2005年04月20日(水)

人それぞれ お花見のすすめ

テーマ:2005 お花見三昧編

今年は京都ばかり約20ヶ所、お花見に行きました。そんな中でふと思ったこと。それは、同じ京都でお花見をするのでも、目的や一緒に行く人によってより相応しい場所を選べば、一層お花見を楽しめるのではないかということでした。

今年はもう終わりですが、今年のお花見を振り返りつつ、こんな人にはここがおすすめ!というお花見スポットを考えてみようと思います。



京都でお花見するのは初めて!そんな人におすすめなのは、

円山公園、清水寺

円山公園4・9私は、桜が咲いている円山公園を生まれて初めて見た時、こんなに美しい場所がこの世の中にあるのかと感動し、今でもあの感動が忘れられない程です。

天国ってこんな感じかな?とも思いました。

清水寺もしかり。

ここへ到着するまでの二年坂、産寧坂にはおみやげ屋さんがいっぱい並んでいて観光気分をたっぷり味わうことができます。

清水寺は円山公園から近いので、2つ行けば京都のお花見をすっかり満喫した気分になること間違いなしでしょう。

注)人気のスポットゆえに混雑は避けられません。歩く量も半端ではないのでスニーカーで来るのが良いと思います。


とにかく花が好き。桜の花を思いっきり楽しみたい!そんな人におすすめなのは、

半木の道

半木の道2枝垂桜のトンネルが約4㌔続き、まさに花好きにはたまらない場所と言えるでしょう。

府立植物園も近くにあるので、ここで更なる桜や春の花々を鑑賞するのもよし。

また、すぐ下は賀茂川なので、ベンチに座って花のトンネルや川の流れを心行くまで楽しみながらお弁当を食べるというのも良いかもしれません。

 


 



のんびり桜を楽しみたい!そんな人におすすめなのは、

仁和寺

仁和寺2 道が広く、比較的歩きやすいからなのか、仁和寺ではお年寄りや車椅子の人を多く見かけました。

門を入ってすぐ、出店もたくさんでて賑わっているのでお祭り気分も味わえるし、桜の木が低く、ピクニックシートをひく場所もたくさんあるので、寝転んでのんびりと桜を楽しんでいる人もいました。

敷地は広いですが、門から桜が咲いている場所までの距離が比較的短いので、いっぱい歩くと足が痛くなるという人にもおすすめできると思います。

注)やはり土日は混むのでのんびりしたい人は平日がおすすめです。




旅といえば写真!美しい写真を撮りたいという人におすすめなのは、

京都御所と平安神宮


御所の桜4・2御所の枝垂桜の美しさは格別で、毎年立派なカメラ(プロ用?)を持った人がここの桜の写真を熱心に撮っている姿を見かけます。

もちろん普通のカメラでもここでなら美しい思い出の一枚が撮れるでしょう。

普段ならはがきで申し込んで、お金も払ってやっと入れる御所が、桜の時期の10日間程は一般公開(予約なし、free)されているので、あわせていってみるのもおすすめです。



平安神宮 4 4・10平安神宮。ここにはシャッターチャンスがいっぱい!

もともとある建物や庭の美しさに桜の美しさが加わり、どこを見ても本当にきれいです。

池に映る桜もため息が出るほどの美しさ。

華やかできれいな写真がとれること間違いなしでしょう。




友人とワイワイ楽しみたい!そんな人におすすめなのは、

鴨川

鴨川公園見渡す限りの桜に広々とした場所。目の前には川がゆったりと流れていて・・・。ここでは大学生のサークルらしきグループが新入生歓迎コンパをやっているのをよくみかけました。他にもトランペットを吹いたり太鼓を叩いたり。ちょっとぐらい騒いでも大丈夫!?(場所にもよりますが)ということで、大人数でお花見するならこんな場所にビニールシートを敷いてお弁当やビールを持ってきてワイワイお花見するのも楽しいと思います。





京都でのお花見は3度目。ありきたりの場所は嫌。そんな人におすすめなのは、

本法寺

本法寺4・6 2私が一番気に入っている場所です。観光ガイドブックにはあまりのっていないので観光客も少なく、美しい桜を静かに観賞することができます。

特におすすめなのは、お寺の門から中を見るその景色です。(写真のように)まるで1枚の絵をみているようで、本当に本当に美しいのです。(写真では伝わりにくくて残念ですが)

その他にもこの周辺には小さなお寺、そして茶道や着物関係のお店もたくさんあります。

昔ながらの町家も残っており、本当の京都らしさを味わえる場所と言えるかもしれません。



ちょっと贅沢に大人の京都を楽しみたい。そんな人におすすめなのは、

祇園白川

祇園白川石畳に川、趣のある建物。風情あふれるこの景色は祇園白川独特のすばらしさがあります。

こんな景色を眺めながら高級割烹でごはんを食べる。そんなお花見もまた贅沢で格別なものです。

ちょっと良いお店に予約して、こんな場所でおいしいものを食べれば、あなたも気分はセレブ!?



