教育ってなんだろう?教員ってなんだろう?

中学校での国語の教員としての毎日。学校という現場で日々感じること、生徒と接して思うことなどなど、こころにうつりゆくよしなしごとを少しずつ書いていけたらいいなと思っています。色々あるけれど、生徒が大好き!それが一番の力の源です☆


テーマ:
ブログを始めて1ヶ月

何だかんだで、続いていることに驚く。

大学生のとき、3年日記を付けていたことがありました。

結局その日記は1年半で眠りにつきました。

その当時、色々なことがあって、

その色々から逃げるために衝動的に日記帳を買ったことを

今でもよく覚えています。

あの頃の私と今の私は違うけれど、あの頃の日記、今はまだ読み返せません。

あの頃の、全部を失ったと思っていた私と死にそうなくらいの切なさと、涙のあたたかさの全てを、

いとおしいと思えるようになったらまた、

あの日記を開いて、あの頃の私に会いたいと思います。

その時がくるまで、このブログを続けることができたらいいなと思います。

1ヶ月目の決意表明でした!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は、実力テスト、仕上げてきました!

印刷も終わったし、袋詰(笑)もしたし、

これでいつ試験が始まっても大丈夫!

実力テストと言っても、クラス分けの資料にするためのものなので

分かりやすいように五科目全て100点満点で作ります。

三年生みたいに、40点満点の実力テストなら、もう少し楽だったのになぁ。

今回の出題は

文学的文章     20点
説明的文章     20点
古典          20点
語彙・語句・文法   20点
漢字          20点


でした。

いやぁ~、打つのが大変でした。その後の確認作業も・・・。

でも、これで少しだけ、気持ちが楽になりました。

明日から、1年生は3Days(職業体験)、

そして3年生は明後日いよいよ公立前期試験!!

平常授業なのは2年生だけ・・・。

2年生も短縮にならないかなぁ・・・なんて甘いことを考えてみつつ

自分の時間割には、1~3年全部入っているから、

それでもだいぶ授業数が少なくなることに気付き、

一人心の中で万歳三唱しました(笑)

だって、先週も先々週も6詰まりが2回もあったのだもの・・・。

今週は楽したい!!でも、テストの採点が待っている。。。

何はともあれ、三年生、明日も言うけど、明後日の前期試験、頑張れよ~!

部活出てる場合じゃないだろ~~~!
(今日も、気分転換と言いつつ、部活に出てきた3年生への愛の叫び。笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
実力テスト、作り終わりました!!!!!!

と言っても、漢字の出題部分は、学校から持ち帰るのを忘れて

出来ていないのですが・・・(汗)

でも、終わりましたよ、それ以外は!

模範解答も作ったし、良かった良かった♪

あとは明日学校で、漢字の部分を作って、プリントアウトして

印刷すればOK!よく頑張ったぞ、私!(笑)


いや~、それはそうと、そろそろ花粉対策しないとなぁ。

私は昔からへビィな花粉症患者(アレルギー性鼻炎)なので、

毎年毎年目と鼻と、苦しみます。

去年は「竹酢水(ちくさくすい)」なるものを飲んで

症状がだいぶ抑えられていたのですが、最後のほうはもうだめでした。

今年は何に頼ろうか。薬は飲みたくないしなぁ。

どなたか、花粉症を抑えるための秘策を伝授してください・・・(涙)

とりあえず、今は甜茶としそとヨーグルトかな。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年度の勤務校での授業で

「自分を変えた出会い」
「自分の尊敬する人」
「自分はこんな人になりたい」


というような課題で作文を書かせたことがあります。

生徒たちは例えば、プロサッカー選手だったり、自分の習い事先の先生だったり、

所謂、その道の専門家を引き合いに出している子が多かったことを覚えています。

そんな中で、私のことを書いてくれた生徒がいました。

彼女はクラスの中で、目立つ存在というわけではないのですが

でも、大人(教員)に対してかなり冷めた目をもっている子でもありました。

そういう意味で、私は彼女の存在をいつもかなり意識していたと思います。



クラスも、3ヶ月付き合うと(授業をすると)だいぶ私に慣れてくれて

授業自体がどんどんやりやすくなるのですが
(私のボケに対するつっこみも日に日にスムーズに展開されていく。笑)

