2005年10月22日(土)

嵯峨豆腐 森嘉

テーマ:普段つこてるもん
豆腐

京都にはおいしいお豆腐やさんがたくさんあります。 嵯峨豆腐 森嘉 も、そんなお豆腐やさんのひとつ。

とは言っても、うちからは遠くて今までここのお豆腐を食べたことがなかったのですが、京都大丸の食品売り場で限定販売しているのを発見! さっそく買ってみました。

どんなふうにして食べようかな?

まずはそのまま・・ と思ったのですが、最近寒いので湯豆腐にすることに。

昆布でだしをとって、お豆腐を鍋に入れようとすると、ボテボテボテッ!あーーー!!!ヽ( ゜□ ゜;)ノ

あまりのやわらかさに指の間からお豆腐が崩れちゃった・・・ (いや、私が雑に扱ったせいかも・・?)

まあいっか。

気を取り直して点火。温まったら、少しおぼろ豆腐ふうになってしまったお豆腐を網じゃくしですくってお皿へ入れました。

湯気がゆらゆらと立つお豆腐を口に運ぶと、甘~い!なめらかな口当たりで、つるんと喉をとおっていきます。

子供の頃はお豆腐がそんなにおいしいとは思いませんでしたが、最近どうしてこんなにおいしく感じるようになったのかな?

おいしいお豆腐を食べると日本人でよかったな~ なんてしみじみ思ったりして・・・

京都にはそんなふうに思わせてくれるお豆腐やさんがたくさんあります。森嘉のように有名なところもあれば、地域密着型のお豆腐やさんもある。

どこが一番おいしいかって?それはみんなのお好みしだい♪

観光に来られた際には、ぜひおいしいお豆腐を食べて帰ってください(^^)
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年10月04日(火)

原了郭 黒七味

テーマ:普段つこてるもん
七味


うどんに欠かせないもの。それが、原了郭黒七味です。

平日のお昼、冷蔵庫に何もない日などは、うどんに天かす、ねぎ、卵、そしてこの黒七味をパパッと入れて食べます。ただの素うどんも、この七味を入れると、ピリッと味がしまっておいしい!

小さくてかさばらないので、ちょっと気のきいた京土産としてもおすすめです。甘いものが苦手な人やダイエット中の人には、お饅頭より喜ばれるかもしれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005年09月13日(火)

絶品!汲み上げ湯葉

テーマ:普段つこてるもん

ゆば


バイト先で最近入ってきた新人ちゃん(大学1年生)が教えてくれた店。 京生麩 大野 へ行ってきました。

彼女は1時間以上離れた遠いところから通ってきていて、京都に住んでいるものの、かなり田舎でいわゆる京都らしくない場所に住んでいろのだとか。だから、バイトが終わって、最寄の地下鉄に乗るまでの道を探検しながら京都御所を散歩したり、京都らしいお店を見つけたりするのがとても楽しい♪とのこと。

そして、探検した場所の中に、近くに住んでいる私も知らない店がありました。それが 京生麩 大野 だったのです。

彼女によると、とても入りにくい雰囲気だったので、わざわざお母さんにも来てもらって一緒に行ってみたと言うのです。そして、そこの生麩がすごくおいしくて、敬老の日におばあちゃんにプレゼントしようと思っているとのこと。

「へぇー、そんなにおいしいのか・・ じゃあ、行ってみよう♪」

ということで、早速お店にいってきました。


店の前に着くと、確かにはいりにくい・・・ というか、暖簾はかかっているものの、中をチラッと覗いてみると、机が並んでいて、どうみても事務所。ここで本当に生麩を売っているのだろうか?と彼女が入りにくかったのもわかるような気がしました。私も、何度も通る道なのに、今までお店の存在に気づきもしなかったし・・・・

でも、中をおそるおそる覗いていると、とても愛想のよい男性が、「生麩買いにきてくれはったんですか?」と駆け寄ってきてくれました。

そして、「説明するより食べてもらったほうがはやい」と言って、生麩まんじゅうをくださったのです。少し遠慮しながらも、「どうぞどうぞ」と進めてくださるので、遠慮なくいただくことにしました。

やわらかーい!餡の甘さが控えめで、生麩のモチモチツルンとした食感が最高!!!