今年のお花見シーズンは終わりつつありますが、散りゆく桜を惜しみながらいろいろと考えてみました。長くなってしまいましたがこれで「2005年 お花見三昧編」を終わります。

私と一緒にこのブログでお花見してくれた人、どうもありがとう!

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005年04月19日(火)

今年最後のお花見☆

テーマ:2005 お花見三昧編

コース
御室仁和寺→千本えんま堂(引接寺)

京都のお花見の締めくくりはやはり仁和寺のお多福桜。そして千本えんま堂の普賢象桜は今が盛りということで、今日は今年最後のお花見に行ってきました。

仁和寺3

御室仁和寺で下車。今年最後の桜を楽しむたくさんの人たちで賑わっていました。

仁和寺1

美しい八重桜が満開。たくさんの人がこの花をバックに写真をとっていました。とっても愛らしい桜です。

仁和寺2

2㍍程のお多福桜。風が吹くたびに花びらが散って桜のジュータンができていました。桜の木が低いので花を間近に感じることができます。

仁和寺4

のんびりとお昼寝している人も。気持ちよい風が吹いています。

桜は少し散りかけていましたが、はらはらと散っていく様もまた美しい!今日は歩いて桜をめでただけでしたが、来年はお弁当と敷物を持参して、朝から夕方までここでのんびりお花見したいと思いました。

仁和寺5

いっぱい歩いてのどが渇いたので仁和寺の前にあるいっぷく茶屋へ。

仁和寺6

桜アイスを注文。桜の葉っぱも入っていてお花見気分にぴったり!

お次は千本通りにあるえんま堂へ。

えんま堂1


えんま堂2

普賢象桜。ぼんぼりみたいでとってもかわいい桜です。花が散る時は花びらが一枚づつではなく、ひと固まりでぼとっと落ちるらしい。かわいいみかけによらず潔い桜です!

今年のお花見はこれでおしまい。

美しい京都の桜をたくさんの人と分かち合いたいと思い、ブログにたくさんの桜の写真を載せました。本物は美しすぎて何パーセントも伝えられなかったけど、見てくれた方には感謝!です。こんなにたくさんお花見に行ったのは初めてということで、明日は自分なりに京都の桜の楽しみ方をかいてみようかなと思っています♪

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月14日(木)

爛漫と咲き乱れる桜のトンネル 半木の道♪

テーマ:2005 お花見三昧編

半木の道の桜が満開!との噂をききつけ、またまたお花見へ行ってきました。

幸楽屋

まずは和菓子のお店、幸楽屋さんでおやつを購入。ショーケースの中にはお手ごろな値段のおいしそうな生菓子がたくさん並んでいました。お店の奥のせいろからはモクモクと蒸気が上がっていて、若い女性がせっせと作業をしています。

おやつの準備OK。さっそく半木の道へ。

遠くから見える半木の道はピンク、ピンク、ピンク一色!すごーいきれい(^o^)/

半木の道2

半木の道は、府立植物園西側の賀茂川堤から北山橋まで約4㌔続いています。爛漫と咲き乱れる紅枝垂桜!桜のトンネルはどこまでもどこまでも続きます。

半木の道4

ゆらゆらと風に揺れる桜。

半木の道3

ここの桜の花びらは紅の色が濃く、フリージングがかっていて、とてもかわいいんです♪

半木の道5

上を見上げればこんな感じ。快晴です!

