チャンス到来

テーマ:
AD

ぐったり

テーマ:

昨日は

 

中国語の学校と音読会

 

朝起きて20分予習して

食事して駅まで父と一緒に行って

ドトールで朝ごはん食べながら1時間予習して

帰りの電車でクラスメートと20分復習して

 

クラスメートと別れたら音読開始

 

駅ついて流石に疲れて クーリッシュバニラ味

買って歩きながら食べて帰って

家について残り物でお昼ご飯

 

しかし 音読がまだ残っているのです

 

この時点でまだ20セットしか終わっていません

 

会は22時半開始、それまで50セット読み終えたいのです

 

音読して

掃除して

洗濯して

 

父がデーケアーから帰ってきて

一緒に掃除して

ケアマネさんの面談日だったので

お出しする麦茶買ってきて

面談して

花火大会に行く?と父に聞いたら

即答だったので

バスで20分、会場に向かって

バスでも会場(河原)でもしつこく

音読して

 

花火大会見て

 

バスが混んでいて帰りは1時間歩いて

途中でサイゼリアで夕飯にしようと思ったら

お店の周りまで中学生でびっしりで

 

200メートル先のリンガーハットにして

 

リンガーハットでガツガツ食べて

 

※美味しかった

 

帰ったら音読会開始の30分前で

 

お風呂沸かして、父に桃切って薬出して

とやっていたら

 

あっという間に時間が経って

 

時間切れ

 

ノルマ50セットですが 45セットしかこなせませんでした

 

なので

 

 

今日、お墓まいりに行く際にもバスでしつこく

音読していました

 

ノルマ達成できず、いつもながらダメだな〜と

反省すべき点なのですが

 

でもさ

 

 

いっか

 

河原で音読、これ新しいスタイル 别开生面

 

ここまでやった自分に乾杯だよ

 

試合には負けたけど勝負には勝ったよ

 

花火大会の待ち時間、近くに中国人の若者がいました

 

10人くらいのグループ

 

なぜか

 

バナナを食べていました

 

・・・健康的ね

 

うけるわ

 

わたし中国語が聞こえてくると つい聞いてしまうので

すごく疲れるの

 

もう 勘弁してくれないかしら

 

黙っていてよ

 

 

花火はきれいでした

 

父も楽しそうでした

 

父には楽しい老後を過ごしてほしい、わたし、今まで

自分のためだけに生きてきた、誰かのために生きる最後の

チャンスなのだろう、そう思うのです

 

と言っても

 

腹の立つことも多いし、自分の老後を考えると

 

なんかね

 

 

 

AD

  我觉得,绍兴和佐原有几个共通的特色。都是”水都“,鱼米之乡,绍兴酒是绍兴的特产,远近驰名,佐原也是盛产日本酒的地方。

  绍兴是鲁迅的故乡,那,佐原呢?佐原有哪些著名的人呢?

伊能忠敬,结婚以后住在佐原。忠敬是江户时代末期的测量技术员,他为了完成全日本地图全力以赴,他的功绩很伟大,永垂不朽。

忠敬18岁时和佐原的女性结婚。结婚时,女性21岁,她的丈夫英年早逝,她和丈夫之间有一个男孩子。她父母经营酿酒业,因为她父母听说过,忠敬不但勤劳而且又聪明又认真,所以,他们希望忠敬和女儿结婚以后,忠敬当家作主。结婚后,他发挥了才干,除了事业以外,还努力地发展当地的经济,获得了当地居民的信赖,成了一位代表佐原的名士。

 

 わたしは紹興と佐原は幾つか共通する特徴があると思うのです。二箇所とも、水の都であり、豊かな土壌を持ち、紹興酒は紹興の特産品であり、その名は世界各地に広まっています、佐原も日本酒の生産が盛んな土地です。

 紹興は魯迅の故郷です。では、佐原はどうでしょうか?佐原にはどんな著名人がいるのでしょうか。伊能忠敬は結婚後佐原に住みました。忠敬は江戸末期の測量技師です。彼は日本地図を完成させるために大変な努力をし、大きな功績を残し、その名は朽ちることがありません。

 忠敬は18歳の時、佐原の女性と結婚をしました。結婚当時、女性は21歳でした。彼女の夫は若くしてなくなり、彼女との間には息子が一人いました。彼女の両親は醸造所を営み、両親は忠敬は勤勉であるだけでなく、賢く真面目と聞き、娘と結婚させ忠敬を当主にしたいと考えたのです。結婚後、忠敬は能力を発揮し、事業以外にも地域経済の発展にも尽力し、地域住民の信頼を得て、佐原を代表する名士になりました。

