクト」「ボディランゲージ」

あとは「会話を繋げる」「質問」「伝え方」

 

 

その中でも「いち早く効果的に信頼関係を築く方法」としての、話を聴く時に有効な3つの方法。

 

 ↑これは誰にでも簡単にできるので、すぐに試せるし、是非使ってほしいなぁというスキルでした。

 

 

お客様からYesを引き出すというクロージングの方程式のフローですが、ここではわかりやすい例として「テレビショッピング」が取り上げられました。

 

テレビショッピングのクロージングの演出を解説してもらってるようで、この例えは非常にわかりやすく面白かったです。

 

 

タスク管理と部下指導の基本では、「今まで大変と思ってた(仕事・こと・業務・目標)が、これならできそうと思える」方法と、「これをやらないと結果が出ない」という

プロセスマネジメントについて学びました。

 

 

 

最後に「成長と成果を引き出すアドラー心理学」に触れました。

 

勇気づけの心理学ともいわれてる「アドラー心理学」ですが、受講者さんの中には「漫画で読みました」という方も。最近また雑誌の特集になったりしてますしね。(前回の講座は、ちょうど週刊ダイヤモンドに特集があった時でした)

 

 

 

 

今回も、

目的論 ⇔ 原因論

について学びました。

 

 

目的論☞どうすればいいかを考える。

なんのために?本当はどうなりたい?本当はどうなったらいいか?

 

 

原因論☞問題が何か分析する。

悪いところを見つける。何が悪いか?何を直したらいいか?

 

部下指導のみならず、日常の関わりや子供に対しても「目的論」でいくと、成果や成長を引き出せます。社員さんの教育にもこの「目的論」をベースに行っていくべきですね。

 

 

 

今回セミナーで学んだ内容の中から、是非3日以内に1つでも実践してくださいね。

 

 

八木先生(Being Coaching Office 代表/リーダーシップトレーナー)ありがとうございました。

コーチングセミナーの企画は今後も予定していきます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

共進情報いんふぉ奥村希望さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。