彼女はやっぱり、一歩引いた感じで、私の発言に対して笑ってくれた顔は多分その当時では、一度も見たことが無かったと思います。

課題作文を書かせたのは、2学期の終わりで、12月のことでしたが、

その時もまだ、私は彼女に嫌われていそうだという自信がありました(笑)

私は、所謂、熱血先生、というやつらしいのですが
(自分ではそんな気はしていないので、よく分かりませんが、そう言われたことが何度かあります)

日々、授業をする中で、色んなことを熱く語るくせがあります
これが熱血か?笑

例えば、あの先生はいちいちうるさいだとか、むかつくだとか生徒が言ってくると

それに対する教員側の気持ちを切々と語るのです。
ウザイ(笑)と思われていそうですが。苦笑)

私は、先日の記事にも書いたとおり、けじめがつかないことが嫌いです。

卑怯なことも嫌いです。思いやりが無いのも許せません。

でも、理不尽なことで怒るようなことは絶対にしません。

やるときはやる!遊ぶときは思いっきり遊ぶ!

人間はどうして生きるのか、

どうして、制服やジャージをちゃんと着なくちゃいけないのか、

どうして、学校に化粧をしてきちゃいけないのか、


色んなどうして、を国語の授業そっちのけで、語ってきました。

その都度、私はみんなが好きだから、やっぱり真剣に話したいし、

みんなが好きだから、後悔させたくない、ということをずっと言い続けました。

そして、その他にも色んな雑談をしながら
(私の最近観た映画の話とか、くだらない失敗談とか。笑)

テスト範囲が終わらないよ~~~(涙)と言っては生徒に

先生、雑談しすぎたんでしょ?

と聞かれる始末。(しかも今もそれは変わらず。。。汗)



そんな私を、彼女はとってもよく見ていてくれたようでした。

彼女の作文、

「私を変えた出会い」


「私は、今まで、先生なんてみんな同じだと思っていました。

いちいちうるさいし、生徒の考えも聞かずにすぐ怒るし、

それもこれも全部先生たちが自分が気に入らないから、怒っているだけだと思っていました。

今もその気持ちは変わっていませんが、中学校に入って、○○先生に出会いました。

○○先生は、いつも自分たちのことを一生懸命考えてくれます。

色々な大変なことも、私たちのために、夜遅くまで学校に残って仕事をしてくれます。

いつも私たちのことを一番に考えて、しかってくれます。注意してくれます。

ちゃんと私たちの考えも聞いてくれます。信じてくれます。

こんなに自分のことを考えてくれる先生がいるなんて初めて知りました。

私も、先生みたいな人になりたいと思います。

先生みたいにみんなに平等に愛情を与えられる、いつもみんなを元気に楽しくしてあげられる、そんな人になりたいです。

国語の時間になると、クラスはみんなふんいきが変わります。

とても活発になって、私はたまに、これは本当に国語の授業なのか、と思います。

数学が自習になると、みんな「やった~!」なのに

国語が自習になると、みんな「ええ~なんで~」です。

それもこれも全部、先生が国語の先生だからです。

私は本当は中学生になんてなりたくなかった。中学校なんて嫌だった。

引越しするのが嫌だった。今は友達もたくさんいるけど、引越しするときは

不安で不安でたまりませんでした。

でも、引っ越して○○中学校に入って、本当に良かったと思います。

だって、○○先生に出会えたから。大切な友達に出会えたから。

だから私はこれからも、先生から教えてもらったことをちゃんと守って

がんばろうと思います。

先生、ありがとうございます。

先生、私が卒業するまで、ちゃんと私のこと見ていてください。」


彼女は小6の終わりにこちらに引っ越してきたということで
(私はそれまでそのことを全く知りませんでした)