 

・・・いい話じゃない。

 

忠敬、やるわね

 

きっとハンサムだったのね

 

※石像はすでにおっさんだったけど

 

我ながら佐原と紹興を結びつけるなんて

いいセンスだわ

 

わたし、紹興が好きなのです。

中国の(行ったことのある)観光地で一番好きなのは

紹興です

 

あ、西安も好きだけど

 

でも 紹興ヘは気楽には行けないので

※多分、もう行かない

 

また 佐原へ行こう

 

香取神社も行きたいし、忠敬博物館も行っていません

 

・・・ごめんね 佐原 でも 好きよ

 

あんまり関係ないけど

 

日本の(行ったことのある)都市で一番好きなのは

 

三島です

 

小川、水草の流れもはっきり見えて 澄んだ美しい水

水清见底

三島大社も好き〜

駅も白っぽくて かわいい

 

うなぎ・・・はいつも食べられない 時間が合わなくて

 

なので わたしにとっての三島名物は

 

コロッケです(笑)

 

※みしまコロッケ、新名物です

 

念のため言っておくけど

 

貧乏だからじゃ ないですよ

 

 

↑忠敬故居

AD

千葉県 佐原 街の発展

テーマ:

千叶县 佐原

  佐原是位于千叶县东北部的一座小城市。东京的市中心离佐原大约85公里。

从东京去佐原,最方便的还是坐长途客车去,需要一个半小时左右。

如果坐电车的话,不但要几次倒车,而且等电车的时间也不短,所以如果不晕车的话

我推荐坐巴士去佐原。

    日本有几座被叫成“小江户”或者“小京都”的小城市。意味着,好像江户和京都一样又发达,又热闹的地方。

   佐原的市中心地流淌着一条大河(利根川)和几条支流,水路是四通八达了。曾经,当地人坐小船来往,小船是很重要的交通工具。

   江户时代,德川家康开始开发佐原一带,把三角洲开垦为水田,因此佐原一带的大米产量增多了。同时,江户幕府开始实施治水工程,工程结束之后,通过利根川可以从东北直接去江户,佐原成了 物资的集散地,车水马龙,农业和商业都很发达。

对那个时代的佐原来说,“小江户“不能完全表示佐原发达的程度,甚至被称为”江戸優り”。意思是“佐原胜于江户”

现在,交通和运输以汽车为中心,佐原的水上运输早已都停止了。

佐原,现在不是交通的重点,还保存着江户时代的建筑物,有传统性的赛会也很有名(被指定联合国无形文化遗产),所以成了很受欢迎的名胜故址。

游览船在河流上下游之间往来,很受游客的青睐。逛逛佐原的时候可以感受到江户时代的气氛。

 

 千葉県 佐原

 佐原は千葉県東北部に位置する小都市です。東京の中心地からは約85キロ、東京から佐原へ行くにはもっとも便利なのはやはり高速バスでしょう、一時間半くらいです。もし、電車で行くとなると、何度か乗り換えがあり、電車の待ち時間も短くありません、もし、車酔いをしないのであればわたしはバスをお勧めします。

 日本には小江戸、小京都、と呼ばれる小都市が幾つかあります。まるで江戸や京都のように栄えている、という意味で、とても賑やかな場所です。

 佐原の中心には利根川がとその支流が流れ、水路が四方八方に通じていました。かつて、佐原の人は小舟に乗って行き来をしており、とても重要な交通手段でした。江戸時代、徳川家康は佐原一帯のデルタ地域を水田に開墾し、佐原の米生産量は増えました。同時に、江戸幕府は治水工事にも着手し、工事完結後、利根川を利用して東北から直接江戸に行けるようになり、佐原は物資の集散地になり、往来は激しく、農業、商業、ともに発展し、その時代の佐原は”小江戸”ではその発展ぶりを表現しきれず、江戸優れ、とまで言われました。佐原は江戸よりも勝っている、という意味です。現在、交通と輸送は自動車が中心であり、佐原の水運はとっくに途絶え、佐原は現在は交通の要ではありません。江戸時代の建築物が大変良い状態で保存されているうえ、伝統的なお祭りも有名な為(ユネスコ世界無形文化遺産に登録されています)、大変人気のある観光地になりました。遊覧船は川を行き来し、観光客にとても人気があります。佐原をぶらぶらしていると、江戸時代の雰囲気を味わえます。

 

この三連休に有給を一日足して、3泊4日で北海道に行ったのです。

素晴らしかったです。釧網線とスーパーおおぞらと富良野線が。

わたしは東東京に住んでいるので、北海道の雄大さとか爽やかさが

素晴らしいと思うけれど、北海道の方から見たら 小江戸佐原も

歴史があって新鮮だと思ってくれるんじゃないだろうか・・・

と思いました。

 

どの街もそれぞれ歴史があり、その街でそれぞれの人生を

歩む人がいる、どんな人生が正解だとかはないんだ

 

そう思えてくるので わたしは旅が(病的に)好きです。

 

 

千葉 佐原

 

初千葉

 

やったぁ お待たせ 千葉の皆さん!

