おひとりさまのための終活講座|さいとう司法書士事務所

終活に役立つ情報などについて書いていきます。
多くの方が終活に取り組むきっかけにしていただければ幸いです。


テーマ:
【回答】お子様達が話し合って、仲良く分け合ってくれればベストですよね。

例えば、兄弟二人で、兄が実家で両親と同居している場合、
(兄)「弟よ、俺は家賃も払わず住まわせてもらっているのだから、自宅不動産は俺が相続させてもらうけど、銀行預金などはお前が相続してくれ」
(弟)「兄さん、俺は自由にやらせてもらったし、今後介護の負担をかけてしまうのだから、財産はいらないよ。先祖代々のお墓の管理もしてもらわなければならないし。相続は全部兄さんが取得したらいいよ」などとお互い譲り合っていれば、将来相続が発生したときも円満に解決してくれそうです。

しかし、両親が元気な時は上記のように言っていたお子様方も、それぞれの家庭があり、その家庭事情も変わります。

例えば、両親がこの後、長い介護生活の末に亡くなった場合、
(兄嫁)「仕事で家にいない夫に代わって、夫の親の介護はほとんど私がやってきたのよ。長い間介護をした苦労を考えたら、全部相続するのがあたりまえです。」
(弟嫁)「ちゃんとうちの夫にも平等の権利があるのだから、もらえるものはもらって欲しい。お兄さん達は家賃を払わなくてよかったんだから、随分貯金できたでしょ。うちも、これから子供たちの進学でお金がかかるのよ。」というように、対立することも考えられます。

上記の例は、まだ不動産の他に、銀行預金なども同じくらい合って分けられる場合です。
この点、不動産しか財産がないような場合は、分けようがありませんので、余計に揉めやすくなります。

やはり、遺言でどのように相続させるのかを決めて、どうしてそうするのかの理由もしっかり添えるなど、兄弟が揉めないような配慮をしておくことをお勧めします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【回答】「大した財産がないから」というのは、遺言をしない理由(いいわけ)によく使われる文句です。

しかし、財産が多くても、少なくても、遺言がなければ、相続人全員で遺産分割協議をしなければならないのは同じです。

また、財産が多ければ分割方法は色々ありますが、相続財産が自宅不動産だけというような場合は、分割が難しいので、逆に少ない方が争いになるということもあります。

ですから、大した財産もないのに遺言なんて、おおげさだなんて思われないで、相続争いがおこらないよう遺言を書くことをおすすめします。

ちなみに、私が会った「大した財産はない」という人が実際に持っている財産は、数万円から数千万円とかなり幅広いです^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【回答】世の中にはたくさんの種類のエンディングノートがあり、その様式も色々ですので、一概には言えませんが、エンディングノートで財産を誰に相続させるかを書いたとしても、それが遺言として法的に有効なものとなる可能性は極めて低いと思われます。
ですから、エンディングノートとは別に遺言書を正しい様式で書いてください。

ただ、これに関連して、
【質問】亡くなった父の書斎からエンディングノートが出てきて、財産は全て私に相続させるとなっているのですが、これとは別に遺言書はありませんでした。この場合、このエンディングノートの記載は無効なんでしょうか?
【回答】 エンディングノートの遺言といっても、自筆証書遺言の要件を満たしていれば、法的な効果は認められるわけですから、自分で判断せず、専門家にご相談ください。

有効か無効か判断が分かれるような場合、最終的には訴訟で解決せざるをえなくなります。
争族にならないように遺言したつもりが、逆に争いの種を作ることにもなりますので、きちんとした遺言書を作成しましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。