私が最初に感じた、彼女の冷たさというのは、彼女の緊張だったのだと

その時初めて知って、納得しました。

私は臨採の教員。1年単位で他の学校に移ります。

彼女の作文の最後の文を読んで、切なくて悲しくて、涙が出ました。

ごめんね、裏切るわけじゃないんだよ、私の気持ちは本当だから。

本当はみんなとずっと一緒にいたいんだよ。

ごめんね、私が臨採だから。

生徒は私が臨採の教員なんて知りません。着任したばかりの先生が

来年度はもういない、なんて、考えもしていません。

とっても辛かったです。


作文には、私からのコメントをつけて返したのですが
(38人×4クラス。今思うと結構大変でした)

彼女のこの作文は私がこっそりコピーをとって、保管してあります。
(著作権の問題??笑)


生徒はみな、先生のことを諦めているのかな。だとすれば、とても悲しいことです。

教員ができることって、なんでしょうね。

いつもそう思います。


長文、読んでくださって、ありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
作り終わらない~~~~(涙)

うちの学校は定期試験を印刷屋さんに出して作ってもらうことも出来る学校なのですが

(学校によって、予算がなくて印刷屋さんに出せないところもあります。地域によって違うようですが、昨年度の学校は印刷屋さんに出している先生はいらっしゃいませんでした)

私は昨年度の学校で、定期試験を自分で作ることに慣れてしまったので

今更印刷屋さんに出すなんて勿体無いことはできません。
(自分のお金じゃないのにね。貧乏性。笑)

なので、全て自分で打ち込んで作ります。

しかも、普段の定期試験(中間・期末)は教科書からの出題なので

本文を使用するにも原文のフロッピーというものを使って貼り付ければ○ですが

今回は実力テストなので、教科書からの出題ではありません。

そのため、選んだ問題の文章をすべて

自分で打ち込まなければならない!!!

のデス!!!

こういう時に国語って嫌よね・・・。長いんだもん、文章が。。。

絶対間違えたらいけないし(当たり前か)早く作らなくちゃいけないし。

今日は一日部活で出来なかったから、明日は頑張るぞ。

絶対頑張るぞ、だって2月2日の一時間目だもん、国語・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今から3年前、私は母校の高校へ教育実習に行きました。

それが、私にとって、初めての教育の現場でした。

その当時、既に3年間以上、塾の講師のアルバイトをしていた私は

教えること自体に全く抵抗はなかったのですが、

生徒と触れ合うことで得るものが本当に沢山ありました。

たった2週間の教育実習で、生徒からもらったもの。沢山の気持ち。

どんなときも、ちゃんと向き合うことの大切さ。

信じることの大切さ。

愛情を伝えてあげることの大切さ。

叱ることの大切さ。


どんな生徒のことも諦めないことの大切さ

そういった色んなことを教えてもらって、今の私がいます。

教育実習期間2週間の中で、合唱コンクールがありました。

毎日毎日朝と放課後、一生懸命練習する生徒たち。

2週間目のお別れのHRで、とっても可愛い色紙と、花束と、

「先生のために歌います」と歌ってくれた「遠い日の歌」

泣き虫の私は、ずっと涙が止まりませんでした。

そんなひどい泣き顔の私を真ん中にして撮ったポラロイド写真が貼られた色紙は、

今でも本当に大切な私のたからものです。

そして、そのときの生徒たちの笑顔と泣き顔が私の心の支えです。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は金曜日。

飲み会に誘われましたが、断って帰ってきました。

今の学校で、一番の心労。

それは、正直に言ってしまって、

生理的にどこか受け付けない方から、妙なアプローチを受けていること。

夏休みにも何度も何度も食事に誘われ、その時は何とか誤魔化して断って

私としては結構勇気を出して嫌がっているような雰囲気を出してみたり・・・

それでも全然だめなんです。(涙)