 

※なんだよ アイドル気取り

 

この作業、楽しいけど時間がとってもかかる

勉強になっているのか甚だ疑問

 

でもさ

 

書いていると楽しい、書きたいことがまとまってくると

スッキリする

 

だから まぁ いいとしますかね

 

※誰にいいわけしてんの わたし

 

次回の旅は

 

江ノ島 夏の数日間

 

北千住から江ノ島まで 直通ロマンスカーが運行されるのです。

 

これは買いです!

 

発売日当日に買いました。

 

神奈川も書いていなかったわ〜神奈川県の皆さん〜

 

・・・もういい加減にしよう では おやすみなさいませね

 

 

 

 

北海道にきています

テーマ:
{6B7D4609-88A6-432B-B7ED-A2FC291F2FCC}
ほんとです

しかし

お父さん

何度いってもわからないし

わたしが風呂でネットレッスンを
受けていると

見知らぬ場所でひとり

やばい帰らなくちゃ

と思ったらしく

身支度ととのえて
部屋をあとにしていました

風呂から出たわたし

父をさがさなくてはいけません

さすがにまいりましたが

仕方ないな

きっとどこかにいるな
ホテルからは出ないな

と冷静


と言うかさ

3回目だよ、ホテルではぐれたの

父はすぐにみつかりました

わたしは父に言いました

お父さん、わたしと旅にきているのよ
ここはホテルでもう寝るのよ
今日、もう覚えてないかもしれないけど
楽しかったでしよ
ならいいのよ
お父さんはまだまだ元気でたくさん
あるけるんだから、楽しまないと損よ

お父さんは、ほっとしたようでした

お父さん、今日どこに行ったかなんて
覚えていません

でも

わたしがそばにいて、あれこれ
世話を焼いてくれるだけで
十分楽しい、安心
とにかく着いてくぜ

そんな感じです

なんかさ

仕方ないから
老犬と思って世話しますわん


そういえば

今 通っている 学校のクラスメートに

 

うらら(わたしのあだ名)の中国語を学ぶ目的は

なんですか?

と聞かれたのです

 

最近

 

趣味にしては時間もお金も精力もかけているし

 

でも

 

転職するほどの実力もないし

 

それほど努力できる自信もないし

 

もやもや

 

 

今日は久々に 佐原へ行った際の旅行記を中国語で書き

ネットの先生に推敲してもらいました

 

なんというか

 

楽しかったです

 

実力を上げたいならば もっと貪欲に単語を覚えなくちゃいけないんだけど

 

でも

 

ま〜いっか

 

たまには気分転換

 

でも

 

学校、いつまでも一番下のクラスにはいられません

 

意味がない

 

やっぱり本気出さないと ダメよね

 

本気出さないと 上に行けないし

 

なんだかんだ言って

 

やれるところまで やってみよう

 

では おやすみなさいませ

自分に甘く

今週 すごく忙しかったのです

 

と言っても

 

もっと忙しい人もいるし、当社のシステムを開発している

seさんは

 

週に2回帰れればいいかな

 

と言っていました

 

社畜じゃん まさに 囲われてるじゃん

 

彼は 部署異動になったそうで

 

え?人事部とかですか?

 

とボケで返したら

 

とお〜い目をして言いました

 

いえ人事は空きがなくて 今の開発から保守に回ることになって

 

・・・きっと人事部にいきたかったんでしょう 

脱社畜ならずといったところか

 

と彼の話はどうでもいい

 

で 残業でクタクタで帰ってきて

 

父とウオーキングしたり 父が夜中にふらっと

散歩するのを探しに行ったり 

 

アイフォンのバッテリーがピンチで

迷った挙句 非公認の修理屋でバッテリー交換

したり

 

※大丈夫なんでしょうかね 

 

猫が足をひきづっていて病院に連れて行ったり

 

していたら

 

今日の学校の予習も 音読会の課題も終わらず

 

なんだか なさけなく

 

もう学校に行っても

 

先生が簡単なところを選んでわたしにこたえさせているの

わかったし

 

予習が不十分、なんだかビクビク落ち着かない

 

でも

 

先生が 国民に浸透する、浸透、中国語でどう言いましょうか?