あまりにおいしかったので、その勢いで生麩まんじゅうをたくさん買って帰ろうかと思ったのですが、2人でそんなに食べきれないし・・

ということで、晩御飯のおかずにと、ちょっと贅沢に汲み上げ湯葉を買うことにしました。ちなみにお値段¥1,000


家に帰って、特大なお豆腐のような分厚い汲み上げ湯葉をお皿に出して、さしみじょうゆとわさびで食べてみると、これがうまい!!!こんなにおいしい湯葉初めて食べた!!!ホント衝撃のおいしさです。

日本の味、いや、これぞ京の雅の味!!!(←何だそれ? 笑)

あまりにおいしくて、わけのわからない感想を書いてしまいました!(゚∀゚;)

あまりにおいしくて、秘密にしたい気もするけど、教えたい気もする・・・ そんなかんじのお店です。新人ちゃんに感謝♪

お近くに来られた際はぜひ寄ってみてください。ホントおすすめです。


。。。。。。。。。。。。。。。
京生麩 大野
上京区新町通一条上ル
075-431-4091
地方発送あり

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年07月27日(水)

野呂本店のつけもの

テーマ:普段つこてるもん
のろさん


きゅうりの中にやまごぼうを青じそで巻いて詰めた「青てっぽう」。さっぱりした味で、カリッとした歯ごたえが夏にぴったりなお漬物です。

おいしい漬物があると、あとはお味噌汁ぐらいあればしっかりとごはんが食べられるので、忙しい時には大助かり!夏ばてしそうな暑さで食欲がないときでも、おいしい漬物があると、一気に食欲がよみがえってきたりして・・・

野呂さんの漬物はみずみずしくて、サラダ感覚でポリポリと食べられてしまうようなフレッシュさ!

お店には他にも、浅うり、グリーンボウル、万願寺、茄子、花すぐきなどなど・・・ 旬の野菜を使ったおいしい漬物がたくさん並んでいます。

また、デパートなどに支店を出していないので、ここでしか買えないというのも魅力のひとつ。(ただし、地方発送可)

京都のおいしいもんとして他府県の方にお中元として送ったら、先方が住んでいる近くのデパートに売っていた・・・なんてショックですが、そんなこともありません。

昨年、実家の父に贈ったら、とても喜ばれました。普段使いに、贈り物に、なにかと重宝するお漬物です。


野呂本店
http://www.kyoto-thinking.co.jp/norohonten/

上京区寺町通今出川上ル77
0120-33-0749
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005年05月31日(火)

柳桜園 刈番茶

テーマ:普段つこてるもん

昨日に引き続き、今日もお茶の話題です。

同じお茶でも、こちらは普段使いのお茶。京番茶のお話。

刈番茶 ㈲伊藤柳桜園茶舗
中京区二条通り御幸町西入ル丁字屋町690
075-231-3693


写真の落ち葉のような葉っぱ。これがいわゆる京番茶とよばれているお茶の葉っぱです。

有名なのは、一保堂のいり番茶という商品で、以前、うちでもこれを使っていたのですが、最近では人気が出すぎたのか、大丸などのデパートで買い物のついでに売り場をのぞくとすでに売り切れ。本店に行っても本日の販売分売り切れ・・・という具合で、少し買いにくくなってしまいました。

そこで、何か他によいものはないかな?と探していたら、ありました!それが、柳桜園の刈番茶です。

刈番茶 お店に並んではいないのですが、「刈番茶ください」というと、店員さんが箱から出してくれます。

いわゆる老舗と呼ばれる店ですが、お昼時に行くと、奥のちゃぶ台を囲んで、お店の人がみんなでごはんを食べていたりして、どこかほんわかとあたたかい雰囲気があります。

袋の裏に書いてある説明によると、柳桜園の刈番茶は、秋に刈り取った茶葉を蒸して、天日に干し、1年寝かせた茶葉を鉄釜で炒るというこだわりよう。しかも、茶葉を炒るときの火力にはマキを使用しているらしいのです。

作り方もいたってシンプル。一保堂のものは、沸騰したやかんに茶葉を入れ、火を止めた状態で10分ほど置くという作り方ですが、柳桜園の刈番茶は、沸騰したやかんに茶葉を入れて2~3分煮出して出来上がりなので、早く飲むことができます。(ただし、その後はすぐに茶葉を抜かないと、おいしくなくなってしまうのでご注意ください)

煮出すので香り高く、さっぱりと澄んだ味でおいしい!

こうばしい京の香り、あなたの普段にも取り入れてみませんか?

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。