半木の道1

しばらく半木の道をブラブラお散歩した後は、ベンチを見つけて3時のおやつタイム。賀茂川の流れをみながらのんびりおやつを食べました。桜の生菓子はあっさりとした甘みが程よく、何個でも食べられてしまいそうなおいしさです。

賀茂川沿いの桜(師範桜)はこの前の雨ですこし散りかけていましたが、半木の道の桜はまだ少しつぼみも残っていて、今が見ごろです。

幸楽屋 北区鞍馬口通烏丸東入ル新御霊口町285-59 075-231-3416

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年04月10日(日)

ちょっと贅沢 大人のお花見! PART1

テーマ:2005 お花見三昧編

コース
平安神宮→ぎおん琢磨→おみやげやさん

昨日は夜桜を見に行ってヘトヘトになって帰ったのですが一晩寝ると復活!ということで今日もお花見へ。しかし今日はいままでの体力を使うお花見はやめて、ゆったりと京都の桜を楽しむ事にしました。

まずは平安神宮へ。

平安神宮4・10

琵琶湖疎水には舟が出ていました。周りの桜は満開!今が見ごろです。

鳥居をくぐり、平安神宮へ。そして庭園の中へ。

平安神宮 5 4・10

赤い建物と桜のピンク、そして青空が美しい!午前中にもかかわらず人でいっぱい!

平安神宮2 4・10

中は桜!桜!桜!

平安神宮3 4・10

どこを向いてもみごとな桜♪

平安神宮 4 4・10

青空と桜が池に映ってきれい!水の中にもうひとつの世界があるようにも見えます。

平安神宮 7 4・10

平安神宮の桜はうわさに違わぬ美しさです。



平安神宮の桜を堪能した後は祇園白川にある日本料理のお店、ぎおん琢磨へ。

祇園琢磨1

窓側の席に座りたかったのでちょっと早めに向かいました。石畳の道から川ごしにみたぎおん琢磨。板前さんたちは開店前で忙しそうです。

一番乗り♪PM12:00きっかりに中へ。

祇園琢磨3

無事窓際の席に座ることができました。席からの景色は風情いっぱい!風が吹くたびに桜がハラハラと散っていくさまが美しい!まずは、ビールで桜に乾杯!

祇園琢磨5

八寸。筍の木の芽和えの香りがなんともいえません。見た目もこの通り。繊細で美しい!

祇園琢磨6

泡醤油で食べるお刺身。液体のしょうゆにつけて食べるよりお刺身にふんわりとしょうゆの味をまとわせるといったかんじで素材の味をより引き立てていました。はじめての食感!

この続きはPART2へ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月10日(日)

ちょっと贅沢 大人のお花見! PART2

テーマ:2005 お花見三昧編
PART1の続き

祇園琢磨7

春らしいお椀です。蓋を開けたとたんによい香りがプーン!

祇園琢磨8

皮までおいしい鰆。わかめも肉厚でおいしい!

祇園琢磨9

焚き物も春の味。

祇園琢磨10

素材の味が生きてます。野菜が甘い!あつあつが出されます。天つゆも飲み干してしまいたいほどにおいしい!

祇園琢磨11

春らしい一品。器もひとつひとつすてきです。

祇園琢磨12

ぬかづけはサラダ感覚で食べてしまいそうな瑞々しさ。

祇園琢磨13

レモンのシャーベットはさっぱりとしてさわやか。しっかりデザートまでうつくしい!

一品一品が本当に美しく仕上げられていて、食べてしまうのが惜しいほど。季節感あふれるお料理に器の美しさ、そしてロケーションも最高!これで¥3,000(税別)は安いと思いました。

満足満足(^^♪

おなかいっぱいになったので四条通をぶらぶらすることに。

よーじや

久しぶりによーじやに入ってみる。私はあぶらとり紙はつかわないので眺めるだけ。写真は季節限定商品の紙石鹸だそうです。なんだかかわいかったので写真を撮ってみました。

ぶらぶら歩いているとつけものやさんがありました。試食につられて中へ。

西利

おいしそうなつけものがいっぱい!

西利2

やっぱり京都のお土産はおつけものが人気!
バンバン売れまくっている上に、2階のお漬物が食べられるお食事処にも列ができていました。

今日は日常の慌しさを忘れてとてもゆっくりとした時間を過ごすことができました。時間の許す限りひとつでもたくさんの桜をと見てまわるのも楽しいですが、ゆったりとした桜見物もこれまた贅沢で格別なものです。

ぎおん琢磨 東山区大和大路通四条上ル二筋目東入末吉町78-3 075-525-8187
よーじや 祇園店 東山区祇園四条花見小路東北角 075-541-0177
京つけもの西利 祇園店 四条祇園町南側  075-541-8181
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。