 

と質問した時 わたし とっさに

 

普及

 

と答え

 

先生が あら 浦沢さんやるじゃない というような表情をしたの

わかったし

 

クラスの友達に

 

わたし週に一回は もう中国語やめようとソフトに挫折する

と言ったら

 

え〜意味ないよ なんで?

 

と励まされ

 

音読会でも

 

みなさん 工夫して単調になりがちな音読の学習に取り組んでいて

 

そして わたし自身も

 

もっとやれる人はやっているし

わたしももっとできるけれど

まったくやらなかったわけでもないんだから

 

あんまりくよくよ考えて卑屈になるのやめて

 

また やれるところまでやってみましょうか

 

では おやすみなさいませ

 

 

 

 

6月振り返り

テーマ:

6月

 

すごい勢いで通り過ぎて行きました

 

わたし

 

なんと

 

堀切菖蒲園 水元公園 明治神宮 潮来 と

ほぼ毎週 菖蒲を鑑賞しに名所に出向いていました

 

なんて風流な〜

 

というか

 

暇な〜

 

というか

 

全部父と一緒だったので

 

親孝行な〜

 

というか

 

よくわかんない6月でした

 

菖蒲の花 可愛らしいとか美しいというよりも

清々しくキリッとした風情のある花です

そのため 江戸っ子は大変この花を愛したそう、

審美眼にかなったのでしょうかね

 

とどめに 6月29日に有給とって 父と日光東照宮へ行きました

 

株主優待切符(片道乗り放題)は350円で買えたのです

 

往復700円で日光へ行けるなんて なんて お得なんでしょう

 

日光自体は素晴らしく修繕のおわった東照宮は眩かったです

 

金碧辉煌とはまさにこのこと、素晴らしかったです

 

父をこんなにがんばって連れ出しているのは

父が最近 夜 散歩に出てしまうのです

 

22時くらいなら まぁ 許容範囲なのですが

23時半に玄関のドアが開くと やはり帰ってくるまでは

寝付けないし心配

 

なので すこしでも昼間運動をして熟睡してくれたら と思うのですが

 

日光へ行った日の夜、23時半に散歩に出ました

 

さすがに 涙が出ました なんとなく 

 

5分で帰ってくるし 夜風に吹かれてタバコを吸うのが気持ち良いそうなのです

 

でもね

 

なんかね

 

もやもや

 

7月も父と北海道へ行くので8月は 兄や姉に世話をしてもらい

満蒙開拓団記念館へ行きたいなと思っています

 

 

兄も姉も わたしがいるから安心とか任せてっぱなしでごめんねとか

言ってはくれるし、お弁当を買ってきてくれるけど

 

でも

 

それだけで

 

買ってきてくれたお弁当が置いてあって

真っ暗な部屋で昼寝していて何時かも

わからない ぼ〜っとした お父さん

 

やっぱりね

 

かわいそう

 

なんかね

 

でも 父には時間を割きたくない、そういうのもなんとなく感じられるし

 

お父さんの残り時間、もう そんなに長くないのにな と思うけど

 

もやもや

 

まぁ いいや 勉強して発散しよう

 

もやもやしていてもいいことないし

 

変な男に依存して貢いだら負けだけど

 

中国語、いくらでも依存できる もう一生ついていく

 

大丈夫!

 

 

 

 

 

 

同僚

テーマ:

今日は

 

ありがたいことに

 

同僚二人(女性)、わたし、父の四人で出かけました

 

このメンバーで出かけるのは二回目

 

前回、父が楽しそうだったので、わたしがお願いして

出かけてもらいました

 

同僚、ほんとうにありがたいです

 

父は別に話をするわけではなく・・・

ただいっしょにくっついてくるだけ

ニコニコしているだけ

 

でも

 

同僚が優しくしてくれるし、いつもとは違う

メンバーで出かけられて 楽しそうでした

 

ピザやパスタもいっしょに食べていました

 

わたしも楽しかったです

 

同僚はテツヲタではないので 

高速バスで 潮来 へ行き

潮来から鹿島線で佐原へ行き、佐原から

高速バスで帰ってきました

 

心残りは

 

鹿島線の鹿島神宮〜延方〜潮来の車窓の

素晴らしい景色を見られなかったこと

 

霞ヶ浦の雄大さ、是非是非味わってもらいたかったです

 

鹿島線、久々に乗りました やっぱりいいわ、感激したわ

 

いや 違った

 

潮来も佐原も情緒のある素敵な土地でした

 

日曜日、勉強ははかどりませんでしたが

たのしく充実して過ごせました

 

では おやすみなさいませ