辛坊さんGJ!

テーマ:

4月19日放送の「ウェークアップ」より引用します。


辛坊治郎氏

今週の各局の報道を見てると、本当にイメージ戦略というか、イメージ合戦で本当の中身がまったく、伝わってないんで、具体的にお伝えします。今回の制度で月額保険料がこうなるという79万円の基礎年金しか貰ってない人の場合のモデルケースです。

国保で2800円だった人は、新制度で約1000円に・・・だいぶ、減りますね。で夫婦でも減ります。

200万円ぐらいの厚生年金受給者、このモデルケースの場合には、単身者、7700円月額の国保料が5800円、モデルケースでは減るんです。

     ダウン
月額保険料フリップ


但しですよ、実は、国保という名前から、全国一律同じ保険料と思っている人が、大半なんですよ、気がついてないだけで、隣町とうちの町と5万円も保険料が違うっていう位、市町村ごとでみんな違う、だから今まで、国保料が高かった市町村では、激的に下がります。ところが低かった市町村だった人は上がるケースもある。確実にいえるのは、全国の中で、東京23区にお住まいの場合の皆さんは、上がります。何故か?というと、東京23区の国保の計算は、他の地域とちょっと違って、安かったんですね。住んでる所によってまったく違うんですけど、これがね、一律で何割で上がったか、下がったかなかなか難しい・・・

     ダウン
月額保険料はこうなるフリップ


今まで5倍の格差がありました、国保の場合は、今回は、市町村ベースから都道府県ベースになったんで、広域化されたんで、平常化して格差は下がります。但し、それでも福岡などにお住まいの方と、東京などにお住まいの方では、やっぱり2倍ぐらいは年間の保険料の差があってるぞというのが、現実ですが、
     ダウン
年額保険料の地域格差フリップ
たぶん、このあたりのことが、ほとんどわかっていないんじゃないかなと・・・


======引用ここまで======



現在マスコミは、後期高齢者医療制度について、

毎日のように取り扱ってます。

しかもその報道の仕方は批判ばっかりです・・・

もちろん批判するのもマスコミの役割ですから、

それはそれで構わないのですが、

今の報道内容を見ていると、

まるで全ての人の保険料が上がるかのような印象です。

この一方的な報道の仕方はいかがなものでしょうか?

報道するのであれば、

全体を把握できるような報道をして欲しいと思います。

悪い点だけを垂れ流す今の報道は、

単なる政府・与党批判のための報道にしか見えません。

新しいことをはじめる以上、

良い点もあればまだ足りない点もあるでしょう。

それから国民のとっては嫌なことでも、

未来を見据えて考えた場合仕方ないこともあるでしょう。

こういった報道では山口県の補選にも影響するでしょう。

世論を動かすほどの影響力のあるメディアなのですから、

良い点と悪い点を踏まえて、

もっと冷静に報道していただきたいですね。

そんな中の極めて冷静に見えた辛坊さんの説明ですね。

私見でした。


辛坊さんGJ!』と思われる方、

ワンクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキングへ



AD

コメント(4)