今日のことも先日、声をかけていただいて、

一度お断りしたら、すぐさま、「じゃあ来週は?」と切り返され

それも断ったら1時間後、「2月10日はいかがですか?」ときたもんだ。

はぁぁぁ。困る。

でも、今回は何か、二人じゃなくて、他の若い先生も一緒、とおっしゃっていた。

その先生たちにご迷惑をかけるといけないので、一度ご一緒させていただこうかとも思うのだけど、

一度行ったら、もう断れない気もする。

そしてその、私が生理的にどこか受け付けない方にメアドを聞かれたら

絶対教えなくてはならないよね、やっぱり。

その方、何か、メールばかりやってらっしゃるのですよ、仕事中も。

うわさでは、出会い系サイトを利用しているとかいないとか・・・

どうしたもんだか。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、相当納得のいかない授業を一つやってしまいました。

1年生の授業で、今日は大切な大切な文法導入の授業でした。

百人一首のテスト返しが最初にあって、そのあとの残った時間でバタバタと

入ってしまったのが間違いでした。

ごめんね、みんな。明日はがんばります。いざ、リベンジを!

明日は文節わけに命をかけます(笑)


今の学校という世界では、20代前半はものすご~く若い部類に入ります。

20代後半でも若~~~い部類に入ります。

それだけ若い人が少ないということなので、

色んな面で周りの先生に甘えてしまうことが多く、また

先生方も我が子のように私のことを心配してくれたり気遣ってくださいます。

臨採3校目、職場には本当に恵まれています。

感謝感謝の日々です。

しかししかし、それ故、困ることもあります。

結婚していない20代というのは、すぐに誰かとくっつけられそうになります。

例えば同じ職場にそういう異性がいる場合、その二人をくっつけようという

作戦が秘密裏に展開されていくのです。

良かれと思ってやってくださっているのはとても良く分かるのですが

ちょっと困ります。また、先生によっては自分の息子さんや甥さんと

お見合いを、というお話を持ってらっしゃいます。

それは正直、本当に困ります。断りづらいけれど、お会いしてしまったら

その方がそれ以降の展開を断りづらい・・・。

いつもいつもその断り方に悩みます。何かいい断り方はないものか・・・。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
のせいで、コートがぐちゃぐちゃ。

そのために、今日の朝練、午後練、明日の朝練は中止になりました。

雪が降っちゃうとねぇ、コートが立ち直るのに相当時間がかかるのです。

でも、部活が筋トレになると早く部活が終わって、

その分早く帰れるのはちょっと嬉しかったりもするのだけれど。。。

でもね、今日はいい日ではありませんでした。

自分としては最悪な日だったかもしれない。

いろんな場面で怒りました。授業で怒って部活で怒って家でも怒った。

あ~あ、嫌だなぁ。今日はもう考えるのやめよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
と言われた今日。

それが何を意味しているのか位、私にだってわかりますとも。

仲間由紀恵さんのように私が美しい、

ってわけぢゃないってこと、わかってますとも。

ええ、ええ、要するに、私が極道の先生だと言いたいのだ、彼は。

でもねぇ、やさしいのよ、私。(笑)

けじめがつかないのは許せないし、思いやりがないのは許せない。

卑怯なことを平気でやる奴も許せないから、締めるべき所はしっかりと

締めているけれども、理不尽なことでは絶対に怒りません。

怒るのだって、生徒にわかってもらえる怒り方をしているつもりです。

本当は怒るのって疲れるから、出来るだけ怒りたくないけれど、

でも、私は生徒が好きなので仕方が無いのです。

妥協はしたくないのです。

周りの先生方に言わせれば、それが【若い】ということですが。(苦笑)

「ごくせんに~」という発言の後、休み時間に数人の女子と話していたら

「あの発言面白かったけど、でも私も先生ってヤンクミみたいだと思う」

と言われました。

う~ん、喜んでいいのかしらね。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。